「 戦国時代と戦国武将 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
厳島の戦いに参戦した村上水軍!毛利元就の決意に味方した海の男たち

厳島の戦いに参戦した村上水軍!毛利元就の決意に味方した海の男たち

毛利元就が歴史の表舞台へ躍り出るキッカケとなった重要な合戦『厳島の戦い』。この戦いに元就が勝利した要因のひとつに『水軍』の存在があります。その水軍とは瀬戸内海を牛耳る『村上水軍』。村上水軍は圧倒的不利な毛利軍に何故、味方したのか?軍記物に記された村上水軍の動向に迫ってみましょう。

毛利元就の名言が示す恐ろしき謀略戦!厳島の戦いに見る事前準備の大切さ

毛利元就の名言が示す恐ろしき謀略戦!厳島の戦いに見る事前準備の大切さ

中国地方の覇者『毛利元就』。安芸の小さな勢力からスタートした元就は、厳島の戦いに勝利し戦国時代を代表する巨大勢力へと飛躍します。軍記物には厳島の戦いに勝利する為に、元就が張り巡らした謀略の数々が記されています。今回は戦国随一の謀略家が見せた恐るべき一面に迫ってみたいと思います。

武田信玄 ~人は城、人は石垣、人は堀、強い組織の作り方~

武田信玄 ~人は城、人は石垣、人は堀、強い組織の作り方~

甲斐の虎『武田信玄』。武田二十四将に代表される屈強な家臣団は如何にして作り上げられたのでしょうか?その答えは武田信玄の家臣を慈しむ心。『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』。甲陽軍鑑に記されたこの有名な言葉に秘められた信玄の組織作りを見ていく事にしましょう。

不敗の猛将 吉川元春!毛利元就次男の意外な二面性『吉川太平記』

不敗の猛将 吉川元春!毛利元就次男の意外な二面性『吉川太平記』

毛利元就の次男『吉川元春』。毛利家随一の戦上手としてその名を轟かせた戦国武将です。勇猛な元春は生涯負けなしと言う素晴らしい肩書をもちながらも、その一方で、太平記全四十巻を写本するという偉業を成し遂げています。そんな文武両道『吉川元春』の二面性に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク