「 枕草子の原文と現代語訳 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
枕草子 一八四段『宮にはじめてまゐりたるころ』①【現代語訳と原文】

枕草子 一八四段『宮にはじめてまゐりたるころ』①【現代語訳と原文】

枕草子の作者『清少納言』。彼女は離婚をキッカケに宮仕えの道を志します。ところが、いざ宮仕えを始めたものの、ガチガチに緊張しまくる清少納言。枕草子 一七九段『宮にはじめてまゐりたるころ』には、そんな彼女の意外な姿が記されています。それでは、宮仕え当初の清少納言がどれほど緊張していたのか見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク