斎藤道三ゆかりの地5選!岐阜県内の常在寺や墓の場所を紹介

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』。

明智光秀が主人公の本作ですが、脇を固める武将たちも魅力的です。

そのうちの一人が美濃の蝮(みののまむし)の恐れられた『斎藤道三』です。

光秀の最初の主君でもあります。

ドラマを観ていると、やはりゆかりの場所などには行ってみたくなるものです。

そこで、斎藤道三のお墓の場所など縁の深い場所5選をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

斎藤道三ゆかりの地5選

1.斎藤道三のお墓『道三塚』

道三は長良川の戦いで、息子(諸説あり)の斎藤義龍と激突し討死しました。

そして、遺体が埋葬された場所がこの道三塚です。

一説によると、長良川の流れが変わって元々の墓が水没してしまったため、現在の場所に供養碑を建てたと言われています。

【道三塚:岐阜県岐阜市長良福光2494】

2.斎藤家の菩提寺『常在寺』

斎藤道三、息子と伝わる斎藤義龍、さらに孫の斎藤龍興と斎藤家3代の菩提寺です。

道三とその父 長井新左衛門尉の親子2代が、美濃国(現在の岐阜県南部)制覇の拠点とした寺院としても知られています。

道三の活躍と言えば、やはり親子2代による下剋上での美濃制覇です。

その拠点となった常在寺で、道三の野望にぜひ想いを馳せてみてください。

【常在寺:岐阜県岐阜市梶川町9】

3.道三の居城『稲葉山城(岐阜城)』

道三亡き後、織田信長が美濃を制し、斎藤家の居城のあった場所を『岐阜』という地名に、そして城の名を『岐阜城』と改名しました。

この岐阜城こそ、道三の居城で『稲葉山城』と呼ばれていた城です。

現在は、史料の展示や展望台として活用されています。

【岐阜城:岐阜県岐阜市18】

4.長良川の戦い『道三終焉の地』

道三と義龍が激突した長良川の戦い。

道三はこの戦いで討死しました。

道三は長良川の北岸に布陣していたと伝わっています。

現在、長良川の近くには『岐阜市歴史博物館』があり、この施設内に『麒麟がくる大河ドラマ館』が設置されます。

【岐阜市歴史博物館:岐阜県岐阜市大宮町2丁目18−1】

5.道三の隠居所『鷺山城跡』

稲葉山城があった金華山の西北にある鷺山。

この山の頂に『鷺山城』はありました。

道三が隠居所として伝わっています。

【鷺山城跡:岐阜県岐阜市鷺山150】

まとめ

以上、斎藤道三ゆかりの地5選でした。

斎藤道三の足跡が色濃く残る場所の数々。

今回ご紹介した場所は全て岐阜県内にあるので、非常に観光しやすいです。

大河ドラマ『麒麟がくる』を、より楽しみ余韻に浸るため、ぜひ斎藤道三の息吹を感じてみてください。

他にも、明智光秀の性格や人物像、本能寺の変についてなどの記事を扱っています。

ここを見れば『明智光秀』と、その妻『妻木煕子』のすべてが分かる!

2020年大河ドラマ 麒麟がくる放送記念

【明智光秀&妻木煕子 大特集】

2020年大河ドラマ麒麟がくる放送記念!明智光秀 丸わかり特集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は『明智光秀』。 ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓歴史の本屋さん↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする