事実?伝説?滋賀県大津市の石山寺で紫式部は源氏物語を書いたのか

清少納言と紫式部

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

 

紫式部の源氏物語執筆には、ひとつの伝説があります。

場所は滋賀県大津市にある石山寺。

ここで、とある出来事があり、源氏物語の執筆が始められたと言います。

 

この記事では、源氏物語執筆にまつわる石山寺伝説を見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

石山寺伝説

伝説の内容

まずは、石山寺の伝説、紫式部や源氏物語との関係性について見て行きます。

 

第62代村上天皇の娘である選子内親王(せんしないしんのう)から、彰子(しょうし)に「珍しい物語が読みたい」という要望がありました。

彰子は中宮(天皇の正妻)で、紫式部が仕えていた女性です。

 

彰子は、紫式部に執筆を依頼。

紫式部派執筆のために、琵琶湖のほとりにある石山寺へ籠りました。

 

8月15日の夜、紫式部は琵琶湖の水面に写る月を見て「今宵は十五夜なりと思し出でて」と書き始めました。

これが、源氏物語の12帖『須磨の巻』であり、ここから源氏物語は書き始められたと伝わっています。

(12帖とは、現代風に言えば12巻、12話的な意味。源氏物語は全部で54帖ある)

これが、源氏物語執筆にまつわる、いわゆる石山寺伝説です。

 

最初に書いたのは桐壺じゃなかったの?

源氏物語は、全部で54帖(54巻)。

1帖(1巻)は『桐壺』という女性の話から始まります。

 

1帖 桐壺(きりつぼ)→2帖 帚木(ははきぎ)→3帖 空蝉(うつせみ)→4帖 夕顔(ゆうがお)→5帖 若紫(わかむらさき)→6帖 末摘花(すえつむはな)→7帖 紅葉賀(もみじのが)→8帖 花宴(はなのえん)→9帖 葵(あおい)→10帖 賢木(さかき)→11帖 花散里(はなちるさと)

そして、ようやく石山寺伝説に登場する12帖『須磨(すま)』のお話になります。

 

つまり、石山伝説に従うと、1帖の『桐壺』から書き始められたのではないことになります。

 

実際のところ・・・

石山寺の伝説は、あくまで伝説であって、事実とは異なるというのが一般的な説です。

最初に書かれた部分も、『帚木』説、『若紫』説などもあり、ハッキリしていません。

 

史実だと、紫式部は彰子に仕えるために宮仕えを始めています。

石山伝説に従うならば、源氏物語執筆の段階で、紫式部は彰子と知り合っていることになります。

つまり、源氏物語は、紫式部の宮廷出仕後に書き始められたことになります。

 

しかし、源氏物語は宮廷出仕前から書き始められており、世間の評判になっていたと言われています。

その評判があったからこそ、時の権力者の藤原道長(彰子の父親)が紫式部を知り、宮仕えの要請をしたのが始まりです。

この辺はコチラの記事が詳しいです。

紫式部が源氏物語を書いた理由と書かれた時代!源氏物語誕生秘話
...

 

なので、源氏物語は、石山寺で書き始められたわけではないというのが、現在の定説です。

ただ、ここで史実では無いからといって切り捨ててしまっては、教科書的な歴史になってしまって面白くありません。

 

こういった伝説が残っているということ自体、昔から源氏物語が広く愛されてきたことの証明です。

史実じゃないと切り捨てるのは簡単ですが、なぜそうった伝説が生まれ、伝承されているのか?という部分を突き詰めて見るのも、歴史を知る楽しみなのではないかなと、僕は考えています。

 

まとめ

以上、源氏物語と石山寺の伝説でした。

 

石山寺伝説は史実とは言い難いですが、伝説が残っていることに価値を感じ、源氏物語の奥深さを感じることが出来ます。

そんな石山寺に、一度は行ってみたいなと思っています。

 

この他の、紫式部関連の記事はコチラをご覧ください。

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
...

 

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

 

清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
有名戦国大名の家臣団を一覧でご紹介
スポンサーリンク
清少納言と紫式部
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史