清少納言の枕草子に出てくる『いとをかし』の意味をサクッと解説

ご来訪ありがとうございます。

『清少納言に恋した男』拓麻呂です。

清少納言が書いた枕草子を代表する言葉『いとをかし』

枕草子を読むと、よく『をかし』と出てくるので耳慣れた言葉ではあるのですが、どういった意味なんでしょうか?

今回は『いとをかし』を簡単にサクッと解説いたします。

スポンサーリンク

春はあけぼの『いとをかし』

出典:Wikipediaより 枕草子絵巻 鎌倉時代

『いと』と『をかし』

『いとをかし』は『いと』と『をかし』の2つの言葉で構成されています。

『いとを』と『かし』ではないのでご注意ください。

では『いと』と『をかし』を現代語にするとどんな意味になるかと言いますと・・・

『いと』・・・・とても

『をかし』・・・趣(おもむき)がある、興味深い

と言った意味になります。

なので『いとをかし』を、そのまま現代語に訳すと、

『とても趣がある!!』

となります。

なので、枕草子で『をかし』と出てきたら、清少納言が趣を感じている、あるいは興味津々な出来事が書かれている、という事になります。

春はあけぼのにも『をかし』が隠れているんです

枕草子と言えば一段の冒頭部分が有名です。

『春はあけぼの』ですね。

この最初の部分にも実は『いとをかし』が隠れているんです。

『春はあけぼの』の全文は以下のようになります。

春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは少しあかりて 紫立ちたる雲の細くたなびきたる

一見すると、どこにも『をかし』がありませんが、実はとても大事な部分に隠されています。

では『いとをかし』を入れてみましょう。

春はあけぼのいとをかし やうやう白くなりゆく山ぎは少しあかりて 紫立ちたる雲の細くたなびきたる

こんな感じで『春はあけぼの』のすぐ後ろに、実は『いとをかし』が隠されているんです。

なので現代風に訳すと以下のようになります。

春は明け方がとても趣がある!!

つまり、少しずつ白くなる山の稜線が少しだけ明るくなって、紫色に染まった細い雲がたなびいている空の風景。

そこに清少納言は、春の趣を感じているということになります。

『春はあけぼの』から始まる枕草子一段は、清少納言が感じた春夏秋冬の情景を綴ったものです。

この後、夏、秋、冬と続きますが、全て清少納言にとっての『いとをかし』な風景なのです。

なお、枕草子一段『春はあけぼの』に関しては、コチラで詳しく解説しています。

春は曙!清少納言が枕草子に残した四季の決定的瞬間!
あまりにも有名な枕草子一段『春はあけぼの』。世界最古の女流随筆集『枕草子』はこの一段から現代人を唸らせ、清少納言の世界観に引きずり込みます。カメラもスマホも無い時代・・・しかし、そこに書き記された『春はあけぼの』はまるで静止画でも見ているかのような錯覚すら覚えます。清少納言が捉えた四季の一瞬を堪能してみましょう。

枕草子で平安女性の感性を楽しもう

以上『いとをかし』のサクッと解説でした。

枕草子というと古典のイメージが強くて、小難しい印象がありますが、内容は決して難しくなく、むしろ現代人でも共感のできる内容目白押しです。

千年前に生きた平安時代の人たちも、現代人と何も変わらない感性で日々楽しんだり、喜んだり、憤ったり、悲しんだりしていたことが分かる枕草子。

ぜひ、平安時代の感性や、清少納言のヒステリック!?な部分に触れ、楽しんでみてください。

社会人から楽しむ枕草子オススメ本!清少納言に恋した男が選ぶ厳選8冊
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 古典 枕草子。作者は清少納言。 ...

とりあえず、もうちょっとだけ枕草子について知りたい方はコチラへ

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 このページは、枕草子WEB辞典です。内...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。