人斬り半次郎 桐野利秋が斬った人数は1人?西郷隆盛を慕う男の実像

人物のエピソード

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

 

人斬り半次郎の異名を持つ男『桐野利秋(きりの としあき)』

 

『人斬り』という、いかにも恐ろしい異名ですが、彼はどれだけの人を斬ってきたのでしょうか?

 

実は、明らかになっているのは、たったの1人。

 

相当な数を斬ってきたのかと思いきや、実は1人しか斬っていないのです。

 

 

それどころか、桐野は非常に情に厚く、心優しい性格でした。

 

西郷隆盛を『兄』と慕った心優しき人斬り半次郎。

今回は、そんな桐野利秋の実像に迫ってみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

一閃!!人斬り半次郎!

出典:Wikipediaより

桐野利秋 唯一の人斬り

薩摩藩士だった桐野利秋。

 

寺田屋騒動や薩英戦争が起こった時から、島津久光に仕えていましたが、この頃はまだ目立った存在ではありませんでした。

 

寺田屋騒動で犠牲となった『弟子丸龍助(でしまる りゅうすけ)』と親しかったと伝わっています。

↓寺田屋騒動の記事はコチラ↓

躍動!有馬新七!寺田屋事件に散った男の最後と島津久光の決断とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 幕末に登場した『有馬新七』という男をご存知でしょうか? 時代が時代なだけに、幕末の人物は壮絶な最後を遂げた者も少なくありませんが、この有馬新七は、その中でも特筆す...

 

やがて、西郷さんや小松帯刀とも交流を持ち、その存在感を発揮し始めます。

 

特に西郷さんからは深く信頼され、桐野は西郷さんのことを『兄』と呼ぶほど慕っていました。

 

 

そんな中、桐野の人生で唯一と言われる人斬り事件が発生します。

 

慶応3年、薩摩藩に潜入しで陸軍の教練を勤めていた『赤松小三郎』と言う人物。

彼は幕府の密偵です。

 

西郷さんたちと交流する中で、桐野も攘夷へ傾倒していきました。

 

攘夷派である桐野からすれば、幕府は敵に当たります。

 

桐野は赤松が幕府の密偵であることを見抜き、白昼堂々 赤松を成敗。

 

これが桐野の生涯で唯一の人斬りであったと言われています。

 

 

 

西郷さんを慕う優しき実像

実は、生涯で1人しか斬っていなかった桐野利秋。

 

それどころか彼の性格は、人斬り半次郎という異名からは想像もできないほど、情に厚く優しさに包まれていました。

 

ある時は、坂本龍馬が近江屋に倒れた際、犯人の捜索を行い、龍馬の遺族や海援隊の面倒を見たり。

 

ある時は新選組に襲われ逃げて来た者(御陵衛士の隊士)を藩邸に匿ったり。

 

 

激戦の末、勝利した戊辰戦争。

敗北した会津藩から城の明け渡しが行われました。

その時、勝利者側の代表として、城の受け取り式に参加していた桐野。

 

彼は感極まって、大泣きをしたと伝わっています。

また、敗れた会津への気遣いも忘れず、親身になって接したとも伝わっています。

きっと、勝利の喜びと敗者への弔い、そして敗れた会津の心情を想い、涙が溢れてきたのでしょう。

 

この時、親身になって接してくれた桐野に対し、会津藩主『松平容保(まつだいら かたもり)』は桐野に宝刀を授けています。

 

 

激闘!西南戦争!銃弾に倒れた桐野

明治維新を実現し、明治新政府の役職に就いた桐野。

 

しかし、兄と慕った西郷さんと大久保利通が、政府の方針を巡り決裂。

 

西郷さんは明治新政府を去り、薩摩の地へ下野します。

西郷さんを慕っていた桐野も、新政府の役職を辞し、西郷さんに従い共に下野。

 

明治10年(1877)西南戦争。

 

桐野の最後がやってきます。

 

桐野は西郷軍の四番大隊指揮長として奮戦。

しかし、新政府軍の猛攻を受け後退する、西郷軍。

 

ボロボロになって後退していく西郷さんと桐野たち。

もはやこれまで・・・

 

『晋どん・・もう・・ここで良か・・・・』

 

西郷さんは城山の地で自刃。

介錯を務めた別府晋介の刀で、西郷さんの人生は幕を下ろしました。

 

跪き、生涯慕い続けた西郷さんの最後を見届けた桐野。

 

彼は残った兵を率い、進軍を開始しました。

 

もはや勝ち目のない無謀な進軍。

 

しかし、新政府軍の銃弾は容赦なく桐野隊に浴びせられました。

一人、また一人と倒れていく桐野隊。

 

そんな中・・・

1発の銃弾が桐野の額を貫きました。

 

人斬り半次郎 桐野利秋

享年40

 

西郷さんを生涯 兄と慕い、その異名からは想像もつかないほどの優しい心を持った桐野は、西郷さんと共に戦場の露と消えました。

 

スポンサーリンク
 

西郷さんに尽くし切った生涯

情に厚く心優しい人斬り半次郎、人斬りとは程遠い桐野利秋の実像。

西郷さんに生涯尽くしつづけた人斬り半次郎 桐野利秋。

 

そんな西郷さんも、非常に情に厚い人柄だったと伝わっています。

 

きっと桐野は性格の合う、素敵な上司『西郷隆盛』と出会ったことで、とても幸せな日々を過ごしていたに違いありません。

 

現代の会社で、本当に価値観の合う上司と出会える人なんて、そうそうありません。

尊敬できる上司に出会えるって、本当に素晴らしい事だと思います

 

僕は人斬り半次郎 桐野利秋の人生に、そんな羨望を抱いています。

 

 

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

 

清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
スポンサーリンク
人物のエピソード
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史