古事記と日本書紀はどっちが古い?いつ編纂したの?作者は?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

日本の神話や、古代日本の歴史を今に伝える『古事記』『日本書紀』

似たような内容が書かれている二つの歴史書ですが、書かれた時期はどっちが古いのでしょうか?

また、誰が書いたのでしょうか?

古事記と日本書紀の基本的な相違点をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

古事記と日本書紀はどっちが古い?

古事記と日本書紀が書かれた時期は?

古事記と日本書紀が書かれた時期は、ともに奈良時代です。

古事記が『和銅5年(712年)』に完成。

日本書紀が『養老4年(720年)』に完成しています。

つまり、編纂時期には8年の開きがあり、古事記の方が古いことになります。

2012年に古事記編纂1300年として、日本神話や日本の成り立ちが注目されたのは、記憶に新しいところです。

また、2020年は日本書紀が編纂1300年を迎えます。

東京オリンピックだけではなく、ぜひコチラにも注目して頂ければなと想います。

古事記と日本書紀の編纂者は?

古事記と日本書紀は、それぞれ別の人物が書いていますが、その編纂を命じたのは同一人物です。

第40代 天武天皇です。

天武天皇の意向により、古来から伝わる日本の歴史や神話が、ひとつにまとめられることになったのです。

古事記を書いた人

古事記を執筆したのは『太安万侶(おおのやすまろ)』という当時の貴族です。

この時代に伝わっていた神話の類は記録がなく、全て口伝でした。

全国各地に口伝で継承されていた神話を『稗田阿礼(ひえだのあれ)』という、ずば抜けた記憶力の持ち主が全て暗記しました。

そして、稗田阿礼が暗記した内容を口頭で太安万侶に伝え、それを聞きながら執筆したと伝わっています。

なお、当時の日本には文字が存在していませんでした。

そこで太安万侶が発明したのが、万葉仮名の原型、つまり現代日本人が当たり前のように使っている『ひらがな』の原型なのです。

ひらがなの成り立ちと起源!万葉仮名に始まる日本語の歴史
僕たち日本人が何気なく使っている『ひらがな』。この『ひらがな』はどのように誕生し現代まで使われ続けているのでしょうか?ひらがな、カタカナ、漢字を使い分ける日本語の奥深さを見ていきましょう

日本書紀を書いた人

一方、日本書紀を編纂したのは『舎人親王(とねりしんのう)』を中心とした、当時の皇族たちです。

舎人親王は、天武天皇の子供です。

舎人親王とは、今で言う官僚みたいな人で、つまり政府の役人です。

そういった政府の役人たちが集まって編纂したのが日本書紀です。

なので、物語性に富んだ古事記に比べ、日本書紀は記録的な意味合いが強く、娯楽性には著しく欠けています。

また、日本書紀は漢文で書かれており、当時の世界の中心であった大陸(現在の中国)の人たちも読むことができました。

現代で例えるなら、古事記は日本語で書かれているのに対し、日本書紀は英語で書かれているようなものです。

これには、編纂方針の違いが大きく影響しており、現代でも古事記の方が普及していることにも関係しています。

↓この辺の事情に関しては、コチラで解説しています。↓

古事記と日本書紀の違いを比較!初めて日本神話にオススメはどっち?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 これから日本神話にチャレンジしてみよう! ところが日本神話と言...

内容の違いなども詳しく解説していますので、ぜひご覧になってみてください。

読むならどっちがオススメ?

このように、いろいろと違いがある古事記と日本書紀ですが、実際に読んでみるとしたら、どっちがオススメなのでしょうか?

これは、前述の通り、物語性に富み、楽しく読むことができる古事記に軍配が上がります。

むしろ、いきなり日本書紀は、あまりオススメできません。

もし、日本書紀にチャレンジしたいという方は、まずは基本となる部分を知ってから読み始めるのが良いですね。

まとめ

以上、古事記と日本書紀の書かれた時期、編纂者についてでした。

編纂時期は、古事記が『和銅5年(712年)』日本書紀が『養老4年(720年)』

編纂者は、古事記が『太安万侶』と『稗田阿礼』日本書紀が『舎人親王』と中心とした当時の役人たち。

ということになるのでした。

古事記と日本書紀の終わり方の違いに次いでは、コチラの記事をご覧ください。

古事記と日本書紀の終わり方の違いは?載っている最後の天皇は?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 平成24年(2012年)に、編纂1300年を迎えた『古事記』。 令和2...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓歴史の本屋さん↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。