清少納言が食べたかき氷!枕草子『あてなるもの』日本のかき氷の起源

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

暑い夏には欠かせない『かき氷』。

夏祭りの風物詩『かき氷』です。

ところで、かき氷って、いつ頃からあるものだかご存知ですか?

実は、千年前から存在していたんですよ。

スポンサーリンク

清少納言が食べていた『かき氷』

枕草子の記述

今からおよそ千年前にかかれた清少納言の枕草子の中に『あてなるもの』という章段があります。

『あてなるもの』とは『上品なもの』という意味で、清少納言が上品だと感じたものが列挙されています。

その中に、こんな記述があります。

削り氷に甘葛入れて新しき鋺に入れたる 

(けずりひに あまかずらいれて あたらしきかなまりにいれたる)

現代風に言い換えると、このようになります。

削った氷に甘いシロップをかけて、新しい金属製の器に入れたもの(は上品だ)

この記述が、かき氷のことを言っているのではないかとされています。

少なくとも、千年前にはかき氷が存在していた証ですね。

氷やシロップをどうやって作っていたのか?

ところで千年前の平安時代に、どうやって氷を作っていたのでしょうか?

現代であれば、冷凍庫で簡単に作れる氷ですが、昔はそうはいきません。

冬の間に出来た氷の塊を涼しい山麓の洞窟や、地下に穴を掘った『氷室(ひむろ)』なる場所に保管していました。

そして、夏になったら引っ張り出してきて、かき氷にして食べていたそうです。

一方、シロップはどうやって作っていたのでしょうか?

当然ながら、現代のレモン味やメロン味、ブルーハワイといったものはありません。

蔓草を煮詰めて抽出した甘い液体をかけていました。

ハチミツのような金色をしたシロップだったそうです。

今も昔も、涼を求めてかき氷を食べていたと思うと、なんだか不思議な感じがしますね。

清少納言が感じた上品なもの

清少納言は、かき氷の他にも『あてなるもの(上品なもの)』としていろいろ列挙しています。

ちょっと分かりづらい記述もあるので、かなり砕けた表現にしてみます。

  • 薄紫色の服に白い服を重ねたもの
  • 鳥の卵
  • 水晶の数珠
  • 藤の花
  • 梅の花に雪が降りかかった様子
  • 小さい子供がイチゴを食べている姿

どうでしょうか?

『鳥の卵』と『小さい子供がイチゴを食べている姿』は、あまりピンと来ませんが、こういう感性が清少納言の魅力であり、枕草子の面白さの一つでもあるのかなと思います。

他の枕草子に関する記事は、コチラをご覧ください。

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 このページは、枕草子WEB辞典です。内...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。