松永久秀の人物像と壮絶な最期!名茶器 平蜘蛛とともに大爆死

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

戦国武将『松永久秀』

もともとは畿内を制した三好長慶(みよし ながよし)の家臣。

長慶が亡くなった後は、実質的に三好家を支配。

織田信長からは『常人では絶対に出来ない悪事を3つも実行した人物』と言わしめた人物です。(3つの悪事とは、三好家の乗っ取り、将軍暗殺、東大寺大仏殿の焼き討ち)

また、斎藤道三、宇喜多直家と並び『戦国三大梟雄』の一人にも数えられています。

そんな久秀の、戦国時代でも珍しい壮絶な最期をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

梟雄 松永久秀

信長に気に入られる久秀

久秀は名物茶器を多く所有していたことでも知られています。

織田信長によって、三好家が押され始めると、久秀はいち早く信長に寝返りました。

その際、所有していた名物茶器のひとつ『九十九髪茄子(つくもなす)』を信長に献上しています。

このプレゼントは、信長をたいそう喜ばせたと伝わっています。

とは言え、ずっと織田家に臣従していたわけではなく、裏切ったりを繰り返していました。

基本的に信長って、裏切り者や、敵対を続ける勢力に対しては、非常に厳しい態度で臨んでいます。

しかし、久秀には甘い対応が多く、複数回に渡り帰参を許されています。

もしかしたら、信長から非常に気に入られていたのかもしれません。

壮絶な最期

何度も信長に背いた為、ついに久秀の居城『信貴山城』は包囲されてしまいました。

信貴山城に立てこもっていた久秀の傍らには、名器コレクションのひとつ『平蜘蛛(ひらぐも)』と呼ばれた茶釜がありました。

コレクションの中でも、久秀の一番のお気に入りです。

平蜘蛛は、当代きっての名器とされ、茶器愛好家でもあった信長は、平蜘蛛を城外へ出し、自信の手渡すよう命じます。

しかし、久秀は応じませんでした。

自身の頭にお灸をすえ、平蜘蛛に大量の火薬を詰めこんだ久秀は天守に火を放ちます。

もはや爆薬と化した平蜘蛛は大爆発。

久秀は名器 平蜘蛛とともに、信貴山城の天守閣もろとも吹っ飛びました。

久秀は信長のお気に入り?

久秀が最後に包囲された時、越後の上杉謙信が上洛の動きを見せていました。

結局は北条氏に背後を突かれ、実現しなかったのですが、久秀の動きは上杉謙信に呼応したものでした。

このような、明らかな裏切りであったにも関わらず、信長は久秀を諦めていませんでした。

『謀反の理由を教えよ』

『平蜘蛛を差し出せが、命を助ける』

などと言ったように、再三使者を送り、説得を試みています。

久秀は、13代将軍 足利義輝を亡き者にしています。

信長は、15代将軍 足利義昭を追放しています。

やり方は違いますが、双方ともに京から将軍を追い、自身が飛躍しています。

あるいは、久秀は東大寺大仏殿を焼き討ちしています。

一方、信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしています。

このように、どこか似たところがある松永久秀と織田信長。

久秀がやったようなことを、後年の信長が踏襲してます。

久秀の破天荒な部分に、信長は憧れに似た親近感を持っていたのかもしれませんね。

まとめ

以上、松永久秀の最期でした。

戦国時代には、個性的な武将が数多く登場しますが、その中でも松永久秀は傑出した個性の持ち主です。

悪行ばかりが注目されがちな人物ですが、彼はあくまで敗者です。

もし久秀が勝者の立場であったなら、信長と同様、畏敬の対象として名を残していたかもしれませんね。

他の戦国武将を記事にしたまとめはコチラです。

戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 約2000年を超える日本史の中でも、特に人気の戦国時代。 中央...

戦国武将の家臣団に関して知りたい方は、コチラをご覧ください。

武田家臣団にも触れています。

戦国大名の家臣団一覧!戦国時代の主要武将の簡単な列伝付き
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代の主要な大名家の家臣団を一覧にしました。 各大名の記事で紹介し...

戦国武将を様々な角度でランキングにしてみた記事はコチラ。

戦国武将なんでもランキング!戦国時代のいろんなベスト3
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 日本の歴史の中でも人気の戦国時代。 この時代は、地方政権が乱立...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。