日本の歴史に光り輝く偉人たち!日本人の誇りから見える明るい未来

まとめ記事

ご来訪ありがとうございます!

拓麻呂です。

 

僕たちの暮らす日本に生きた数々の英雄たち。

二千年以上の歴史を持つ僕たちの日本には、これまで数々の英雄たちが現れ『日本』を作り上げてきました。

 

そんな彼ら、彼女らの生涯から見えてくるのも・・・それは明るい未来への道しるべ。

 

辛い時、悲しい時、人生に迷った時、ぜひ僕たちと同じ日本に生きた『人生の先輩』たちに相談してみてください。

 

きっと人生のヒントを教えてくれるはずです。

 

 

スポンサーリンク

日本人を未来へ導く人生の先輩たち

飛鳥時代

聖徳太子(574~622)

聖徳太子はいなかった?聖徳太子の功績は彼一人のものではない?一時期もてはやされたこれらの説からは見えてこない、日本人における聖徳太子の本当の存在理由をお伝えします。

実在する聖徳太子の活躍を簡単解説!日本人の心に宿る日本精神
ご来訪ありがとうございます。 『小6の時、小野妹子は女だと思っていた』拓麻呂です。 『聖徳太子(しょうとくたいし)』 日本人なら誰でもしっている超有名人です。 飛鳥時代...

 

中大兄皇子(626~672)

中臣鎌足(614~669)

中大兄皇子、中臣鎌足 ~大化の改新へと導く運命の蹴鞠!!~
ご来訪ありがとうございます! 『大化の改新は日本の大革命』拓麻呂です。 ふとした出来事がきっかけで人生が大きく変わる。 そんな運命の出来事が飛鳥時代にありました。 中臣鎌足と中大兄皇子。 ...

 

奈良時代

和気清麻呂(733~799)

皇室を、日本を危機から救った大英雄『和気清麻呂』。この世に肉体は無くとも、今なお皇居の側近くで日本の見守り続ける偉大な男の正義感に迫ります。

和気清麻呂と道鏡事件!紙幣となり銅像となり皇室を守り続ける英雄
ご来訪ありがとうございます! 『和気清麻呂を多くの人に知ってもらいたい』拓麻呂です。 権力ある者が悪事を働いたとき。悪いことだと分かっていても、物申すのはかなりの勇気を必要とします。 長いものに巻かれるのは、ある意...

 

平安時代

菅原道真(845~903)

学問の神様であり、日本最大の怨霊となった菅原道真。彼の怨霊伝説から見えてくる日本人の恐怖心『怨霊信仰』を見ていきましょう。

日本最恐の怨霊 菅原道真!学問の神様が現代に与える怨霊の恐怖心
ご来訪ありがとうございます! 『お化けを見たことがある』拓麻呂でございます。 福岡県の大宰府天満宮。この神社には学問の神様と言われる菅原道真公がお祀りされています。 道真は政治家としても学者...

 

藤原隆家(979~1044)

藤原道長の甥っ子にあたる『藤原隆家』。比較的平和な時代であった平安時代に起こった日本の大ピンチ『刀伊の入寇』。この外圧を、密かに撃退していたのが藤原隆家でした。平和だと言われる現代だからこそ、刀伊の入寇における藤原隆家の活躍を知っておくことが重要です。

ヤンキー貴公子 藤原隆家!日本人に知ってほしい刀伊の入寇の活躍
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 『藤原隆家』という、あまり知られていない人物がいます。 なんですが、この人は平安時代の日本を守った英雄です。 平安時代のヤンキーだった荒くれ貴族『藤原隆家』...

 

清少納言(966?~1025?)

世界最古の女流随筆『枕草子』。作者である清少納言は日々感じた事、美しかった景色、そして宮仕えでの日常を枕草子に綴りました。それは正しく現代のブログ!そんな枕草子のPV爆発の過程に迫ってみましょう。

清少納言が枕草子を書いた理由とは?春はあけぼの誕生秘話
ご来訪ありがとうございます! 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 今からおよそ1000年前、ある女性がひとつのエッセイ集を書きあげました。 その女性とは清少納言、エッセイ集のタイトルを『枕草...

 

藤原定子(977~1001)

中宮定子。彼女は常に後宮サロンの中心におり、そのユーモア溢れる言動で周囲の者たちから羨望の眼差しで見られていました。清少納言が生涯尊敬し続けた気高き姫君の才気に迫ります。

藤原定子!清少納言が生涯憧れ続けた気高き姫君!その華やかな後宮サロン
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 清少納言の随筆集 枕草子に登場する中宮『藤原定子(ふじわらのていし)』。 一条天皇のお后様として、藤原家から嫁いだ女...

 

紫式部(?~?)

ご存知、源氏物語の作者 紫式部。今や世界で親しまれる超大作を書き上げた彼女にも、暗黒時代がありました。心を病み引きこもってしまった紫式部に社会復帰の秘策を聞いてみましょう。

紫式部はどんな人物!超意外な人物像と引きこもりな壮絶人生とは?
会社で働いていると、どうしたって苦手な上司や先輩っていますよね?どうにも相性が合わなくて、変な嫌味を言われたり、明らかに嫌な態度を取られたりとか。そんな上司や先輩を上手く操って、面倒な態度を取られないようにできたら嬉しいですよね。 ...

 

和泉式部(978?~?)

平安時代の恋多き女性 和泉式部。彼女の浮いた話は同時代の大物たちにまで知れ渡っていました。藤原道長と紫式部の和泉式部評、そして彼女の日記か当時の恋愛事情を見ていきましょう。

和歌の天才!和泉式部の恋愛事情!紫式部と藤原道長が見た女流歌人の人物像
ご来訪ありがとうございます! 『和泉式部は美人だったと思っている』拓麻呂です。 今からおよそ千年前の平安時代の中頃。多くの男性を魅了した一人の女性がいました。 その女性の名は 『和泉式...

 

赤染衛門(956?~1041?)

百人一首に和歌が選出されている赤染衛門。清少納言、紫式部、和泉式部と並び才女の誉れ高き女性ですが、その知名度は他の三名に比べやや劣ります。その原因を探ってみましょう。

赤染衛門 ~良妻賢母で大人の女性!紫式部日記に見る女流歌人の人物像
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 平安時代中期、国風文化と言われる優雅な文化が花開きます。 その国風文化を形成するひとつの原動力として、当時宮廷に出仕していた女房たちの存在は無視できません...

 

鎌倉時代

法然(1133~1212)

鎌倉時代、仏教界に六人の革命児が現れました。そのうちの一人、浄土宗を開いた法然。彼の浄土宗は何故民衆に支持されたのか?法然上人の説教に耳を傾けてみましょう。

鎌倉時代の仏教革命!浄土宗 法然の教えに学ぶ分かりやすさの重要性
ご来訪ありがとうございます! 『法然の教えは間違いない』と思っている拓麻呂です。 南無阿弥陀仏・・・ナムアミダブツ??念仏というやつですね。 「聞いたことはあるけど意味がわかりません」 そんな...

 

室町時代

佐々木道誉(1296?~1373)

時は南北朝時代。派手な衣装に身を包み、京の街を練り歩く男たちが現れました。権威を恐れぬバサラ大名。そんな彼らが活躍した日本人が強すぎた時代を覗いてみましょう。

やりたいことをやった時代!太平記が描く室町時代のバサラ大名たち
ご来訪ありがとうございます! 『ばさらってちょっとカッコイイ』拓麻呂です。 時は室町、南北朝時代。 この時代に、ある特徴的な大名たちが現れました。 社会の秩序など、どこ吹く風・・・ 派手な衣装に...

 

足利義政(1436~1490)

室町幕府八代将軍 足利義政。応仁の乱の原因を作り、将軍としては何一つ活躍できなかった彼は、後世に影響を与えるひとつの文化を生み出しました。わび・さびを生み出した銀閣寺と文化人としての足利義政に迫ります。

足利義政が銀閣寺に込めた日本の心!京都に漂う『わびさび』の意味
ご来訪ありがとうございます! 『東山文化は日本の心』拓麻呂です。 仕事がうまくいかない・・・ 人間関係がうまくいかない・・・ 私生活がうまくいかない・・・ そんな時はどうしたら良いのでしょう? ...
趣味を見つける事の大切さ!銀閣寺で足利義政が選んだ人生の選択肢
ご来訪ありがとうございます! 『将軍様は引きこもり』拓麻呂です。 今回は足利義政の人生から学んだこと。僕が実践している物事の捉え方をご紹介します。 どうしようもなく辛い時、苦しい時、ネガティブな思考...

 

戦国時代

戦国時代の武将列伝はこちらからご入場ください。

戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典
約2000年を超える日本史の中でも、特に人気の戦国時代。中央政府が機能しなくなり、それぞれの地方で力を持った男たちが独自の支配体制を築き上げて行った時代です。 全国各地で立ち上がった、かっこいい男たちのエピソード集。きっと、あ...

 

江戸時代

塙保己一(1746~1821)

国学者 塙保己一。彼は幼少の頃に視力を失いました。しかし彼は強い志で一大事業を成し遂げます。『世のため、のちのため』、群書類従編纂に生涯を捧げた奇跡の国学者に迫ります。

塙保己一 ~世のため後のため!!群書類従を編纂した奇跡の国学者~
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 江戸時代にある一つの学問が栄えました。その学問を『国学』と呼びます。国学とは日本の歴史や文化を追い求める学問の事、江戸時代は沢山の国学者を輩出した時代でもあります。 ...

 

幕末

幕末の英雄伝はコチラからご入場ください。

明治維新150年記念!長州藩と薩摩藩の幕末人物エピソード
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2018年は明治維新150周年の年回り。 明治維新が日本にとって成功だったのか?それとも失敗だったのか? 昨今いろいろ言われている明治維新ですが、日...