桃太郎の裏話!鬼退治の理由とは?家来はなぜ猿・鳥・犬なのか?

日本人にはお馴染みの昔話

桃から生まれた桃太郎!

お婆さんが川で拾ってきた桃から生まれた男の子が、猿、雉、犬を連れて悪い鬼を退治する物語です。

ところで、この桃太郎、なんで桃から生まれたのかご存知ですか?

また、なんで鬼は角があって虎柄のパンツなのかご存知ですか?

さらに、桃太郎はなんで猿、雉、犬を連れて、鬼退治に行く必要があったのかご存知ですか?

これには、ちゃんとした理由があるのです。

今回は、昔話『桃太郎』の裏に隠された真実をご紹介します。ちょっとした雑学としてお楽しみください。

※今回ご紹介する内容はひとつの説であることをご了承ください。

スポンサーリンク

桃太郎の裏話

なぜ桃から生まれたのか?

むかしむかし、ある所にお爺さんとお婆さんが暮らしていました。お爺さんは山へ芝刈りに、お婆さんは川で洗濯をしていました。

すると川の上流から大きな桃が流れてきました。

お婆さんは、その桃を持ち帰って割ってみると、中から元気な男の子が生まれたのです・・・

お馴染みの桃太郎の最初の内容ですね。

このように、でっかい桃から生まれた男の子が桃太郎なわけですが、桃から生まれてきたのには明確な理由があります。

ミカンから生まれても良かったのでは?柿から生まれても良かったのでは?

いえ桃でなければダメです!

ミカン太郎や柿太郎ではいかんのです!

桃から生まれた理由

では、なぜ桃である必要があるのか?

結論から言いますと、桃というフルーツは、古代中国で神聖な果実として扱われていました。

これは古代中国の神仙思想という考えが元になっています。神仙思想とか言うと難しく感じるのでざっくり言いますと、

桃は不老長寿をもたらす聖なるフルーツ

として扱われていました。

この考えが、古代日本にも伝わっていたようで、その証拠に奈良県の纏向遺跡(まきむくいせき)では、数千個に及ぶ桃の種が出土しています。※纏向遺跡は邪馬台国ではないかと言われている遺跡です。

これは、3世紀頃の日本でも、桃が聖なるフルーツとして、祭祀などに使われていたことを窺わせます。

また、日本神話に登場する『イザナキ』が黄泉の国を訪れた時、悪霊たちに桃を投げつけて退治する場面がでてきます。

↓その記事はこっち↓

イザナキ黄泉の国へ!イザナミの呪い?古事記が語る少子化の原因と寿命の起源!
ご来訪ありがとうございます。 『若者にこそ日本神話をしってほしい』拓麻呂です! さて、今この瞬間にも人は生まれ、...

このように、桃太郎は神聖な桃から生まれることで、悪い鬼を退治する正当性が担保されているのです。

逆に言うと、ミカン太郎では鬼退治をする正当性が担保されないのです。

なぜ鬼は角が生えていて、虎柄のパンツなのか?

『鬼』と言えば、角が生えていて虎柄のパンツを履いている。

こんな感じですね。

鬼のイメージは、恐らくこんな感じではないかと思います。

では、誰もがイメージする鬼の風貌には、どんな理由があるのでしょうか?

鬼に角がある理由と虎柄のパンツを履いている理由

まずは、こちらをご覧ください。

これは、十二支(じゅうにし)を円にしたものです。

子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)

昔は十二支を十二等分にわけて、方角や時間を表すのに使われていました。この図はそれを表したものです。

ここで注目してほしいのが、の方角です。

この丑と寅の方角は、東西南北だと『北東』にあたります。

この北東という方角は『陰陽五行思想』では『鬼門』と呼ばれています。

陰陽五行思想の詳細は難しくなるので避けますが、要するに北東は災いをもたらす良くない方角ということです。

現代でも家の玄関は北東にしない、といった考えがありますが、これは鬼門を嫌う考えの名残です。また、平安京(京都)の北東には比叡山延暦寺がありますが、これは平安京を鬼門から守る為だったという話もあります。

ちょっと話が逸れましたが、この『鬼門』は、その名が示す通り、鬼が住む災いをもたらす方角なのです。

そしてこの鬼門は『丑虎(うしとら)の方角』と言いわれています。

そう、牛と虎です。

牛には角が生えていますよね。なので鬼には角があるのです。

さらに鬼は虎柄のパンツを履いていますよね。

つまり、鬼(鬼門)は丑虎の方角にいるから、牛のような角が生えていて、虎柄のパンツを履いているのです。

なぜ家来は猿、雉、犬なのか?

では、最後に桃太郎の家来について。

桃太郎からキビ団子をもらって家来になったのが猿と雉と犬です。

うさぎ、馬、羊ではダメなの??

もちろんダメです!

この家来たちも、猿、雉、犬である理由が存在するのです。

家来が猿、雉、犬である理由

再び、この図をご覧ください。

前述の通り、丑虎の方角、つまり赤字の東北の方角が鬼門です。

では、この鬼門の逆方向には、どんな動物がいるでしょうか?

そう、猿(申)です。

そして、この猿に続くのが『鳥(雉)』と『犬』です。

この鬼門と真逆の方角を『裏鬼門』と言います。

災いをもたらす鬼門の真逆にいる猿、そしてそれに続く鳥(雉)と犬。

これが猿、雉、犬が桃太郎の家来である理由なのです。

スポンサーリンク

まとめ ~桃太郎とキビ団子~

以上が、桃太郎の裏話です。

昔話というと荒唐無稽なおとぎ話と思われるかもしれませんが、桃太郎のように起源となるエピソードが裏に潜んでいるケースがほとんどです。

『鬼は何も悪いことしてないんだから、勝手に退治した桃太郎の方が悪者だ!!』

なんてことを時々聞きますが、桃太郎には鬼を退治する正当性があったんですね。

最後に少し余談です。

桃太郎が持っていた『キビ団子』。これにも面白い偶然があるので紹介しておきます。

桃太郎は、岡山県発祥の物語です。岡山県の昔の名称は『吉備国(きびのくに)』。

桃太郎が持っていたのは『黍団子(きびだんご)』。

これにちなんでキビ団子は、『吉備団子』と書いたりもしますね。

なお、冒頭でもお伝えした通り、今回の内容はひとつの説であることをご了承ください。

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。