日本の歴史を楽しく学ぶコツ!学校では教えてくれな日本史ファンの歴史哲学集

ご来訪ありがとうございます!

『日本人に日本の凄さを伝えたい』拓麻呂です。

突然ですが、歴史の授業では『日本の歴史』を学ぶことが出来ません!

794年に平安京に都が移った?

1192年(1185年)に鎌倉幕府が成立した?

1600年に関ヶ原の戦いが起こった?

1853年にペリーが来航した?

・・・だから何だ??

映画を見る時、ラスト5分だけ見て面白いですか?

漫画を読む時、最後のページだけ読んで面白いですか?

学校の歴史授業とは、そんなものなのです。

確かに歴史は『結果』が重要です。

しかし、その結果に至るには、人々の感情があり、失敗があり、そして未来へのヒントがあります。

結果だけを暗記することは、歴史を知ることではありません。

歴史を学ぶこと、楽しむこと、日本の原点を知ることとは何なのか?

一歴史ファンの『歴史哲学』をお伝えします。

スポンサーリンク

拓麻呂式『歴史観』

歴史は学んでも意味がないのか?

歴史なんて暗記でしょ?

過去の事なんかどうだっていいんじゃない?

確かに学校の授業だけでは、そう思われても仕方ありません。

しかし、歴史を知る事には大きな意味があります。

意味ある歴史の学び方を知りたい方はこちらをご覧ください。

歴史なんて意味ないのか?人が歴史を学ぶ大切な理由とは?
ご来訪ありがとうございます。 『とにもかくにも100記事目』拓麻呂でございます。 学生時代は歴史の授業が大っ嫌い...

歴史には何を学ぶべきか?

歴史に学ぶって何を学ぶのさ?

そんな疑問にお答えします。

歴史の失敗を知り、明るい未来が開ける。これが歴史を学ぶ本質です。

歴史に学ぶことで明るい未来を見たい方は、こちらの記事をご覧ください。

歴史の失敗から学ぶことで開ける未来! ~織田信長の成功と失敗~
書店に溢れる偉人たちを取り上げた書籍。『〇〇に学ぶ』といったようなタイトルはよく目にすることと思います。しかし、このような書籍に触れる場合、ひとつ注意してほしい事があります。それは失敗例に注目すること。失敗例こそ現代人の人生に響く、偉人たちが残してくれた宝物と言えるのです。

現代人を未来へ導く人生の先輩たち

先に生まれた者は、後から生まれた者を明るい未来へと導く義務があります。

しかし、現代社会は若者たちを導くどころか、暗闇へと突き落としています。

周りに『明るい未来へ導いてくれる人生の先輩』がいない方、ぜひ僕たちと同じ日本に生きた人生の先輩たちに相談してみてください。

そこには未来が待っています。

日本に明るい未来を!若者にこそ伝えたい歴史の偉人が導く人生の道しるべ
ご来訪ありがとうございます! 『日本の若者たちに明るい未来を・・』拓麻呂です。 今年も僕の勤める会社に新入社員が...

歴史に興味を持ってもらうには?

歴史好きな方であれば、より多くの人に興味を持ってもらいたいと思うはずです。

お子さんをお持ちの方であれば、当然子供にもそれを願っているでしょう。

では、歴史に興味を持ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

それは『人』を見ることです。

歴史に興味を持ってもらいたい時は偉人の活躍を見せてあげることです
ご来訪ありがとうございます! 『最初に気になった偉人は毛利元就』拓麻呂です。 歴史が好きなお父さん、あるいはお母さん、お...


↓真実の歴史をお伝えします↓
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする