歴史が好きになったキッカケ!平凡な男の人生を変えた英雄たち!

歴史との出会い

2002年のある日。

僕は中学から馴染のある友人の家で暇を持て余していました・・・。

季節は確か・・まだ夏の日差しが残る秋の始めの頃だったと記憶しています。

 

今から思えば何で家に帰らなかったのか・・・??

理由は覚えていません。

 

六畳くらいの友人の部屋。

僕は適度に散らかった少し蒸し暑いその部屋で、肘枕を付き寝っ転がっていました。

少し日が傾きかけており、窓の外に目をやると、オレンジがかった空が鮮やかに広がっています。

 

・・・・

・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・『暇だ・・・』

 

 

スポンサーリンク

歴史との出会い

思い起こせば、この時の僕は人生そのものが暇だったのかもしれない・・・。

 

僕はテレビ業界を目指すため上京し、都内で二年暮らしました。

上京当初は期待に胸躍らせて、ワクワクドキドキしていた記憶があります。

 

授業では、2時間ドラマの台本を書いたこともあります。

バラエティ番組の企画案も書きました。

有名映画を鑑賞し、その評論を週一で書いていました。

小さなお笑いライブのADみたいなことも経験しました。

しまいには、自主制作番組を作る課題で、自らグルメレポーターをしたこともあります。

 

ところが・・・

 

東京と言う、田舎者にとっては華やかすぎる環境。

そこで出会った様々な方言を話す新しい友人たち。

当時、渋谷では真っ黒に日焼けしたギャルたちが溢れる中、真っ白な肌をした可愛い彼女。

 

いつしか、東京という環境で遊ぶことに夢中になってしまい、テレビ業界に対する熱はすっかり冷めてしまいました。

 

髪はからしのような金髪、彼女との甘い半同棲生活、酔っぱらって終電を逃しファミレスで一夜を過ごして朝帰り・・・

さらに・・

路上で変な奴にいきなりぶん殴られる、深夜にスケボーの練習をしていたらヤンキーに絡まれる、原付の二人乗りで警察のお世話になる・・。

この時ほど、親不孝者だった時期はありません・・・。

 

完全に堕落し、当初の目標を見失った僕は、2年で華やかな東京を後にすることになりました。

 

しかし、実家に強制送還された後も定職には付かず、1年以上をフリーターとして過ごすことになります。

特にやりたいことも無く、ただただバイトと言う名の作業をこなし、バイトが無い時は友人とゲーセン通い。

おそらく家にいた時間の方が少なかったんじゃないだろうか・・・。

 

 

そんな時期に、僕は友人の家で暇を持て余していました。

いや、人生そのものに暇を持て余していました。

 

肘枕を付き、暇すぎた僕から1メートルくらい先に、ある一つのゲームが無造作に転がっている。

脱ぎ捨てたTシャツと一緒に床に置かれたそのゲームは、少し前から僕の視界に入っていました。

 

僕は体を起こし、そのゲームを手にとり友人に訪ねました。

 

「これ何?」

 

友人はこう答えました。

 

「トイザらスの投げ売りワゴンで100円で売ってた。ほとんどやってないけど」

 

そのパッケージにはこう書いてありました。

 

『信長の野望 覇王伝』

 

信長の野望??なんか聞いたことある。

 

僕を新たな世界に導いた歴史との出会い。これが全ての始まりでした。

 

つづく

清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
スポンサーリンク
歴史との出会い雑記
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史