歴史が好きになったキッカケ!毛利元就が歴史の扉を開けてくれた

前回のお話はこちら

僕は、右手に持った『信長の野望』をぼんやりと見つめていました。

『歴史のゲームなんて・・自分には合わないよな』

こう思いながらも、無意識にケースを開け説明書を取り出す僕。

特に深くも考えず、説明書をペラペラめくってみるものの・・・

全然意味がわからん!

スポンサーリンク

毛利元就との出会い

僕は歴史の授業が大っっっっ嫌いでした。

歴史なんて勉強して何の意味があるのか?

いつも思っていました。

教科書の偉人たちは酷い有様・・・。

髪がフサフサになった弘法大師 空海

両津のように眉毛のつながった源頼朝

目が三つになり天津飯になってしまった足利義満

苔でも生えたかのように髭が濃くなった織田信長

RPGのラスボスのような角が生えた西郷隆盛

歴史の授業中は落書きしてるか、居眠りしてるか、あるいはスラムダンクを読んでるか・・

こんな僕が『信長の野望』なんかやっても楽しめっこない・・。

そう思い説明書をしまい、そっとケースを閉じようとしたその時、同じ部屋にいた友人がこう言いました。

『やってみる?』

僕がこの時どう反応したのかは覚えていません。

気が付いたら『信長の野望 覇王伝』のオープニングムービーが始まっていました。

当時としては、やや稚拙なムービーでした。

それもそのはず、発売からだいぶ時が経っており最新作でも何でもない『信長の野望 覇王伝』。

そりゃ、100円の投げ売りワゴンで売ってるわな・・そう思った記憶があります。

ちなみに、このブログでちょいちょい使っているこのアイキャッチ画像。

実は『信長の野望 覇王伝』のオープニングのワンシーンをイメージして作りました。

そうこうしている内に友人がスタートボタンを押し、ゲームが始まりました。

昔の『信長の野望』はシミュレーションゲームにも関わらず、複数人プレイが出来る謎仕様。

特にやる気もなかった僕でしたが、友人は問答無用で2人プレイを選んでいました。

PSのコントローラーを握りしめ、ボケーっと20インチくらいのテレビ画面を眺めている僕に構うことなく、ゲームは進行していきます。

ゲームがスタートする年代は西暦1555年。

何が何だか分からない内に、いよいよ自分が操作する戦国武将を選ぶ時がやってきました。

とは言え、歴史嫌いな僕が当時知っていた武将と言えば、

織田信長

豊臣秀吉

徳川家康

武田信玄

上杉謙信

伊達政宗

こんなもんです。

映画やマンガでも、主人公より脇役が好きになりやすい僕としては、信長、秀吉、家康は選択肢にありませんでした。

『よし、伊達政宗にしよう!』

そう思って武将の名前を下にスクロールしていくも・・・

『あれ??伊達政宗いないじゃん???』

じゃあ武田信玄は?

いない???

ならば上杉謙信は?

いない??????

今なって思えば、この時選んだ年代は1555年・・・

伊達政宗は生まれてませんでした!

そして武田信玄と上杉謙信、実は彼ら、いたんです。ただ名前が違った・・・

1555年当時、武田信玄は『武田晴信』、上杉謙信は『長尾景虎』。

しかし、当時の僕はそんなことは露知らず、『いないなら別にいいや』と思い、適当に武将名をスクロールしていました。

すると・・・・・・ある一人の名前が目に飛び込んできたのです。

『毛利元・・就?』

『もうりもと・・・??』

『もうりもと・・なり』

『毛利元就!』

聞いたことある!!

たったこれだけの理由で『毛利元就』を選択したのでした。

この毛利元就との出会いが、僕の人生を大きく変えていくことになるとは、この時微塵も思っていませんでした。

つづく


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。