スポンサーリンク
スポンサーリンク
枕草子 一九六段『宮仕へ人のもとに』を簡単解説!平安時代と現代の食事観!

枕草子 一九六段『宮仕へ人のもとに』を簡単解説!平安時代と現代の食事観!

平安時代に清少納言が書いた枕草子。この古典には、現代では考えられないような当時の常識が書かれていたりします。そのひとつが、平安時代の『食事』に対する価値観。今からおよそ千年前の人々は『食事』に対してどのような考えを持っていたのでしょうか?

歴史の失敗から学ぶことで開ける未来! ~織田信長の成功と失敗~

歴史の失敗から学ぶことで開ける未来! ~織田信長の成功と失敗~

書店に溢れる偉人たちを取り上げた書籍。『〇〇に学ぶ』といったようなタイトルはよく目にすることと思います。しかし、このような書籍に触れる場合、ひとつ注意してほしい事があります。それは失敗例に注目すること。失敗例こそ現代人の人生に響く、偉人たちが残してくれた宝物と言えるのです。

枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』簡単解説!香炉峰の雪に秘めた清少納言の想い

枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』簡単解説!香炉峰の雪に秘めた清少納言の想い

枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』。『香炉峰の雪』として知られる枕草子を代表するエピソードです。しかし、このエピソード、一見すると清少納言が自慢したいが為に書かれた内容に見えますが、その真実は全く違うのです。今回は『香炉峰の雪』の裏に隠された清少納言の想いに迫っていくことにしましょう。

春は曙!清少納言が枕草子に残した四季の決定的瞬間!

春は曙!清少納言が枕草子に残した四季の決定的瞬間!

あまりにも有名な枕草子一段『春はあけぼの』。世界最古の女流随筆集『枕草子』はこの一段から現代人を唸らせ、清少納言の世界観に引きずり込みます。カメラもスマホも無い時代・・・しかし、そこに書き記された『春はあけぼの』はまるで静止画でも見ているかのような錯覚すら覚えます。清少納言が捉えた四季の一瞬を堪能してみましょう。

スポンサーリンク