歴史に興味を持ってもらいたい時は偉人の活躍を見せてあげることです

ご来訪ありがとうございます!

『最初に気になった偉人は毛利元就』拓麻呂です。

歴史が好きなお父さん、あるいはお母さん、お爺さん。

自分のお子さんにも歴史に興味を持ってもらいたいと思いませんか?

僕はそう思います!・・・子供こそいませんが!

歴史とは、その国の成り立ちを知ることでもあり、その国に生きる人々の精神を形作っているものでもあります。

つまり、国民性に大きく影響しているのです。

特に日本は、現存する世界最古の国ですから、小さい時から日本史に興味を持つことは非常に重要です。

子供たちに歴史に興味を持ってもらうには、どうすれば良いのか?

ズバリ言います。

子供たちが歴史に興味を示すキッカケは『人物』にあります。

今回は一歴史ファンとして、僕なりの考えをお伝えいたします。

スポンサーリンク

歴史に興味を持たせるには?

学校の授業ではダメ

小学校(でしたっけ?)になれば、日本史の授業で歴史を教わることになりますが、これはアテになりません。

多くの人が言うように歴史の授業は面白くありません。

なにより、年号の暗記だけで歴史の本質を教えません。

確かに歴史は結果が重要なので、事実関係を整理する上で年号を覚える事も大切ではありますが、それではつまらんのですよね。

面白い出来事に注目してみる

では、どうすれば子供たちが歴史に興味を持つのでしょうか?

歴史とは事件の連続ですから、なにか一つ面白い出来事に着目してみるのはどうだろうか?

大化の改新、蒙古襲来、関ケ原の戦い・・・

確かにこれらの出来事は歴史の醍醐味ですが、ここから入るのは少々敷居が高いです。

歴史的な出来事が気になる為には、もっと前に知っておかなければならないことがあるからです。

それが『人』です。

人物に興味を持つことの重要性

歴史に興味を持つには『人』に注目する事が大切だと、僕は考えています。

歴史とは、言ってしまえばその国が現在に至るまでの壮大な物語です。

アニメでも小説でも、物語には主人公がいます。脇を固める個性的なキャラクターがいます。

これは歴史という物語を楽しむ上でも同じことです。

例えば僕はドラゴンボールで『フリーザ編』が一番好きです。

でも、それは悟空という主人公とフリーザという強敵の、心しびれる熱い戦いが好きなのであって、ナメック星での出来事に興味がある訳ではありません。

ここで言う『ナメック星での出来事』が日本史で言うところの『大化の改新』であり『関ヶ原の戦い』です

『ナメック星での出来事』はクリリンがやられ、悟空がスーパーサイヤ人になり強敵フリーザを倒します。途中にギニュー特戦隊という個性的なキャラクターも出てきます。弱い(ある意味強いけど・・)ブルマだって頑張ってます。

『大化の改新』は中大兄皇子と中臣鎌足という二人が強い絆で結ばれ、蘇我入鹿という横着者を打ち破ります。その先には日本の大革命がありました。

『蒙古襲来』は、北条時宗という素晴らしい指導者の元、日本の武士たちが一致団結して日本に攻め込んできた世界最大の大帝国『元』を蹴散らす爽快な物語です。

『関ヶ原の戦い』は、人望の無い石田三成が豊臣政権を守る為、強敵 徳川家康に立ち向かい、その想いがはかなく散る切ない物語です。この戦いでは全国の大名、つまり脇役たちが、それぞれの想いを秘めて立ち回っています。

このように、人が物語に興味を持つ理由は、その出来事ではなく、その出来事の中で活躍する人物たちなのです。

スポンサーリンク

主人公が選べる歴史物語

このように、歴史の醍醐味は『人』にあるのです。

しかし、歴史の面白さはそれだけではありません。

さらに付け加えるならば、歴史物語はあなた好みの主人公を選ぶことができます。

アニメやドラマではこうはいきません。

ドラゴンボールの主人公は孫悟空です。

スラムダンクの主人公は桜木花道です。

金八先生の主人公は坂本金八です。

ところが歴史物語は、誰にでも主人公になる資格があります。

戦国時代の主人公は織田信長でしょうか?武田信玄でしょうか?伊達政宗でしょうか?

幕末の主人公は坂本龍馬でしょうか?土方歳三でしょうか?西郷隆盛でしょうか?

あなたの好きな人物でいいんです。

ドラゴンボールではどう頑張っても牛魔王は主人公になれません・・。

牛魔王はフライパン山で登場して以降、何故か身長が縮み、いつの間にか良い親父になっていた事実しか分かりません。

でも歴史は違うんです。

どんなマニアックな人物でも、実際に存在した人物である以上、そこにはその人の人生があります。その人オリジナルのストーリーがあります。

誰でも主人公になれる可能性を秘めているのが『歴史』なのです!!

歴史とは人を見る事

このように人物に着目する事で、歴史の楽しさは何倍にも広がります。

歴史に興味を持たせたい、あるいは自身も興味を持ちたい。

そんな時は、まず一人の人物に注目させる、してみる事がとっても重要です。

ちなみに、さらに踏み込むならば、その人物の行動だけでなく心も見てみるとより興味が湧き、偉人たちに親近感がわいてきます。

この辺のことは、また別の機会に・・

歴史には、数えきれないほどの登場人物がいます。

是非その中から、好みの人物を見つけ歴史の扉を叩いてみてください。

そして、お子さんが好きな人物も見つけてみてください。

入り口はゲームでも漫画でも大丈夫です。

きっと、日本の将来を担う頼もしい大人に成長してくれるはずです。

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする