わかりやすく解説!先勝、友引、先負、大安、仏滅、赤口の意味とは?

ご来訪ありがとうございます、

拓麻呂です。

『結婚式は大安にする』

『葬式は友引にやらない』

普段の生活では全く気にしてないけど、なんとなくそういう文化がありますよね。

特に冠婚葬祭では強く意識されるのではないでしょうか。

『大安』『仏滅』『友引』あたりは、なんとなく聞いたことがある方も多いと思います。

加えて『先勝』『先負』『赤口』と呼ばれる日があります。

  • 『先勝(せんしょう)』
  • 『友引(ともびき)』
  • 『先負(せんぷ)』
  • 『大安(たいあん)』
  • 『仏滅(ぶつめつ)』
  • 『赤口(しゃっこう)』

これらは『六曜(ろくよう、りくよう)』と言い、カレンダーにも書いてある場合があります。

この記事では、六曜の意味や由来を簡単にお伝えします。

スポンサーリンク

六曜の意味と由来

先勝(せんしょう)

『先勝』とは、その名が示す通り『先んずれば即ち勝つ』という意味で、『物事を早く済ませてしまう方が良い』とされる日です。

基本的には『午前中が良い』とされていて、『午後はダメ』とされています。

なので、『先勝』の日は、さっさと用事を済ませておくのがオススメです。

友引(ともびき)

『友引』とは、『どんな事柄でも優劣が付かない日』『勝ち負けが決まらない日』とされる日です。

元々は『共引』という漢字で、『共に引き合うから勝負事が決まらない』という意味だったようです。

ですが、後に『友引』と表記されるようになりました。

一般的に、『友引』に葬式は縁起が悪いとされている理由は『あの世に友人が引っ張られるから』というのが由来になります。

先負(せんぷ)

『先負』とは、その名が示す通り『先んずれば即ち負ける』という意味で、『物事を遅く済ませてしまう方が良い』とされる日です。

つまり、『先勝』の逆です。

基本的には『午前中がダメ』とされていて、『午後は良い』とされています。

なので、『先負』の日は、ダラダラと用事を済ませるのがオススメです。

大安(たいあん)

『大安』とは『大いに安し』という意味で、『何をするにも縁起が良い』『1日24時間 悪いことが起こらない』とされる日です。

なので、結婚式は『大安』に行われることが多いです。

その他にも、新車の納車日とか、何かと縁起を担ぐのが『大安』という日です。

失敗できない商談とか、プロポーズや告白なんかは、ぜひ『大安』の日に行うようにしてみてください。

仏滅(ぶつめつ)

『仏滅』とは『何をするにも縁起が悪い』『1日24時間 良いことが起こらない』とされる日です。

つまり、一番ダメな日で『大安』の逆です。

元々は『全ての物ごとが滅する日』という意味なので『物滅』と表記していたようです。

失敗できない商談とか、プロポーズや告白なんかは、絶対に『仏滅』にやらない方ことをオススメします。

赤口(しゃっこう)

『赤口』とは『正午を除いて縁起が悪い』とされる日です。

感覚的には『仏滅』に次ぐ良くない日です。

『赤』と言う字が血を連想させ、事故や天災に繋がる凶日とされています。

なので、刃物を使う工作や、料理で包丁を使う時にはゲガをしないよう、特に注意が必要な日です。

まとめ

以上が『六曜(ろくよう、りくよう)』と呼ばれるものになります。

六曜は中国が起源で、鎌倉時代あたりに日本へ入ってきたと言われています。

日本に入って来てからは、徐々に形を変えていき、現在の解釈になっていきました。

漢字や元号なんかも、中国から伝わった文化ですが、日本に入ってきたことで独自の発展を遂げました。

ひらがなやカタカナは漢字を変形させた日本の文字ですし、元号も今現在日本以外で使用している国はありません。

こういった外から入ってきた文化を、日本独特の形に変えてひとつの文化を形成していくあたりに、日本の特徴や面白さがあるように感じています。

日本に古くから伝わる伝承や風習のまとめはコチラです。

意外と知らない!日本の伝承・風習の意味や由来まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 約1500年から約2600年の歴史を持つ日本には、古来より様々な伝承や風習が...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。