かぐや姫にはモデルがいた?かぐや姫の正体と竹取物語の裏話 

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

光り輝く竹から生まれた女の子が、三ヶ月という短期間で麗しい乙女に成長し、5人の貴族から求婚されるも全て断り、最後は月に帰っていく物語。

現在では、おとぎ話『かぐや姫』とか『竹取物語』として知られる、この物語の主人公『かぐや姫』とは、一体何者なのでしょうか?

神秘に包まれた謎の女性『かぐや姫』の正体をお伝えします。

スポンサーリンク

かぐや姫の正体

かぐや姫のモデル?

実は、かぐや姫のモデルになったと思われる女性が、日本神話(古事記)に登場します。

第十二代 垂仁天皇(すいにんてんのう)に嫁いだ女性の中に『迦具夜比売命』という人物がいます。

『迦具夜比売命』は『かぐやひめのみこと』と読みます。

名前だけみれば、まさしく『かぐや姫』ですね。

ですが、これだけだと単なる偶然かと思うのですが、案外そうでもありません。

『迦具夜比売命(かぐやひめのみこと)』の父親は、『大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)』と言います。

そして『大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)』の母親は、『竹野比売(たかのひめ)』です。

つまり『迦具夜比売命(かぐやひめのみこと)』のお父さんが『大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)』。

『迦具夜比売命(かぐやひめのみこと)』のお婆ちゃんが、『竹野比売(たかのひめ)』となります。

まず、お婆ちゃんの『竹野比売(たかのひめ)』には、分かりやすく『竹』の字が使われています。

そして、『大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)』の『大筒木』という部分に注目してみましょう。

竹は筒状の木です。

そして『垂根』ですが、竹の中には枝が垂れて地面に接地することで、根に変化する品種が存在します。

つまり、竹に関わりの深い名前の祖母と父を持つ女性、それが『迦具夜比売命(かぐやひめのみこと)』です。

これをただの偶然と捉えるか、あるいは『かぐや姫』のと何らの関りがあると捉えるかは人それぞれだと思います。

ですが、僕は何かしらの因果関係があって、かぐや姫のモデルになった可能性も捨てきれないのではないかなと思っています。

時折、『かぐや姫は宇宙人だった』なんていう説もありますが、それよりはよっぽど現実的なのではないかと思います。

実在した竹取物語の登場人物

現在、広く知られている『かぐや姫』の昔話は、『竹取物語』という古典が原本になっています。

『今は昔、竹取の翁といふ者ありけり』という冒頭をご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。

竹取物語がいつごろ書かれたのはハッキリしていませんが、おそらく平安時代の初め頃(1200年~1100年くらい前)ではないかと言われています。

作者も分かっていません。

有名なところでは、紀貫之(きのつらゆき)、菅原道真(すがわらのみちざね)あたりが作者なのでは?という説もあります。

そんな謎だらけの竹取物語ですが、実在の人物が作中に登場しています。

その人物は、かぐや姫に求婚する5人の貴族の内の3名。

  • 阿倍御主人(あべのみうし)
  • 大伴御行(おおとものみゆき)
  • 石上麻呂(そのかみのまろ)

そして、残りの2人にもモデルが存在したという説もあります。

  • 車持皇子(くらもちのみこ)のモデルは『藤原不比等(ふじわらのふひと)』
  • 石作皇子(いしづくりのみこ)のモデルは『多治比嶋(たじひのしま)』

この5名は、飛鳥時代末期~奈良時代初期くらいの人物です。

竹取物語とは、完全な創作なのか?

はたまた、何かしらの真実を投影したものなのか?

かぐや姫とは、非常に謎多き物語なのです。

昔話の真実

以上、かぐや姫のモデルと竹取物語の裏話でした。

竹取物語は紫式部が書いた源氏物語の中で『日本で最も古い物語』とされています。

源氏物語でそう言っているので、少なくとも紫式部が生きた平安時代の中期には一般に流布していたと思われます。

現代に伝わる昔話って、荒唐無稽なおとぎ話という訳ではなく、なにかしらの真実が隠されていることが多いです。

そういった真実を探してみるのも、昔話の楽しみかたのひとつなのではないかと思います。

他の昔話の裏話はコチラをご覧ください。

【桃太郎の真実】

桃太郎の裏話!鬼退治の理由とは?家来はなぜ猿・鳥・犬なのか?
みなさんご存知!桃から生まれた桃太郎。日本人なら誰でも知っている昔話ですが、なぜ桃太郎は鬼退治をしなければならなかったのでしょうか?そしてなぜ鬼は角があり、虎柄のパンツを履いているのでしょう?なぜ、桃太郎の家来は猿、雉、犬なのでしょう?今回は桃太郎にまつわる裏話をご紹介致します。

【金太郎は実在の人物だった】

昔話の裏話!『金太郎』には続きがあった!金太郎は実在の人物
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 まさかり担いだ金太郎♪ 桃太郎、浦島太郎と並び、日本の昔話を代...

【かちかち山は恐ろしいホラー話だった】

昔話の裏話!かちかち山の真実!本当はホラー顔負けの怖い話だった
ご来訪ありがとうざいます。 拓麻呂です。 悪さをするタヌキを、ウサギが懲らしめる昔話『かちかち山』。 この『かちか...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。