紫式部と清少納言に子供はいたの?二人の娘についてサクッと解説

清少納言と紫式部

源氏物語の作者『紫式部』

枕草子の作者『清少納言』

日本史上とても有名な女性たちですが、彼女たちの子供はどんな人物だったのでしょうか?

 

この記事では、紫式部と清少納言の娘についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

紫式部と清少納言の娘たち

紫式部の娘『大弐三位』

紫式部には大弐三位(だいにのさんみ)という娘がいました。本名は『賢子(かたいこ、けんし)』と言います。

他にも、藤三位(とうのさんみ)、越後弁(えちごのべん)、弁乳母(べんのめのと)などという呼称もありますが、一般的には女房名である『大弐三位』と呼ばれています。

 

『大弐三位』は藤原宣孝(ふじわらののぶたか)』という夫との間に生まれた子供です。

紫式部と清少納言の夫はどんな人?夫婦仲や離婚の理由とは?
...

 

成長してからは宮廷出仕をしており、母の紫式部と同様 彰子に仕え『大弐三位』という女房名で呼ばれるようになりました。

大弐三位は、第70代 五冷泉天皇(ごれいぜいてんのう)の乳母も務めるなど、宮廷での存在感を示していました。

 

母親の紫式部が控えめな性格だったのに対し、『大弐三位』はとても積極的な恋愛上手だったと言われており、恋に関わる和歌も複数残しています。

そんな彼女の和歌は百人一首にも選出されており、歌人としての才能にも恵まれた女性でした。

有馬山 猪名の笹原 風吹けば

いでそよ人を 忘れやはする

 

ハッキリした没年は分かっていませんが、80歳を超え当時としてはかなりの長寿だったようです。

なお、『大弐三位』の血筋は現在まで続いているそうで、つまり紫式部のご子孫が今もいらっしゃるというこですね。

 

清少納言の娘『小馬命婦』

一方の清少納言には『小馬命婦(こまのみょうぶ)』という娘がいました。

 

清少納言には橘則光という夫がいましたが、則光とは『則長』という男児を授かっていて、娘の『小馬命婦(こまのみょうぶ)』は、再婚相手の『藤原棟世(ふじわらのむねよ)』との間に生まれた子供でした。

紫式部と清少納言の夫はどんな人?夫婦仲や離婚の理由とは?
...

 

小馬命婦は紫式部の娘である『大弐三位』に比べると、残っている情報が少なく実像がつかみにくい女性です。

 

成長してからは、母の清少納言と同様に宮廷出仕をしており、彰子に仕えています。なので『小馬命婦』は女房名なのですが、本名は伝わっていません。

 

近い時代に『小馬命婦』という同名の女性が存在していたため、清少納言の娘の方は『上東門院小馬命婦(じょうとうもんいんこまのみょうぶ)』と呼び区別しています。

小馬命婦に関しては、コチラの記事でも詳しく解説しています。

清少納言の子供たち!娘の小馬命婦、息子の橘則長を簡単解説
...

 

まとめ

以上、紫式部と清少納言の子供たちについてでした。

 

紫式部の娘は『大弐三位』

清少納言の娘は『小馬命婦』

 

共に宮廷出仕し、彰子に仕えていました。

 

紫式部と清少納言は面識がなかったと言われていますが、娘たちは職場の同僚みたいなものだったので、もしかしたら仲の良い友人だったのかもしれませんね。

 

枕草子の記述を元に、清少納言の顔を3Dで復元してみた記事はコチラ。

清少納言は美人なのか?顔、髪型を枕草子を元に3Dソフトで復元
...

 

源氏物語の記述を元に、紫式部の顔を3Dで復元してみた記事はコチラ。

紫式部は美人か?源氏物語を元に顔を3Dソフトで写真風に復元
...

 

他にも、いろんな角度から二人を比較してみました。

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
...
清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
有名戦国大名の家臣団を一覧でご紹介
スポンサーリンク
清少納言と紫式部
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史