清少納言と紫式部の性格の違いは父親の〇〇〇〇にあった

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

平安時代を代表する2人の女性。

『清少納言』『紫式部』

ほぼ同時代を生き、似たような身分の出身で、同じ仕事を経験し、共に後世に残る文学作品を残した彼女たちは、よくライバル扱いされることもあります。

しかし、2人の180度違う性格をしています。

清少納言は、おしゃべりで明るく朗らかな天真爛漫な性格。

紫式部は、目立つことを嫌う、どこか影のある性格。

そんな二人の性格の違いの原点。

それが、二人の生まれ育った家庭環境の違いにありました。

それぞれの父親が、それぞれをどのように育てあげたのか?

清少納言と紫式部それぞれの父親の教育方針により、彼女たちの性格が決定づけられたと言っても良いかもしれません。

今回は、彼女たちの父親の教育方針の違いを比較しながら、清少納言と紫式部の性格の違いを紐解いてみたいと思います。

スポンサーリンク

清女と紫女の育った環境

清少納言の父親『清原元輔』

清少納言の父親は『清原元輔(きよはらのもとすけ)』という人物です。

歌人としても著名で、和歌の上手な36人を集めた『三十六歌仙』の一人にも名を連ねています。

なお、この父の和歌上手に気後れして、清少納言は和歌に苦手意識を持っていたエピソードが枕草子にも書かれています。

現代語版 枕草子 九九段『五月の御精進のほど』③和歌と父への誇り
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 清少納言が書き残した枕草子 九九段『五...

この元輔には面白いエピソードが残っています。

加茂祭で、馬に乗っていた元輔は落馬してしまいました。

その時、頭にかぶっていた烏帽子が脱げて、元輔の光り輝く禿げ頭が露わになります。

当時、人前で烏帽子を脱いで頭をさらけ出すと言うのは、現代で言う所の人前でパンツを脱ぐような恥ずかしい行為とされていました。

祭りの見物客が唖然とする中、元輔は烏帽子をかぶり直しもせず、自らが禿げ頭だったせいで烏帽子がツルっと脱げてしまったことを、周囲に説明し始めました。

すると周囲は大爆笑に包まれました。

つまり、元輔は自らの禿げ頭をネタにしてピンチを切り抜けるような、ユーモアの持ち主だったことが分かります。

枕草子を見てみると、清少納言は明るくて図太く、さらに少しおっちょこちょいな性格をしていたような印象を受けます。

おそらく、この性格は父の元輔譲りではないだろうかと思われます。

また、清少納言は元輔がかなり高齢に(50代後半と思われる)なってからの子供で、しかも末っ子でした。

元輔からすれば孫のような存在で、とても可愛がられて育てられたことが想像できます。

ピンチを笑いに変えるようなユーモアを持った元輔の影響、そして高齢での末っ子でとても可愛がられて育ったこともあって、清少納言の明るく朗らかで図太い性格が育まれたのではないでしょうか。

紫式部の父親『藤原為時』

一方、紫式部の父親はどうだったのでしょうか?

紫式部の父親は『藤原為時(ふじわらのためとき)』と言います。

この為時ですが、かなり厳格な教育で紫式部を教育していた節があります。

紫式部の弟に為時は、日々漢詩を教えていました。

その様子を見て、父の講義を盗み聞きしていた紫式部。

すると紫式部はどんどん吸収していき、弟よりも漢詩の教養を身に着けてしまいました。

当時の常識として、漢詩は男性が身に着けるもので、女性が嗜むものではないとされていました。

そんな紫式部に対し、為時はこんな言葉を漏らします。

『お前が男に生まれて来くればよかった・・・』

そんな父の影響もあってか、紫式部は漢詩の知識をひけらかすことなく、主の彰子にもこっそりと漢詩の講義を行っています。

この辺は、主の定子と漢詩のやりとりを楽しんでいた清少納言とは全く逆です。

また、紫式部に宮廷出仕の要請が来た際も、彼女自身は乗り気ではありませんでした。

しかし、為時の相当な後押しがあり、結果的に紫式部は宮廷出仕を始めることになります。

この要請は、時の権力者『藤原道長』からのものであったこともあり、為時としては名誉を感じていたのかもしれません。

このような感じで、お堅い父親に育てられた紫式部は、ちょっと影のある控えめな性格に育っていったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

父親の影響を受けて育った二人の才女

このように清少納言と紫式部の性格は、父親の教育方針の違いに大きく影響されています。

二人には共通点も多いです。

  • 中流貴族の出身
  • 母親を早くに亡くす
  • 女房として出仕
  • 漢詩の教養がある
  • 後世に残る文学作品を残す

ですが、その性格は正反対。

その違いこそが、それぞれの父親にありました。

共に母親を早くに亡くしているので、その分父親の影響が強かったのかもしれませんね。

以上、清少納言と紫式部の性格の違いは父親の教育方針にあった!でした。

父親以外の様々な角度からも、二人の違いを比較しています。

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子の清少納言。 源氏物語の紫式部。 現代も読み継がれ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする