枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』簡単解説!香炉峰の雪に秘めた清少納言の想い

ご来訪ありがとうございます。

『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。

世界最古の女流随筆集『枕草子』。作者は清少納言

この枕草子には、清少納言が大切にしている中宮定子(ちゅうぐうていし)との大切な想い出が詰まっています。

定子様は一条天皇のお后様。清少納言は定子様にお仕えする女房(定子さまの身の回りのお世話をする女性)です。

今回はそんな二人のエピソードの中から、『雪のいと高う降りたるを』をご紹介します。

このエピソードは『香炉峰の雪』と言われる、枕草子を代表するお話です。

一見、清少納言の自慢話かとも思われるエピソードですが、その裏には彼女が生涯忘れなかった大切な想いが詰まっています。

古文? 品詞分解? 歴史的仮名遣い?

そんな専門知識が無くたって『枕草子』は楽しめる!!

今回は、清少納言が『香炉峰の雪』に秘めた真実に迫ります。

なお、原文と現代語訳のみを知りたい方はこちらをご覧ください。

枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』【現代語訳と原文】
枕草子を代表するエピソード『香炉峰の雪』。 そんな香炉峰の雪が書かれている章段が、二九九段『雪のいと高う降りたるを』で...

スポンサーリンク

超有名なエピソード『香炉峰の雪』

雪が降り積もったある日の出来事

まずは、『香炉峰の雪』がどのようなエピソードなのか確認してみましょう。

ある寒い日の出来事・・・この日は雪が降り積もり、外は一面銀世界。

定子様にお仕えする女性たちは、御格子を下したまま(閉め切られて外が見えない状態)、火鉢を囲み談笑していました。その中には当然、清少納言と定子様の姿もあります。

すると定子様が、清少納言に問いかけてきました。

『少納言、香炉峰の雪はどんなでしょう?』

(この言葉の裏には、ある意図が隠されているのですが・・・それは後ほど)

この言葉にピンときた清少納言は、閉め切った御格子を上げさせ御簾(みす)をめくり上げます。(閉め切った部屋のカーテンと窓を開けたようなイメージと思ってください)

定子様の目に飛び込んできたのは、あたり一面真っ白な雪景色。

この雪景色を目にした定子様はニッコリとほほ笑み、『さすが少納言』と大層ご満悦な様子。周囲にいた女性たちも賛辞の言葉を清少納言に贈りました。

香炉峰の雪とは??

このエピソードの本質。それは清少納言が定子様のお考えを読み取り、機転を利かせてそれに答えたという事。

まず定子様の問いかけはこうです。

『香炉峰の雪はどんなでしょう?』

この言葉は何を意味していたのでしょうか?

それは中国の白居易(はくきょい)という人物が詠んだ一節。

【遺愛寺の鐘は枕を欹てて聞く、香炉峰の雪は簾をかかげて看る

定子様は、この漢詩の赤字部分を前提として清少納言に問いかけたのです。

清少納言の機転

ちょっと小難しい話ですが、要するに定子様は『外の雪景色が見たい』と言っているのです。

これを素直に受け取ってしまうと、『雪が降り積もっております』などと言葉で回答してしまいそうですが、清少納言は違いました。

『遺愛寺の鐘は枕を欹てて聞く、香炉峰の雪は簾をかかげて看るという漢詩を踏まえて『香炉峰の雪はどんなでしょう?』と問いかけていることを清少納言は瞬時に理解し、御簾を上げて外の景色を披露するという行動に出たのです。

つまり、香炉峰の雪は簾をかかげて看るという白居易の漢詩を、定子様の目の前に再現してみせたのです。

定子様の意図を汲み取り、見事な機転を見せた清少納言。そんな彼女の機転に、ご満悦な定子様。

これが、枕草子を代表するエピソード『香炉峰の雪』です。

スポンサーリンク

香炉峰の雪に込めた清少納言の想い

この『香炉峰の雪』ですが、見方によっては清少納言の自慢話のように見えなくもありません。

自身の機転と、定子様に褒められたという自慢・・・まぁ、確かにそのような気持ちもあったかもしれません。

しかし、枕草子がどのような背景で書かれているのかを理解すると、ちょっと違った解釈で読む事ができます。

枕草子に隠された秘密・・清少納言が定子に捧げた悲しみのエッセイ
清少納言が残した『枕草子』。世界最古の女流エッセイと言われる枕草子が書かれた意図は何だったのでしょうか?そして清少納言はどのような想いで日々の日常を綴っていたのでしょうか?その背景には、権力闘争に巻き込まれた二人の女性の姿。底抜けに明るい枕草子の裏に秘められた悲しい現実。そんな枕草子の本質に迫ってみましょう。

枕草子とは、男たちの政略に巻き込まれた定子様が没落していく中で書かれた作品です。

しかし、枕草子には没落する定子様の悲壮な姿など一切書かれていません。そもそも最初っから定子の悲壮など書くつもりはありませんでした。

枕草子が描く定子様は、いつも気高く美しい、才気あふれるお姫様。

清少納言はいつも定子様を憧れの眼差しで見つめ、主従の関係を超えた深い信頼で結ばれていました。

定子の没落という辛い現実を払いのけるように、楽しかった想い出だけを綴った作品が『枕草子』なのです。

そんな定子様に喜んで頂けた清少納言の大切な想い出・・・

それが『香炉峰の雪』が語る真実なのです。

枕草子は定子様との楽しかった想い出だけを切り取った、ちょっと切ない作品であることを忘れないでください。この事実を忘れると、清少納言の深層心理、そして枕草子の本質を見誤ります。

『香炉峰の雪』を書く清少納言の姿、それは得意顔で自慢気な姿ではありません。

きっと一筋の涙がほうを伝っていたことでしょう。

『香炉峰の雪』・・・それは清少納言が心に秘めた定子様との大切な想い出の一幕でした。

※参考:枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』より

もっと枕草子の世界を覗いてみたい方は、こちらからお好みの記事をご覧ください。

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 このページは、枕草子WEB辞典です。内...

原文はこの下に追記します。

【原文】 枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』

雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、物語などして集りさぶらうに、

「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ」

と、おほせらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。

人々も「さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそ寄らざりつれ。なほ、この宮の人には、さべきなめり」と言ふ。

枕草子の世界をもっと覗いてみたい方。

初心者の方には、この一冊がおススメです。

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。