ひらがなの成り立ちと起源!万葉仮名に始まる日本語の歴史

日本のこと

ご来訪ありがとうございます!

『日本語は日本が誇る素晴らしい文化』拓麻呂です。

 

 

僕たちの暮らす日本はひらがな、カタカナ、漢字といった3種類の文字表記が存在します。我々日本人はこの3種類を無意識のうちに使い分けることができます。

 

実はこの事実、世界的に見ても非常に珍しいことなんです。

 

例えば英語、基本的にABCD・・のアルファベットのみで表記されていますよね。

 

続いて中国語、こちらは全て漢字で表記されます。

 

このように各国の言語はひとつの文体のみで表記されます。

 

3種類の表記を使い分ける日本人。今回はその中から『ひらがな』に焦点を当ててお話していきます。

 

スポンサーリンク

~ひらがなが誕生の軌跡~

漢字の伝来

もともと日本には文字がありませんでした。そんな日本に中国から文字という画期的な文化がやってきます。

 

しかしこの時、話し言葉としての日本語はすでに存在していました。そこで強引に日本の話し言葉に漢字を充てることになります。

 

『あ』を安

『い』を伊

 

といったような感じです。

 

奈良時代頃の古事記や万葉集はこの手法で表記されています。

 

これを万葉仮名といいます。

 

これは非常に画期的な発明でした。

 

 

万葉仮名からひらがなへ

漢字には草書体と言われる表記方法が存在します。簡単に言うと省略されて書かれた漢字と思ってもらえれば大丈夫です。

 

この草書体が変化したものが『ひらがな』へと変化していきます。では具体的に、どにような漢字がひらがなに変化していったのか見てみましょう。

 

安→あ  伊→い  宇→う  衣→え  於→お

加→か  機→き  久→く  計→け  己→こ

左→さ  之→し  寸→す  世→せ  曽→そ

太→た  知→ち  川→つ  天→て  止→と

奈→な  仁→に  奴→ぬ  祢→ね  乃→の

波→は  比→ひ  不→ふ  部→へ  保→ほ

末→ま  美→み  武→む  女→め  毛→も

也→や       由→ゆ       与→よ

良→ら  利→り  留→る  礼→れ  呂→ろ

和→わ  爲→ゐ       恵→ゑ  遠→を

无→ん

 

このようになります。『か』や『も』なんかは元の漢字に似てますね。

 

 

表意文字と表音文字

表意文字と表音文字という言葉はご存知でしょうか?

 

表意文字・・・文字自体が意味を表す文字

表音文字・・・文字自体は意味を持たず音を表す文字です。

 

漢字は表意文字です。例えば、『春』という文字は季節を表す文字ですよね。これが表意文字。

 

一方アルファベットは表音文字です。

ABCDEFG・・・それぞれの文字単体では意味を持ちません。これが表音文字です。

 

では日本語はどうでしょう。漢字は当然、表意文字です。ひらがなとカタカナは文字自体に意味を持っていませんので表音文字となります。

 

つまり日本語は表意文字と表音文字を混在して使用しています。世界にも類を見ない、非常に難しい文体をしているんですね。

 

日本語って凄いような気がしてきませんか?

 

スポンサーリンク
 

~ひらがなは女性が書く文字~

平安時代に書かれた源氏物語や枕草子はひらがなで書かれています。

 

源氏物語の作者と言えば紫式部

紫式部はどんな人物!超意外な人物像と引きこもりな壮絶人生とは?
...

 

枕草子の作者といえば清少納言。

清少納言が枕草子を書いた理由とは?春はあけぼの誕生秘話
...

 

ともに女性ですね。

 

この当時ひらがなは女性が書く文字とされていたんです。逆に漢字は男性の書く文字とされていました。

 

ひらがなって曲線で構成されていて、女性らしいやわらかなイメージにぴったりだと思いませんか?

 

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。

 

清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
スポンサーリンク
日本のこと
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史