清少納言が枕草子を書いた理由とは?春はあけぼの誕生秘話

人物のエピソード

ご来訪ありがとうございます!

『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。

 

今からおよそ1000年前、ある女性がひとつのエッセイ集を書きあげました。

 

その女性とは清少納言、エッセイ集のタイトルを『枕草子』と言います。

 

彼女は平安時代の日常を切り取り、枕草子を書く続けました。

その内容は現代の我々が読んでも非常に共感することができ、人間の根底は1000年前から変わっていないことを教えてくれます。

 

今回はそんな枕草子誕生から、後世に残るまでの過程を追いかけてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

枕草子誕生の理由

枕草子を書き始めたきっかけ

清少納言のお仕事は、天皇のお后様『定子(ていし)』にお仕えすること。

つまり本業は定子様のお話し相手をする事や、身の回りのお世話です。

 

枕草子を読むと彼女は定子様に強い尊敬の念を抱いており、定子様も清少納言を非常に寵愛していたと思わせる記事があります。

 

そんなある日、清少納言が仕事に精を出していると定子様が話しかけてきました。

 

緊張する清少納言。

 

定子様は一冊の白い冊子を持っていました。

 

定子「この冊子に何を書こうか迷っているのです」

相談を持ちかける定子。

 

清少納言は答えます。

 

清少納言「それは枕でしょう」

 

???

 

よく意味の分からない回答ですが、実はこれ、「書を枕にして眠る」という、ある漢詩の一節を切り取ったものなのです。

 

これが『枕草子』という題名の由来と言われています。

このへんの詳細はコチラをご覧ください。

枕草子という題名の意味や由来とは?枕に込めた清少納言と定子の想い
...

 

つまり、清少納言がが漢詩に精通した教養の持ち主だったで、その知識を生かし起点の利いた回答をしたわけです。

 

この回答に清少納言の教養を感じた定子様は彼女に白い冊子を与えます。

 

この定子から授かった一冊の白い冊子に、清少納言は日々の気付きを綴って行くことになります。

 

 

初めての執筆

冊子を授かった清少納言。

 

ある出来事をキッカケにして、彼女は枕草子の執筆を開始します。

その出来事とは、『清少納言の引きこもり(謹慎)』です。

 

当時、定子が藤原道長の権力欲の犠牲になり、朝廷でも居場所を失いつつありました。

そんな中、清少納言は藤原道長との内通を疑われ、里に引っ込んでいた時期があります。

 

この時に、書き始めたのが枕草子です。

 

なお、この辺の経緯はコチラの記事で詳しく解説しています。

枕草子に隠された秘密・・清少納言が定子に捧げた悲しみのエッセイ
...

 

引きこもりの中で書き始めた枕草子の冒頭部分は、後世にも語り継がれる、とても有名な一節になりました。

 

 

春は曙、やうやう白くなりゆく・・・

 

清少納言が初めて書いた内容は、四季の情景を切り取ったものでした。

春は曙!清少納言が枕草子に残した四季の決定的瞬間!
...

 

『春はあけぼの』を皮切りに彼女は様々なことを書いていきます。

 

日常の風景、好きなもの、気に入らないもの、楽しかった日々・・・

 

清少納言が独自の視点で書き続けた枕草子は、約300段から成る、膨大なエッセイ集になっていきました。

 

 

枕草子が世間に広まる

当初、清少納言は枕草子をこっそり書いており、普段は隠していたそうです。

 

しかしある日、源経房(みなもとのつねふさ)という人物に見つかってしまいました。

その内容を目にした経房は感銘を受け、枕草子を持って行ってしまいます。

 

持っていかれてしまった枕草子。

待てど暮らせど、なかなか戻ってきません。

どうやらこの時、経房は枕草子を沢山の人々に読ませていたようです。

 

経房の口コミより、枕草子は大勢の人が目にするようになり、世間に認知されるようになったのです。

 

 

副業が本業を超えた時

清少納言は約7年ほどで宮廷を辞めています。

これは定子様が若くしてこの世を去ったことが原因です。

 

しかし後世の我々が清少納言から連想するものは、間違いなく枕草子でしょう。

清少納言=定子様のお世話となる人は、ある程度、清少納言に精通している人です。

 

つまり清少納言は本業より副業の方で名を残した女性なんです。

 

枕草子はしばしば『世界最古のブログ』と言われることがあります。

現代でも、副業でブログをやっている方も多いかと思います。

 

そう言った意味で清少納言は、現代のビジネスモデルを先取りしていた女性と言えるのかもしれません。

 

枕草子の内容は、現代人でも非常に共感できる部分が多いと思います。

副業で名を名を残した清少納言の枕草子には、現代のブログに通じるヒントがたくさん隠されているんです。

 

スポンサーリンク

世界最古の女流随筆集

以上、清少納言が枕草子を書いたキッカケと、世間に広まった過程でした。

 

 

枕草子は世界最古の女流随筆集。

 

是非一度、枕草子を読んでみてください。そして目を閉じ、枕草子が描く光景を思い浮かべてみてください。

平安時代の雅な世界が瞼の裏に広がってきますよ。

 

 

清少納言の生涯を詳しく知りたい方はコチラ

枕草子の作者 清少納言について簡単解説!紫式部や定子との関係は?
...

 

もっと枕草子の世界を覗いてみたい方は、こちらから

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
...

 

 

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。