清少納言と紫式部が仕えた中宮との関係を定子と彰子の家系図で解説

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

平安時代の才女『清少納言』『紫式部』。

よくライバル扱いされる清少納言と紫式部が仕えた中宮。

『藤原定子(ふじわらのていし)』

『藤原彰子(ふじわらのしょうし)』

清少納言、紫式部、定子、彰子・・・・

今回は、この4人のちょっと紛らわしい関係性を、わかりやすく解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

二人の才女と二人の中宮

定子と彰子の関係

では、まず清少納言と紫式部が仕えた『定子(ていし)』と『彰子(しょうし)』の関係を見ていきましょう。

簡単な家系図を作成しましたのでご覧ください。

このように、定子と彰子は『いとこ』の関係にあたります。

兄(長男)『藤原道隆』の娘が定子。

弟(五男)『藤原道長』の娘が彰子。

そして、定子と彰子が嫁いだ天皇が、共に『一条天皇』です。

つまり、一条天皇は定子と彰子という二人の奥さんを持っていたことになります。

(定子と彰子を『中宮(天皇の妻のこと)』と言いますが、彰子の入内に伴い、定子は皇后となります)

ではなぜ、定子と彰子が共に一条天皇へ嫁ぐことになったのか?

それは、藤原道長の野望が深く関係しています。

その詳細はコチラの記事をご覧ください。

枕草子に隠された秘密・・清少納言が定子に捧げた悲しみのエッセイ
清少納言が残した『枕草子』。世界最古の女流エッセイと言われる枕草子が書かれた意図は何だったのでしょうか?そして清少納言はどのような想いで日々の日常を綴っていたのでしょうか?その背景には、権力闘争に巻き込まれた二人の女性の姿。底抜けに明るい枕草子の裏に秘められた悲しい現実。そんな枕草子の本質に迫ってみましょう。

そして、定子の女房として仕えていたのが『清少納言』

彰子の女房として仕えていたのが『紫式部』

ちなみに、清少納言と紫式部は宮廷出仕していた時期が微妙に異なるので、二人は面識が無かったと言われています。

ですが、先輩女房である清少納言に対し、紫式部が一方的なライバル心を持っていたことが『紫式部日記』に記されています。

なお、清少納言と紫式部の関係性はコチラの記事をご覧ください。

紫式部と清少納言は仲が悪い?紫式部日記の清少納言評と二人の関係
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋をして紫式部と友達になりたい』拓麻呂でございます。 源氏物語の作者として有名...

なので、清少納言と彰子は直接的な関係はありませんし、紫式部と定子にも繋がりはありません。

清少納言と定子の関係

では、清少納言と定子の関係はどのようなものだったのでしょうか?

出典:Wikipediaより 枕草子絵巻 鎌倉時代

清少納言の作品である『枕草子』には、定子がたくさん登場します。

枕草子は随筆なので日記的な側面も強く、清少納言の日常も多く書かれている為、清少納言と定子のやりとり、清少納言が見た定子の佇まいが随所に散りばめられています。

そんな枕草子を読んでいる限り、清少納言は定子のことを心から尊敬しており、常に憧れの眼差しで見つめていたことが読み取れます。

そして定子自身も、頭が切れ起点の利く清少納言をとても気に入っていたようです。

そんな二人の関係性を物語るエピソードが、枕草子にたくさん記されています。

その中でも、最も有名なのが『香炉峰の雪』と言われるエピソードです。

枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』簡単解説!香炉峰の雪に秘めた清少納言の想い
枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』。『香炉峰の雪』として知られる枕草子を代表するエピソードです。しかし、このエピソード、一見すると清少納言が自慢したいが為に書かれた内容に見えますが、その真実は全く違うのです。今回は『香炉峰の雪』の裏に隠された清少納言の想いに迫っていくことにしましょう。

打てば響く清少納言の起点に、定子が大満足したお話です。

『香炉峰の雪』は清少納言の自慢話と捉えられることも多いですが、実際はそうではなく、定子への尊敬の念が込められたエピソードです。

そんな『香炉峰の雪』からも、二人の関係は主従を超えたとても良好なものであったことが分かります。

紫式部と彰子の関係

続いて、紫式部と彰子の関係を見ていきましょう。

出典:Wikipediaより 土佐光起筆 石山寺蔵

紫式部の場合、嫌々宮廷出仕を始めているので、最初はなかなか周囲に馴染めなかったようです。

彰子の目にも『ちょっと近寄りがたい人』と映っていたようで、紫式部の日記にも、そんなようなことが書かれています。

紫式部が宮廷出仕したばかりの頃のエピソードは、コチラをご覧ください。

源氏物語の作者 紫式部は暗い性格!紫式部日記に見る引きこもりの対処法
源氏物語の作者『紫式部』は中宮彰子に仕える女房として宮廷出仕していました。しかし当初は気が進まず嫌々出仕していたようです。その結果、彼女は出社拒否し、引きこもり生活に突入します。彼女が引きこもってしまった理由とは?そして社会復帰するため彼女がとった行動とは?源氏物語だけじゃない、紫式部の意外な一面に迫ってみましょう。

これも紫式部日記に書いてあるのですが、彰子は大人しい性格だったようで、当初の紫式部と彰子の関係は、あまり良いものではなかったようです。

とは言え、紫式部は時の権力者『藤原道長』からの直々の要請で彰子に仕えた経緯がありました。

つまり、源氏物語のような物語を書く才女であり、教養も持ち合わせていた紫式部は、彰子の教育係として、宮廷に無理やり引っ張り出された経緯があります。

なので、彰子と夜な夜なマンツーマンで漢詩の講義などをしており、次第に彰子も紫式部に心を開いていったようです。

結果的に、紫式部は彰子にとって一番親密な女房になったことが日記にも記されています。

最初はぎこちなかった紫式部と彰子ですが、最終的にはお互いを信頼し合う関係になったのでした。

スポンサーリンク

4人の関係まとめ

以上、清少納言と紫式部と定子と彰子の関係性でした。

少し、ややこしいかもしれないので簡単にまとめると・・

  • 『清少納言』と『定子』・・・たいへん良好な主従関係
  • 『紫式部』と『彰子』・・・最初は微妙だったけど、結果的に良好な主従関係
  • 『清少納言』と『紫式部』・・・面識は無いけど、紫式部はライバル心を持っていた
  • 『定子』と『彰子』・・・いとこであり、ともに一条天皇の中宮
  • 『清少納言』と『彰子』・・・直接的な関係性は無い
  • 『紫式部』と『定子』・・・直接的な関係性は無い

という事になるのでした。

↓この他にも、清少納言と紫式部を色々な角度から比較しています↓

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子の清少納言。 源氏物語の紫式部。 現代も読み継がれ...

枕草子の記述を元に、清少納言の顔を3Dで復元してみた記事はコチラ。

清少納言は美人なのか?顔、髪型を枕草子を元に3Dソフトで復元
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子を書いた清少納言って美人だったと思いますか? 何しろ千年...

源氏物語の記述を元に、紫式部の顔を3Dで復元してみた記事はコチラ。

紫式部は美人か?源氏物語を元に顔を3Dソフトで写真風に復元
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 源氏物語の作者で、日本史における有名女性の筆頭でもある『紫式部』。 ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。