藤原彰子の性格や人物像とは?紫式部との関係はどうだったの?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

紫式部、和泉式部、赤染衛門など、多くの有名女房が使えた『中宮彰子』

やはり、その中でも紫式部の知名度が一番なわけですが、彰子と紫式部の関係は、どのようなものだったのでしょうか?

また、彰子とはどのような人物だったのでしょうか?

この記事では、彰子と紫式部の意外な関係についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

中宮彰子と紫式部

紫式部から見た彰子

紫式部は自身の日記の中で、彰子に言及しています。

例えばこんな感じです。

  • 色ごとを軽薄と考えている。
  • 奥ゆかしくて、とても上品。

今風に言うならば、下ネタや男女のだらしない関係が嫌い、という感じですね。

彰子は、非常に清廉潔白な女性だったようです。

この辺に関しては、紫式部も同じよなタイプだったのではないかと思われます。

例えば、色恋沙汰が多かった『和泉式部』という女性に対して、紫式部は「感心できない」というコメントを残しています。

和泉式部は紫式部や清少納言とどんな関係だったのか?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 恋多き女性として、あるいは和歌の達人として名を残した『和泉式部』。 ...

あるいは、藤原道長からの誘いも適当にやり過ごしたりしているので、男女の関係にはしっかりしていたと思われます。

禁断の愛?紫式部と藤原道長は本当に愛人関係だったのか?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 一説によると、平安時代に絶大な権力を誇った『藤原道長』と、源氏物語の作者であ...

また、紫式部はあまり明るい性格ではなかったようなので、お上品でおしとやかな彰子とは相性が良かったのではないでしょうか。

超ネガティブ女子?紫式部の史実の評価と人物像を簡単解説
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 源氏物語の作者『紫式部』 彼女は様々なメディアに登場し、注目を浴びるこ...

紫式部から見れば、彰子は主にあたるので、悪く書き残すことは憚られたと思われますが、紫式部は彰子からの依頼で、家庭教師的な枠割もこなしていますし、かなり良い関係が築けていたのではないでしょうか。

彰子から見た紫式部

では、彰子から見た紫式部はどのような感じだったのでしょうか?

ちょっと意外なのですが、彰子は当初、紫式部とはあまり仲良くなれなそうだと感じていたようです。

ちょっと影のある暗めの性格なうえ、源氏物語と言う名作を書いている紫式部は、年下の彰子から見て、ちょっと近寄りがたくて怖い存在だったのかもしれません。

ところが、彰子は自らの意思で紫式部に家庭教師をお願いしています。(白氏文集という漢籍を教わっていた)

紫式部が彰子に仕えた元々の理由に、彰子の家庭教師という役割もあったので当然の成り行きではあるのですが、この出来事を通じ二人はかなり親密になったようです。

紫式部日記には、彰子が紫式部にかけた言葉が書かれているのですが、その言葉が全てを物語っています。

あなた(紫式部)とは心を割ってお付き合いできるとは思っていませんでした。でも、不思議なことに、今では一番の仲良しになってしまいましたね!

紫式部に対して、最初はあまり良い印象を持っていなかったようですが、家庭教師を通じて徐々に信頼関係を築いていったことが、この言葉から伝わってきます。

彰子の人物像

藤原彰子という女性は、基本的には上品で真面目て優しい性格だったのかなと思います。

それは、紫式部日記が伝える通りです。

ただ、彰子は13歳で宮廷デビュー(一条天皇に嫁いだ)しており、紫式部が仕えていた期間も、彰子がかなり若い頃です。

彰子は87歳という当時としては異例の長寿だったので、紫式部の見た人物像は彰子のかなり若い頃に限定されています。

この辺りには注意が必要です。

後の彰子は、紫式部を始めとした当時の有名な女房を統率していたことを忘れてはいけませんし、二人の天皇の母親にもなっています。

また、次期天皇の皇位を巡って、父である藤原道長の非情な政治姿勢に反発したりもしています。

若かりし頃の、優しさや上品さはそのままに、大きくなった彰子には真っすぐな強い意志も備わっていったようです。

そんな強くなった彰子の原点が、紫式部から受けた家庭教師だったのかなと妄想すると、とてもドラマチックな感じがしますね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、彰子の人物像や、紫式部の関係性でした。

最初は弱々しかった彰子でしたが、成長するにつれて強い意志を持った強い女性になりました。

そして、紫式部とも良好な関係を築いており、彰子の出発点には紫式部の存在が大きく影響していたのです。

彰子だけでなく、平安時代中期を彩った女性たちに関する記事はコチラです。

平安時代の有名な女流歌人や女房一覧!紫式部や清少納言だけじゃない
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 多くの女性たちが活躍した平安時代中期。 たくさんの女流文学が誕生し、国...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。