赤染衛門 ~良妻賢母で大人の女性!紫式部日記に見る女流歌人の人物像

人物のエピソード

 

ご来訪ありがとうございます!

拓麻呂です。

 

平安時代中期、国風文化と言われる優雅な文化が花開きます。

 

その国風文化を形成するひとつの原動力として、当時宮廷に出仕していた女房たちの存在は無視できません。

 

そんな国風文化を代表する四名の女房たちを『四才女』と言います。

 

四才女とは、清少納言、紫式部、和泉式部、そして今回の主人公『赤染衛門(あかぞめえもん)』を指す総称です。

 

この赤染衛門、歌人としての評価が高く、その和歌は百人一首にも選ばれています。

 

しかしながら彼女は他の三名に比べ、知名度でもやや劣り、少々インパクトに欠ける感じがします。

 

そんな四才女の一人赤染衛門とは、一体どのような人物だったのか。

 

そして、なぜ影が薄いのか?

 

今回は、その辺りを掘り下げてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

良妻賢母『赤染衛門』

紫式部が見た赤染衛門の人物像

まずは、赤染衛門がどのような人物だったのか?

 

それを知る上で大きな手掛かりとなるのが『紫式部日記』。

 

源氏物語で有名な紫式部は、この日記の中で赤染衛門の人物像や和歌の才能に触れています。その内容を要約すると以下のようになります。

 

彼女のことを、中宮様や道長様たちは『匡衡衛門(まさひらえもん)』なんてあだ名を付けて呼んでいます。

この方は格調高い歌風で、歌を詠み散らしたりしません。

私(紫式部)が知っている限り、ちょっとした時に詠んだ歌こそ、素晴らしい詠みっぷりです。

 

 

紫式部日記から分かる赤染衛門

紫式部日記の記述でまず注目したいのが、赤染衛門のあだ名が『匡衡衛門(まさひらえもん)』であったという事。

 

これはどのような意味なのでしょうか?

 

匡衡とは、赤染衛門の夫である『大江匡衡(おおえのまさひら)』を指しています。赤染衛門と大江匡衡はおしどり夫婦と伝わっています。その夫婦仲は宮廷でも有名だったのでしょう。紫式部日記が語る通り、中宮様や藤原道長もその事を知っていて『匡衡衛門』という呼ばれ方をしていたものと思われます。

 

また、匡衡との間に授かった息子の出世を強く願い、その手助けをしたと伝わっています。

 

このようなエピソードから分かる赤染衛門は正しく良妻賢母。妻として、母としてお手本のような女性だったのではないでしょうか。

 

 

紫式部日記から分かる和歌の才能

続いては赤染衛門の和歌について。紫式部は彼女の歌風をこのように評しています。

 

この方は格調高い歌風で、歌を詠み散らしたりしません。

 

つまり、赤染衛門の和歌は品があり手堅い和歌だったのでしょう。

 

これは意外と重要なことで、紫式部はこの日記の中で、同じく才女の誉れ高き『和泉式部』についても触れています。

和歌の天才!和泉式部の恋愛事情!紫式部と藤原道長が見た女流歌人の人物像
ご来訪ありがとうございます! 『和泉式部は美人だったと思っている』拓麻呂です。 今からおよそ千年前の平安時代の中頃。多くの男性を魅了した一人の女性がいました。 その女性の名は 『和泉式...

 

和泉式部は恋多き女性として有名で、その和歌も激情的な恋の歌が多いのが特徴です。

 

紫式部の目には、

品があり落ち着いた歌風の赤染衛門。

閃きが生み出す突飛な歌風の和泉式部。

 

このように映っており、赤染衛門と和泉式部と対局の存在として捉えています。

 

 

清少納言、紫式部、和泉式部との比較

では、最後に他の才女たちと赤染衛門を比べてみましょう。

※彼女たちが残した作品から感じる僕の所感です。

 

清少納言

【代表作】枕草子、和歌

【性格】ヒステリー、強気、物事をはっきり言う、陽気

 

紫式部

【代表作】源氏物語、紫式部日記、和歌

【性格】冷静、ライバル意識が強い、意外と小心者、陰気

 

和泉式部

【代表作】たくさんの和歌。和泉式部日記 (彼女の作ではないとする説もあり)

【性格】情熱的、浮気っぽい、情緒不安定、男好き

 

 

このように、清少納言、紫式部、和泉式部は自身を代表する作品を後世に残しており、また、それぞれ一貫した強烈な個性を持っていることが分かります。

では、赤染衛門はどうでしょう。

 

赤染衛門

【代表作】和歌、栄花物語?

【性格】良妻賢母、品がある、高貴、落ち着いている

 

いかがでしょう。

まず代表作がピンときません。確かに和歌は後世に残っていますが、それは他の三人も同様。そもそも四人とも百人一首に選出されており、歌人としては皆評価されています。(清少納言は和歌に対し苦手意識があったようで、数ではやや劣りますが・・)

 

また、栄花物語ですが、枕草子や源氏物語と比べると知名度ではやや劣ります。そして何より、栄花物語は赤染衛門の作といった説があるだけで、実際にはよくわかっていません。

 

そして彼女の性格。確かに一貫性はあるのですが他の三名にくらべ棘がありません。彼女は品のある常識人と言ったイメージであり、良くも悪くもインパクトに欠けます。

 

これが、僕の赤染衛門の印象です。

 

スポンサーリンク
 

赤染衛門の印象が薄い理由

このように、赤染衛門は棘の無い性格で、その代表作もあまり有名ではありません。

 

と言うか、他の三才女の個性がとんがり過ぎているのですが、この赤染衛門の棘の無い性格が、影の薄い原因なのではないでしょうか。

清少納言が枕草子を書いた理由とは?春はあけぼの誕生秘話
ご来訪ありがとうございます! 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 今からおよそ1000年前、ある女性がひとつのエッセイ集を書きあげました。 その女性とは清少納言、エッセイ集のタイトルを『枕草...
紫式部はどんな人物!超意外な人物像と引きこもりな壮絶人生とは?
会社で働いていると、どうしたって苦手な上司や先輩っていますよね?どうにも相性が合わなくて、変な嫌味を言われたり、明らかに嫌な態度を取られたりとか。そんな上司や先輩を上手く操って、面倒な態度を取られないようにできたら嬉しいですよね。 ...

 

また、赤染衛門に関する書籍自体が少なく、彼女の情報を拾ってくること自体が困難です。

 

良妻賢母で常識人の『赤染衛門』。

 

彼女は、四才女の中で最も普通の女性だったようです・・・。

 

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。

清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
スポンサーリンク
人物のエピソード
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史