美人?性格は?源氏物語の作者『紫式部』丸わかり記事一覧

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

『紫式部』

生没年ともにハッキリしていませんが、天禄元年?~寛仁3年?(970?~1019?)頃とされています。

源氏物語の作者であり、この時代を代表する女性です。

日本の歴史に登場する女性の中でも、最も有名なのではないでしょうか。

そんな紫式部に関する記事一覧です。

スポンサーリンク

紫式部まとめ

紫式部の人物像

まずは、紫式部の人物像をザックリと把握した方は、コチラをご覧ください。

FGOにも登場した紫式部!史実の評価と人物像を簡単解説
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 源氏物語の作者『紫式部』 彼女は様々なメディアに登場し、注目を浴びるこ...

紫式部は美人だったのか?

源氏物語の記述を元に、紫式部の顔を3Dソフトで復元してみました。

紫式部は美人か?源氏物語を元に顔を3Dソフトで写真風に復元
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 源氏物語の作者で、日本史における有名女性の筆頭でもある『紫式部』。 ...

引きこもりだった紫式部

紫式部は、とてもネガティブで引きこもりを経験したことのある女性です。

そんな彼女の引きこもりエピソードです。

源氏物語の作者 紫式部は暗い性格!紫式部日記に見る引きこもりの対処法
源氏物語の作者『紫式部』は中宮彰子に仕える女房として宮廷出仕していました。しかし当初は気が進まず嫌々出仕していたようです。その結果、彼女は出社拒否し、引きこもり生活に突入します。彼女が引きこもってしまった理由とは?そして社会復帰するため彼女がとった行動とは?源氏物語だけじゃない、紫式部の意外な一面に迫ってみましょう。

紫式部の性格が分かる『紫式部日記』に関して

紫式部は源氏物語だけでなく『紫式部日記』という文学作品も残しています。

源氏物語では分からない、彼女の性格が分かる、とても楽しい作品です。

紫式部日記の内容やあらすじ解説!清少納言について書かれた面白日記
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 紫式部と言えば源氏物語が代表作ですが、もう一つ、自身の日記を残しています。 ...
源氏物語だけじゃない!紫式部日記の現代語訳オススメ本3選
ご来訪ありがとうございます、 拓麻呂です。 紫式部と言えば源氏物語ですが、彼女の残したもうひとつの文学作品『紫式部日記』...

紫式部と藤原道長は愛人だったのか?

一説によると、紫式部と藤原道長は愛人関係だったと言われていますが、真相はどうなのでしょうか。

禁断の愛?紫式部と藤原道長は本当に愛人関係だったのか?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 一説によると、平安時代に絶大な権力を誇った『藤原道長』と、源氏物語の作者であ...

紫式部と安倍晴明は面識があったのか?

ゲームなどでも共演したりすることのある紫式部と安倍晴明。

史実での関りはあったのでしょうか?

紫式部と安倍晴明の意外な関係!二人は面識があったのか?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 優雅な貴族文化が花開いた平安時代の中期の人物でも有名な二人。 ...

源氏物語の誕生秘話

紫式部が源氏物語を書き始めた理由を解説します。

紫式部が源氏物語を書いた理由と書かれた時代!源氏物語誕生秘話
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 いまからおよそ千年前に書かれた源氏物語。 千年経った今でも、毎年のよう...

源氏物語執筆に関わる伝説

源氏物語の執筆は石山寺という場所で始まったと言う伝説があります。

そんな石山寺の伝説を検証します。

事実?伝説?滋賀県大津市の石山寺で紫式部は源氏物語を書いたのか
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 紫式部の源氏物語執筆には、ひとつの伝説があります。 場所は滋賀県大津市...

源氏物語が有名になった歴史的背景

現代まで読まれ続けている源氏物語ですが、どのような過程を経て、現代まで読まれ続けているのでしょうか。

紫式部の源氏物語はなぜ人気なのか?理由を歴史的背景で解き明かす
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 紫式部の超大作『源氏物語』。 千年の時を超えて現在まで読み継が...

源氏物語はなぜ世界で評価されているのか?

今や世界でも読まれている源氏物語。

源氏物語が日本でも海外でも評価されている理由を考察します。

日本が世界に誇る源氏物語!海外でも評価される理由を考察
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 現在、紫式部が書いた源氏物語は、20カ国以上の言語に翻訳され、世界各国で親し...

紫式部の娘『大弐三位』について

紫式部の娘『大弐三位(だいにのさんみ)』。

意外と知られていない、彼女の人物像や逸話をご紹介します。

紫式部の娘でキラキラ女子『大弐三位(藤原賢子)』の和歌や逸話
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 紫式部の娘『大弐三位(だいにのさんみ)』。 母が源氏物語の作者としてあ...

紫式部vs清少納言

何かとライバル扱いされる紫式部と清少納言を、様々な角度から比較してみました。

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子の清少納言。 源氏物語の紫式部。 現代も読み継がれ...

今後も、紫式部関連の記事を書き次第、随時追加しています。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。