源氏物語だけじゃない!紫式部日記の現代語訳オススメ本3選

ご来訪ありがとうございます、

拓麻呂です。

紫式部と言えば源氏物語ですが、彼女の残したもうひとつの文学作品『紫式部日記』。

源氏物語は小説なので、作者である紫式部のことは、あまり分かりません。

というか、源氏物語を読んだだけでは、紫式部が作者だということすら分かりません。

当ブログでも、紫式部を多く扱っていますが、その底本となっているのが紫式部日記です。

紫式部日記を読むことで、源氏物語の作者が紫式部だということが初めて分かります。

また、紫式部と清少納言がライバルだったと言われる所以は、紫式部日記の記述が元になっています。

他にも、彼女がどんな性格だったのか?

彼女は周囲の人間をどう見ていたのか?

彼女が仕えていた彰子(しょうし)の出産は、どのようにして行われたのか?

など、源氏物語では分かり得ない、紫式部のプライベートな部分が垣間見える作品。

それが『紫式部日記』です。

そんな紫式部日記を初めて読まれる方にオススメな一般書籍を3冊ご紹介します。

これから紫式部日記を読んでみようとお考えの際には、ぜひ参考になさってください!

スポンサーリンク

紫式部日記オススメ本3選

マンガで楽しむ紫式部日記

まずは、最も初心者向けな1冊をご紹介します。

  • 気軽に読みたい
  • 活字を読んでいると眠くなる

という方にオススメな、漫画になった紫式部日記です。

初めての方が楽しみながら読むのには最適です。

漫画になっているので、活字で読むよりも紫式部の心の内が分かりやすいです。

平安時代って今とは違う文化や価値観があるので、視覚で理解できると言うのは、初めての方にとってはありがたいのではないかと思います。

紫式部日記の中身全てを網羅していないのですが、面白い部分や有名なエピソードなどは、全て網羅されているので、紫式部日記ってどんな感じなのかをサクッとしることができます。

まずは、漫画で作品の雰囲気を掴んで、それから本格的な本に触れてみるのも良いですね。

スタンダードな初心者向けの1冊

初めて紫式部日記を読むけれど、漫画はちょっとな・・・という方にオススメな1冊です。

『ビギナーズクラシック』という古典シリーズです。

他の平安文学なんかも、ビギナーズクラシックから入る方も多いと思います。

原文+現代語訳で構成されており、各エピソードに対する解説も付いています。

また、巻末には紫式部日記のことや、作者の紫式部自身に関する解説も付いています。

ビギナーズクラシックなので、紫式部日記全編が網羅されておらず、有名な部分をピックアップしてあります。

ですが、初めての方にはちょうど良い分量です。

まずは、この本で作品の雰囲気を掴んでみるのがオススメです。

紫式部全編を網羅している1冊

初心者だけど、とにかく全部読んでみたいという方にオススメの1冊。

本書の構成としては、前半に原文が全て載っていて、後半に現代語訳で全編掲載しています。

なので、とりあえず全部読んでみたい場合には最適です。

また、本書の特徴として、紫式部日記に登場する全ての人物が紹介してあり、各人物の簡単な略歴が付いています。

何気にこれがありがたくて、各人物の関係を把握するのに役立ちます。

また、前述のビギナーズクラシック同様、紫式部自身に関する解説と、紫式部日記に関する解説が、さらに詳しく書かれています。

紫式部日記を全部盛りで楽しみたい方は、コチラが最適ですね。

まとめ

以上、紫式部日記のオススメ本3選でした。

紫式部日記は、彼女の人となりが分かるとても面白い日記です。

源氏物語だけでは分からない紫式部の人間性を、ぜひ楽しんでみてください。

では今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする