紫式部と安倍晴明の意外な関係!二人は面識があったのか?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

優雅な貴族文化が花開いた平安時代の中期の人物でも有名な二人。

一人は、源氏物語を世に送り出した女性『紫式部』

一人は、呪術を変幻自在に操る陰陽師『安倍晴明』

有名なこの二人には、歴史上なにかしらの関係があったのでしょうか?

スポンサーリンク

紫式部と安倍晴明

二人の関係性

結論から言うと、二人の関係性を示す歴史は残っていません。

直接的な絡みがあったのかもよく分かりません。

実際のところ、二人は年齢差が50歳くらいあります。

紫式部にとって、安倍晴明はお爺ちゃん世代です。

紫式部は生年がハッキリしていないのですが、式部が20代~30歳位の時に、安倍晴明は80歳前後。

安倍晴明は、陰陽師として朝廷で働いていたのですが、紫式部も朝廷の女房(皇后の世話係)として宮廷に出仕しています。

ですが、紫式部が宮廷出仕したころに、安倍晴明は亡くなっているので、ほとんど絡みは無かったものと思われます。

ちなみに安倍晴明は、当時としては異例の80代という長命を保っています。

意外な接点『藤原道長』

しかしながら、紫式部、安倍晴明ともに関わりのあった人物がいます。

『藤原道長』です。

摂関政治で有名な当時の権力者です。

紫式部が宮廷出仕したのは、道長の要請によるものですし、源氏物語は、道長がスポンサーに就いたことで完成しています。

また、紫式部が使えたのが、彰子(しょうし)という天皇の后で、この彰子は道長の娘です。

一説には、道長と式部は男女の関係であったとも言われています。

ともかくも、紫式部と藤原道長は、お互いの事を知る関係であったことは間違いありません。

一方、安倍晴明ですが、こちらも道長とのエピソードが残っています。

道長は当時の権力者ですから、彼の存在を良く思わない者もいました。

つまり政敵がいたわけです。

その政敵が、道長を呪詛する行為をしていましたが、晴明はその呪詛を見破って道長を救っています。

また、道長が毒の瓜をたべようとした時に、その瓜を解毒したりもしています。

(この逸話は、ちょっと伝説めいた部分が多いですが・・・。)

このように、紫式部、安倍晴明ともに関わりの深かった人物が『藤原道長』です。

年齢差も大きかった紫式部と安倍晴明ですが、もしかしたら藤原道長を介して面識があったり、お互いの存在くらいは知っていた可能性は、あるかもしれませんね。

紫式部より清少納言の方が面識があったかも・・・

以上、紫式部と安倍晴明の関係性でした。

実際はかなりの年齢差があり、お互いの存在は知っている程度の関係だった可能性が高いと思います。

個人的は、紫式部より清少納言の方が、晴明との絡みがあった可能性が高いのではないかと思います。

これも完全な妄想ですが、清少納言の方が紫式部より宮廷出仕していた時期が早いので、接する機会も多かった可能性はあるのかなと思います。

この頃の有名な人物って、基本的には宮廷内の人たちなので、お互いの顔くらいは知っていたのかもしれませんね。

ちなみに、紫式部と清少納言は、直接面識がなかったと言われています。

紫式部、安倍晴明、それぞれの単体記事はコチラです。

【紫式部】

紫式部が源氏物語を書いた理由と書かれた時代!源氏物語誕生秘話
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 いまからおよそ千年前に書かれた源氏物語。 千年経った今でも、毎年のよう...
源氏物語の作者 紫式部は暗い性格!紫式部日記に見る引きこもりの対処法
源氏物語の作者『紫式部』は中宮彰子に仕える女房として宮廷出仕していました。しかし当初は気が進まず嫌々出仕していたようです。その結果、彼女は出社拒否し、引きこもり生活に突入します。彼女が引きこもってしまった理由とは?そして社会復帰するため彼女がとった行動とは?源氏物語だけじゃない、紫式部の意外な一面に迫ってみましょう。

【安倍晴明】

陰陽師 安倍晴明の人間離れした伝説やエピソード集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 平安時代の陰陽師『安倍晴明』 呪術を操り、悪霊や鬼を退治する彼のイメー...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。