百人一首歌人!伊勢大輔のプロフィールと紫式部とのエピソード

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

知る人ぞ知る、平安時代の才女『伊勢大輔(いせのたいふ)』。

同時代の有名人『紫式部』とも関りが深い伊勢大輔についての逸話やプロフィールなどを、ご紹介します。

スポンサーリンク

才女 伊勢大輔

伊勢大輔のプロフィール

伊勢大輔は、永祚元年(989年)頃の生まれとされているので、清少納言や紫式部などと比べ、だいたい20歳前後年下だったことになります。

親子だったとしても全然珍しくない年齢差です。

藤原道長の娘で、一条天皇の妻『彰子(しょうし)』の女房として働いていました。

彰子には、紫式部や和泉式部も仕えていましたので、彼女たちとは同僚ということになります。

伊勢大輔の年齢的に、紫式部や和泉式部は大ベテランです。

また、晩年は白河天皇の養育にあたっています。

白河天皇と言えば、後に白川法皇(上皇)として、院政を敷いたことでも有名な天皇ですね。

伊勢大輔の没年はハッキリしていませんが、康平3年(1060年)以降ではないかと言われています。

紫式部とのエピソードと百人一首

伊勢大輔は紫式部との間に、あるエピソードを残しており、その逸話が百人一首に選出された和歌にも影響しています。

一条天皇の元に奈良から八重桜が献上されました。

伊勢大輔は、その桜を受け取る役目を任されました。

なお、本来この役目は紫式部に任されていたのですが、当時新参者だった伊勢大輔に花を持たせるため、紫式部が大役を譲ったのです。

伊勢大輔が御前に伺候している時、傍らにいた藤原道長から、その桜で和歌を詠めと命ぜられます。

伊勢大輔は、紫式部からの期待に応えるかのように、とても素晴らしい和歌を詠みあげました。

【いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな】

(いにしえの ならのみやこの やえざくら きょうここのえに においぬるかな)

【意味】古都奈良で咲いていた八重桜が、今日新しい都 京都に献上され、宮中で美しく咲き誇っています。

この和歌を受け、その場にいた彰子たちは大絶賛。

伊勢大輔は新参ながら、その実力を認められたのでした。

このエピソードは、新参者であった伊勢大輔の器量を推し量る為の試練であり、その試練を見事に乗り越えた伊勢大輔の才女っぷりを示すエピソードとして知られています。

そして、この時に読まれた和歌が、百人一首の六一番歌として選出されました。

この和歌が詠まれた直後、藤原道長は感嘆、周囲からもどよめきが起こったと言われています。

藤原道長の思惑?と紫式部の機転?

このような形で華々しい宮廷デビューを飾った伊勢大輔でしたが、その影には紫式部の機転がありました。

紫式部が桜の受け取り役を、伊勢大輔に譲ったからこそ、彼女は絶賛されることになりました。

この時の和歌が無ければ、伊勢大輔は百人一首に選ばれなかったかもしれません。

この時に役目を譲ったのが紫式部。

藤原道長から和歌を詠むよう要請されていることからも、紫式部本人の意志で役目を譲ったのかは疑わしいですが、なにしろ伊勢大輔に試練を与えたことには変わりません。

どちらにしても、伊勢大輔の人生を左右する大きな出来事であったことは間違いないでしょう。

まとめ

以上、伊勢大輔についてでした。

いかんせん情報の少ないので人物像が掴みにくいですが、桜の逸話や白河天皇の養育を任されていることなどからも、もこの時代を象徴する才女であったことは間違いありません。

清少納言や紫式部を始め、個性的な女性が集まっていたこの時代は、戦国時代や幕末に負けない面白さがあると、個人的には思っています。

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。