紫式部が源氏物語を書いた理由と書かれた時代!源氏物語誕生秘話

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

いまからおよそ千年前に書かれた源氏物語。

千年経った今でも、毎年のように翻訳されたりマンガになったりして、新しい出版物が刊行されるほどの人気を誇る文学作品です。

そんな源氏物語を書いたのが紫式部ですが、彼女はなぜ源氏物語の執筆を始めたのでしょうか?

また、源氏物語はどのくらいの時代に完成した作品なのでしょうか?

今では様々な言語に翻訳され世界中の人々に愛される、世界最古の女流長編小説『源氏物語』の誕生秘話をお届けします。

スポンサーリンク

源氏物語の誕生秘話

源氏物語の執筆理由

源氏物語が書かれた理由に関しては、様々な説があり今なおハッキリとした答えが出ていません。

よく言われる説としては・・

  • 物語を書くのが好きな文学少女だったから
  • 時の権力者である藤原道長に書かされた
  • 夫が亡くなった悲しさを紛らわすために書いた
  • 主人公の光源氏のモデルになった人のために書いた

などなど。

ですが、僕の中で答えは決まっています。

紫式部が源氏物語を書いた理由は、大きく3つのステップに分けられます。

  1. 書き始めた発端は、夫が亡くなった悲しみを紛らわすため
  2. 書き続けた理由は、単純に物語を書くのが好きだったから
  3. 完成した理由は、藤原道長がスポンサーに付いたから

こんな感じになりますが、やっぱり『紫式部は物語を書くのが好きだったから』というのが、一番の執筆理由ではないかと考えています。

つまり、源氏物語は紫式部のライフワークで書き進められた、というのが僕の考えです。

源氏物語が有名になる経緯

源氏物語は、紫式部が宮廷出仕を始める前から書き始められています。

当時、紙はとても貴重なものだったので、そう簡単には手に入りません。

なので、最初は『枡型本(ますがたぼん)』と言われる小さな冊子に書いていました。

枡型本を現代風に例えるなら、文庫本サイズくらいのものだと思って頂ければ良いかと思います。

最初は書きあげた物語を友人などに読んでもらうような、趣味の一環として書いていました。

源氏物語と言えば、とんでもない長編作品ですが、最初は『空蝉編』『夕顔編』のように、読切作品のような形で書いていたと思われます。

そんな感じで書いている内に、源氏物語は面白い物語という徐々に評判となっていきます。

この評判が宮廷にまで聞こえるようになり、時の権力者『藤原道長』の要請により、紫式部は宮廷に仕えるようになります。

紫式部は気乗りしませんでしたが、無理やり宮廷に引っ張り出されたような形になり、この後、彼女はひどい目に合うのですが・・・

この辺の話は、本題と逸れるので割愛しますが、別の記事にしていますので、よろしければご覧ください。

源氏物語の作者 紫式部は暗い性格!紫式部日記に見る引きこもりの対処法
源氏物語の作者『紫式部』は中宮彰子に仕える女房として宮廷出仕していました。しかし当初は気が進まず嫌々出仕していたようです。その結果、彼女は出社拒否し、引きこもり生活に突入します。彼女が引きこもってしまった理由とは?そして社会復帰するため彼女がとった行動とは?源氏物語だけじゃない、紫式部の意外な一面に迫ってみましょう。

一説には、源氏物語の執筆理由は藤原道長のバックボーンに支えられていたとも言われます。

ですが、道長が源氏物語を知ったのは、物語が評判になってからなので、根本的な執筆理由にはならないと、僕は考えています。

紫式部の宮廷出仕後も、道長がスポンサーのようになり続きが書かれていたようですが、それは後々のことです。

宮廷出仕後の紫式部の源氏物語への想い

紫式部は源氏物語とは別に、もう一つ『紫式部日記』という文学作品を残しています。

この紫式部日記に、面白いことが書かれています。

それは、宮廷出仕後に道長の要請で続きを書いていた源氏物語への想いです。

源氏物語は紫式部が仕えた『彰子(しょうし)』も読んでいました。

彰子は天皇の妻であり、藤原道長の娘です。

有名になった源氏物語の作者である紫式部。

その紫式部が仕える彰子。

それは道長にとって、娘の彰子の権威付けにもなり、自身の威厳にもなります。

そのような中で、最初は粗末で小さな紙に書かれていた源氏物語が、豪華で綺麗な紙に編集されていくさまが、紫式部日記に書かれています。

綺麗に飾られ新しくなった源氏物語を見て、紫式部は日記の中で、こう漏らしています。

原文を現代風にすると、こんな感じです。

『試しに新しくなった源氏物語を手に取ってみましたが、昔のような感じがしない・・』

『こんなのは私が書いた源氏物語ではない・・私は愕然としました・・』

この言葉に、紫式部の源氏物語に対する想いが全て詰め込まれていると、僕は考えます。

その想いは、彼女の源氏物語の執筆理由に繋がります。

原点である粗末な枡型本に書かれていた源氏物語こそが、紫式部自身が愛した源氏物語。

元々、書くのが好きで書いていたからこそ、好きで書いていた源氏物語を愛していたからこそ、紫式部の意志に反し権威に利用され、絢爛豪華に装飾されて、独り歩きしていった源氏物語。

紫式部日記の記述には、彼女の源氏物語に対する素直な想い、源氏物語が独り歩きしていった悲しみが秘められています。

好きでなければこんな感情は湧かないでしょうし、好きで書いていた源氏物語に愛情を持っていたからこそ感じた紫式部の『物語の執筆』に対する想いだったのかなと感じます。

源氏物語はいつ頃書かれ、いつ完成したのか?

最後に源氏物語がいつ書かれ、いつ完成したのかをお伝えします。

これについてもハッキリしたことは分かっていないのですが、源氏物語の完成時期は西暦1008年頃とされています。

紫式部が宮廷出仕を始めたのが1006年頃と言われているので、宮廷出仕してから約2年くらいで完成したようです。

では書き始められたのがいつ頃なのでしょうか?

一般的には、夫が没した半年後に書き始めたと言われています。

その夫は『藤原宣孝』という人物です。

そして宣孝が無くなったのが1001年。

なので執筆開始は1001年~1002年頃。

完成したのが1008年頃。

約7年くらいで書き上げたことになります。

源氏物語の文字数は、現代の一般的な400字詰めの原稿用紙で2400枚くらいなので、執筆から完成までの約7年(2555日)で平均すると、だいたい1日に原稿用紙1枚弱くらいのペースで書いていた計算になります。

まぁ、あくまで平均なので、いっぱい書いたり全然書かなったりした日もあったと思いますが。

スポンサーリンク

書くことが好きだった紫式部

以上、紫式部が源氏物語を書いた理由と、書かれた時代でした。

源氏物語の執筆理由、僕はやぱり好きだったからだと思っています。

好きだったからこそ、自分の手を離れていく源氏物語を見て、自分の作品と思えなくなってしまったのではないか。

また、好きでなければ原稿用紙2400枚にも及ぶ物語を、果たして書き上げることができたのだろうか?

そんな風に想います。

そう考えると、源氏物語って紫式部の想いが籠った作品でもあり、彼女の意図と反して権威の道具に使われてしまった悲しい作品でもあるのかなと、僕は想っています。

僕が現代語で一番読みやすくて楽しめると思う一冊はコチラです。

紫式部と清少納言に関する記事は、コチラにまとめてあります。

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子の清少納言。 源氏物語の紫式部。 現代も読み継がれ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。