国風文化が生まれた理由と特徴!かな文字と清少納言や紫式部の活躍

ご来訪ありがとうございます!

『女性の活躍は平和の象徴』拓麻呂です。

今からおよそ千年前の平安時代・・

この日本にあるひとつの文化が誕生しました。

海外の影響を受けていない日本独自の文化・・

その文化を

『国風文化(こくふうぶんか)』

と後世の我々は呼んでいます。

この国風文化には、現代に通じる女性たちの活躍を見出すことが出来ます。

平安時代中期にキラ星の如く現れた才女たち。

今回は、そんな国風文化から見えてくる女性の活躍、そしてその背景にある平和な時代に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

『国風文化』と女性の活躍

国風文化とは?

では、まず国風文化の概要を簡単にお伝えします。

国風文化とは平安時代中期(10世紀から11世紀頃)に栄えた文化です。

今からおよそ千年前ですね。

同時代の有名人は『藤原道長』。歴史の教科書にも『摂関政治(せっかんせいじ)』の中心人物として取り上げられる超大物です。

国風文化誕生以前にも『天平(てんぴょう)文化』や『弘仁・貞観(こうにんじょうがん)文化』など様々な文化が発展しますが、これらの文化はお隣の国『唐』の影響を受けていました。

しかし、この時代のちょっと前、菅原道真によって『遣唐使(けんとうし)』が廃止されます。

これにより、日本と唐(中国)との交流がなくなったことで、日本オリジナルの文化が発達、あるいは加速していくことになりました。

このような背景の元で誕生したのが、日本風の文化『国風文化』です。

才女たちが形作る国風文化

その国風文化を形成する要因は『古今和歌集』の編纂や、最古の仮名物語『竹取物語』などいろいろな要素がありますが、その中でも特筆すべきは『女流文学』の発展です。

世界最古の女流随筆『枕草子』の作者『清少納言(せいしょうなごん)』

世界最古の女流長編小説『源氏物語』の作者『紫式部(むらさきしきぶ)』

恋多き女性として数多くの和歌を残した『和泉式部(いずみしきぶ)』

他にも『赤染衛門(あかぞめえもん)』伊勢大輔(いせのたいふ)

この頃、藤原氏は娘を天皇に嫁がせ、親戚になることで権力を手にしていました。(歴史用語では外戚と言います)

そして天皇に嫁いだ娘に、有能な『女房』と言われる女性たちが仕えていました。『女房』とは天皇のお后様の身の回りのお世話、話し相手、そして教育係として仕えた女性たちです。

この女房といわれる女性が、清少納言や紫式部に代表される平安時代の才女たちです。

余談ですが、これは男ではダメなのです。天皇のお后様は『天皇の子供』を生まなければいけませんので、男性が入り込むと誰の子供だか分からなくなる可能性があります。

江戸時代の大奥なども、これと同じです。

このような背景の元、天皇のお后様と女房たちによる『後宮サロン』が誕生します。

この女性だけの華やかな『後宮サロン』の出現が、女流文学の発展、つまり女性たちが活躍する土台として機能していくのです。

かな文字の誕生

このような『後宮サロン』という女性が活躍する場が現れたことで、そこに出仕する女性たちがセンスを発揮し始めます。

また、この頃から『かな文字』つまり平仮名が誕生し、女流文学発展に大きく影響しています。

当時は『漢字は男性が書く文字』とされていたので、『平仮名』が誕生したことで女性も文字が書けるようになったのです。

なので『平仮名』は、元々女性が書く文字だったのです。

このような時代背景の元、女房たちがそれぞれの個性を発揮し、小説、随筆、和歌、日記などの様々な文学が発展しました。

平和の象徴『国風文化』

かなり要点を絞っていますが、以上が国風文化の大まかな概要となります。

そして、もう一つ。

国風文化を形作る大きな要素が存在しています。

それは、

国風文化の時代が平和だったということ。

女性が活躍する時代とは、その背景に『平和』があるのです。

平和では無い時代を仮に『乱世』としましょう。

世の中が乱世だと、当然ながら戦争が起こります。

戦争とは戦いであり腕っぷしの強い男性の方が重宝されます。

つまり乱世とは男性が活躍する時代であり、力で劣る女性は男性を支える脇役とならざるを得なくなります。

人類の歴史とは残念ながら戦争の繰り返しです。これは日本史だけでなく世界史でも同様です。

ところが平安時代中期には目立った戦争が起こっていません。政治的な小競り合いは発生していますが、それが武力衝突には発展していないのです。

ジャンヌ・ダルクのような武勇に優れた女性が現れることもありますが、それはあくまで個人の活躍であり、社会的に女性が活躍する場があったわけではありません。

しかし、日本では今からおよそ千年前に女性に活躍の場が与えられ、その時代に生きた女性たちの名(女房名)が現代まで伝わり、その作品が今でも読み継がれています。

特に源氏物語は、世界最古の女流文学として世界で親しまれる作品にまでなっています。

この事実は、日本が千年前に成し得た世界史における奇跡です。

世界史を見渡した時、確かに一時の平和が訪れている事もあります。

ただ、そこに女性が活躍する社会は現れていません。

そして、また戦乱の世に突入していきます。

ところが日本は国家の中枢である宮廷に女性が活躍する舞台が整えられ、そこに集った女性たちが『文学』というジャンルでそのセンスを輝かせたのです。

この時代に男性が残した『文学』も確かに存在はしています。

『御堂関白記』、『小右記』など・・・。

しかし、『源氏物語』や『枕草子』の知名度には遠く及びません。

しかも、歌人 紀貫之(きのつらゆき)が女性に成りきり、あえて平仮名で書いた『土佐日記』なるものまで残っています。

この事実からも、平安中期の女流文学が如何に発達したものだったかが推測できます。

偶然であろうと必然であろうと、千年前に女性が大いに活躍した日本の先進性。

これこそが国風文化の素晴らしさであり、日本が成し得た世界に誇る歴史なのです。

スポンサーリンク

国風文化に見る現代社会

現代でも、女性の社会進出が叫ばれ、実際に女性たちが活躍しています。

これは、国風文化の時代と同様、現代社会が平和な証です。

様々な社会問題を抱えている現代日本ですが、その根底には平和な社会が土台としてあるんです。

平和だったとは言え、国風文化の時代にも社会問題はありました。

しかし、そんな社会問題にも負けず、平安女性たちはそのセンスを発揮し、時には前向きに、時には引きこもりつつ、その人生に花を咲かせました。

平和な世の中を世界に先駆け実践していた国風文化、そしてその時代をたくましく生きた才女たちは、千年の時を超え、現代社会の進むべき道を示し続けているのです。

千年前に女性が活躍する社会が確立していた日本。

現代の女性たちも、どんどん社会に出て良いのです。

好きな事をやって良いのです。

その証拠に、清少納言は枕草子の中でこのような言葉を残しています。

『ただ家庭に入り小さな幸せに満足しているだけではつまんない!』

『立派な娘には宮廷出仕をさせて、社会を知り、見聞を広めてもらいたいと私は思っています!!』

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓歴史の本屋さん↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。