子供時代の西郷隆盛!英雄を育てた薩摩藩オリジナルの郷中教育とは?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

鹿児島の英雄『西郷隆盛』

出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本人の肖像』より

彼は『日本人が最も好きな日本人』とさえ言われるほどの人気者です。

そんな西郷さんの人気は、持ち前の親しみやすい一面であったり、明治維新を実現した英雄としての一面だったりと様々です。

では、なぜ西郷さんが『日本人が最も好きな日本人』となり得る事が出来たのでしょうか?

それは、幼少期の西郷さんを育んだ、薩摩独自の教育制度『郷中教育(ごじゅうきょういく)』に見出すことが出来ます。

そんな『郷中教育』とは、一体どのような教育制度だったのでしょうか?

西郷さんを英雄たらしめた『郷中教育』のお話です。

スポンサーリンク

薩摩の教育制度『郷中教育』

郷中教育とは?

では、郷中教育とはどのような教育制度だったのでしょうか?

今風に言うと、それぞれの町内会で実施していた教育制度のようなものです。

薩摩藩は城下町の一定範囲を『郷』で区分していました。

この『郷』が、現代で言う所の〇〇町みたいなものです。

それぞれの『郷』で暮らしている子供たちは、それぞれの『郷』で寄り集まって教育を受けました。

なので『郷中教育(ごじゅうきょういく)』と言われています。

西郷さんが生きた幕末の薩摩藩には、全部で23の郷中がありました。

郷中教育の特徴

そんな郷中教育ですが、大きな特徴があります。

子供の教育とは、普通であれば先生という存在が明確にいます。

その先生から教育を受けるのが一般的です。

しかし、薩摩の郷中教育は違いました。

郷中教育は、年長者が年少者を教育していく制度なんです。

郷中教育の構成を列記してみます。

長老(おせ)・・・24、25歳以上

二才(にせ)・・・14、15歳~24、25歳以上

長稚児(おせちご)・・・11歳~14、15歳

小稚児(こちご)・・・6、7歳~10歳

つまり・・

長老(おせ)が二才(にせ)を教育し、

二才(にせ)が長稚児(おせちご)を教育し、

長稚児(おせちご)が小稚児を教育する。

このように、年長者が年少者を教育する仕組みです。

薩摩藩がこのような教育制度を実施していたことが、屈強な薩摩藩士を生み出す原動力となります。

郷中教育を受けた薩摩藩士たちは、人材育成の重要性を身を持って体験し、その責任感を強めていったことでしょう。

郷中教育の内容

では、郷中教育の中身はどのようなものだったのでしょうか?

立場によって内容が異なりますが、列挙すると以下のようなものになります。

  • 相撲
  • 合戦を意識した模擬戦
  • いろは歌や物語の暗唱
  • カルタ
  • 魚釣り
  • 剣術の稽古
  • 読書(太閤記や三国志などの伝記類)

現代の学校の授業とは、かなり内容が違いますが、これが主な郷中教育の中身です。

幕末とは言え、当時はまだ武士の時代ですから、教養ある強い男になる為に、このような教育をしていました。

郷中教育が輩出した人物たち

薩摩藩が明治維新の大きな原動力となりました。

そして、明治維新を成し遂げ、その後の明治新政府で活躍した薩摩藩士は、郷中教育を受けて育ちました。

西郷隆盛はもちろんのこと、西郷さんの弟の西郷従道

出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本人の肖像』より

西郷さんの従弟にあたる大山巌

出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本人の肖像』より

西郷さんの盟友 大久保利通

出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本人の肖像』より

バルチック艦隊と激突した日本海海戦で驚異の東郷ターンを見せた東郷平八郎

出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本人の肖像』より

後に陸軍大将を勤めた黒木為楨。

出典:国立国会図書館ウェブサイト『近代日本人の肖像』より

このように郷中教育は、多くの薩摩藩士を輩出しました。

郷中教育は、明治維新や日露戦争勝利をもたらす英雄たちを生み出した、奇跡の教育制度だったんです。

スポンサーリンク

薩摩の郷中教育、長州の松下村塾

薩摩藩と同様に、明治維新を代表する雄藩がもうひとつ存在します。

長州藩です。

この長州藩で有名なのが、吉田松陰の松下村塾です。

松下村塾は、高杉晋作や伊藤博文など、幕末から明治にかけて日本を主導していく人物を輩出しました。

僕は、長州藩士を生み出した根底に松下村塾にあったのならば、薩摩藩士には郷中教育があったのだと思っています。

松下村塾ほど有名ではない郷中教育・・・

しかし郷中教育は、松下村塾に引けを取らない、日本を明治維新へと導く教育制度であった。

そう言っても過言ではないのではないでしょうか。

↓明治維新のまとめ記事はコチラ↓

明治維新150年記念!長州藩と薩摩藩の幕末人物エピソード
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2018年は明治維新150周年の年回り。 明治維新が日本にとっ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。