清少納言と紫式部!百人一首の意味と解説!和歌に見る性格の違いとは?

ご来訪ありがとうございます。

『清少納言に恋をして紫式部と友達になりたい』拓麻呂でございます。

鎌倉時代初期に活躍した『藤原家定(ふじわらのていか)』

彼が後世に残したものとして、現在でも日本人に親しまれているものがあります。

『小倉百人一首』

現在、一般的に百人一首と言えば、この『小倉百人一首』のことを指します。

百人一首には、『天智天皇』から『順徳院』まで、つまり飛鳥時代末期から鎌倉時代初期の計百首の和歌が収められています。(なお天智天皇とは大化の改新で有名な中大兄皇子です)

そして、百人一首に選ばれた歌人の中には、現代人も知っている有名な女性がいます。

一人は世界最古の女流随筆『枕草子』の作者

清少納言

出典:Wikipediaより 枕草子絵巻 鎌倉時代

もう一人は、世界最古の女流長編小説『源氏物語』の作者

紫式部

出典:Wikipediaより 土佐光起筆 石山寺蔵

この有名女性たちが詠んだ和歌には、二人の性格が顕著に表れた、大変興味深いものとなっています。

今回は、そんな二人の才女が詠んだ和歌の内容、そして、そこから見えてくる二人の性格に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

百人一首に見る清少納言と紫式部

百人一首62番歌 清少納言

では、まず清少納言の和歌から見ていきましょう。

百人一首に選ばれた彼女の和歌はこうです。

夜こめて 鳥のそらねは はかるとも

よに逢坂の 関はゆるさじ

(よをこめて とりのそらねは はかるとも よにおう(あふ)さかの せきはゆるさじ )

この和歌を現代風に言い換えると、このようになります。

『まだ夜が明けない内に、鶏の鳴き真似をして函谷関の番人を騙しても、逢坂の関は開きませんよ。私だって騙されて戸を開けるようなことは絶対しませんから!』

??

現代語にしても、なんだか分かりづらいですね・・・。

この和歌は、中国の『史記』という歴史書の孟嘗君(もうしょくん)のエピソードを例えて詠んでいます。

漢詩の知識をひけらかしていた清少納言なので、彼女らしいと言えばらしい和歌ですが・・・

この和歌が詠まれた経緯が、彼女の作品『枕草子』に書かれています

中国の故事に引っ掛けたやり取りなので、ちょっと小難しい話なのですが、そのエピソードも交え出来るだけ簡単にお伝えします!

清少納言の和歌の意味

枕草子によると、この和歌は清少納言と藤原行成(ふじわらのこうぜい、ゆきなり)のやり取りの中で詠まれています。

赤線部分がちょっと意味がわかりづらいと思いますので、随時解説を入れていきます。

ある夜、藤原行成と清少納言は雑談しながら過ごしていましたが、行成は用事があると言って突然帰ってしまいました。

そして翌朝、行成が清少納言に手紙を寄こしてきました。その手紙にはこう書いてありました。

『あなた(清少納言)と一緒に夜を明かそうと思っていたのですが、鶏の鳴き声にせかされまして・・・』

(赤線部の『鶏の鳴き声』がポイントになります。この後『鶏の鳴き声』を巡って二人のやりとりが展開されていきます)

その手紙を読んだ清少納言は、早速お返事を書きました。

『その鶏の声は、函谷関(かんこくかん)の鶏だったんじゃないですか?』

(『函谷関の鶏』とは孟嘗君の逸話を元にしています。その逸話とは、孟嘗君は函谷関という関所を突破する為、鶏の鳴き真似をして門を開けさせた、というお話。つまり、清少納言は行成が聞いた『鶏の鳴き声』は『偽の鳴き真似』だったんでしょう?と言っている訳です。要するに『行成さん、あなたは早く帰りたかっただけでしょう?』と嫌味を言っているのです)

すると、また行成から手紙がきました。

『いやいや、とんでもない!開いたのは函谷関ではなく、逢坂の関ですよ』

(『逢坂の関』とは実際に日本にあった関所です。ここで行成は『逢坂』に引っ掛けて『逢う(あう)→『会う(あう)』と言っているのです。つまり、『函谷関じゃなくて逢坂の関が開いたから、僕は清少納言さんに会うことが出来る!嬉しいです!』と少々クサいことを言っているのです』)

この手紙を目にした清少納言は、さらに返事をしたためます。ここで清少納言は、百人一首に選出された和歌を詠むのです。

『夜こめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ』

この流れを踏まえて、もう一度この和歌の現代語を見てみましょう。

『まだ夜が明けない内に、鶏の鳴き真似をして函谷関の番人を騙しても、逢坂の関は開きませんよ。私だって騙されて戸を開けるようなことは絶対しませんから!』

結果的に、行成は清少納言に突っぱねられたことになります・・・。

清少納言の和歌から感じる事

百人一首に選出された清少納言の和歌から感じる印象はこうです。

清少納言は、男性相手に一歩も引かない、気の強さがある。

枕草子には、中国の故事や漢詩を使った機知に富んだやり取りが多く記されています。

当時は漢詩や漢字の知識は女性が持つものではないとされていました。

しかし清少納言は、そんなことに構うことなく、枕草子の中で縦横無尽に知識をひけらかしています。

強気というか、自由奔放というか、目立ちたがりというか・・・。

清少納言の表面的な性格はこんな感じです。

しかし、枕草子の裏にあるのは清少納言の悲しい想いなので注意してください。

この辺が気になる方はこちらの記事をごらんください。

枕草子に隠された秘密・・清少納言が定子に捧げた悲しみのエッセイ
清少納言が残した『枕草子』。世界最古の女流エッセイと言われる枕草子が書かれた意図は何だったのでしょうか?そして清少納言はどのような想いで日々の日常を綴っていたのでしょうか?その背景には、権力闘争に巻き込まれた二人の女性の姿。底抜けに明るい枕草子の裏に秘められた悲しい現実。そんな枕草子の本質に迫ってみましょう。

ちなみに、清少納言と藤原行成のやりとりには後日談があります。

実は微笑ましく終わるエピソードとなっていますので、気になる方は枕草子を要チェックです。

出典:Wikipediaより 枕草子絵巻 鎌倉時代

では、次に紫式部を見ていきましょう。

百人一首57番歌 紫式部

百人一首に選ばれた紫式部の和歌はこうです。

めぐり逢ひて 見しやそれとも 分かぬ間に

雲隠れにし 夜半の月影

(めぐりあい(ひ)て みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よわ(は)のつきかげ)

なお紫式部の和歌は、清少納言のように難解ではないので現代語にすると、とても分かりやすいと思います。

ちなみに、この和歌、解釈の仕方が人それぞれなので、あえて二つの現代語を載せてみます。

まずは、これ。一般的にはこっちで訳されることが多いです。

『私が見たのは月だったのかも分らぬうちに隠れてしまった夜半の月、久しぶりに会えた幼馴染も、その姿がはっきり見えぬ内に姿を隠してしまいました』

そして、次はこれ。僕はこっちの方が好みです。どこか哀愁があり紫式部の心が伝わってくるような気がします。

『久しぶりに会えた幼馴染、楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、雲に隠れる月影のようにお別れの時が来てしまった』

どちらの方が、グッときますか?

和歌とは、31文字で表現されますが、その背景には詠み手の想いが隠されています。その想いを想像しながら和歌に触れるのもまた楽しいものです。

紫式部の和歌から感じる事

あえて二つの解釈を紹介しましたが、この和歌から感じ取れる紫式部の印象は、どちらも同じです。

紫式部は源氏物語の作者としてあまりにも有名ですが、その他にも『紫式部日記』というものを後世に残しています。

この日記の中で紫式部は様々な心情を吐き出していますが、そこから感じ取れるのは彼女の暗いイメージ。

人付き合いに悩み、あえて愚かなフリをし、同じ宮廷女房たちへの不満タラタラ・・・しまいには清少納言を痛烈批判・・・。

源氏物語という長編小説を黙々と書き上げたことからも想像できますが、彼女はあまり社交的なタイプではなかったように感じます。

当然、友人も多くはなかったでしょう。

そんな彼女が久しぶりに会えた仲の良い幼馴染。

どの位の時を一緒に過ごしたのかは分かりません。でも、彼女はその時間がとっても楽しく、いつまでも喋っていたかった。

自分の素をさらけ出して話せる大切な幼馴染。

しかし、そんな楽しい時間は終わりを迎え、幼馴染は目の前から姿を消してしまった・・・。

また一人ぼっちになってしまった・・・。

どうでしょう?

紫式部のちょっと切なく、悲しい想いが伝わってきませんか?

出典:Wikipediaより 土佐光起筆 石山寺蔵

明るい清少納言と暗い紫式部

以上、百人一首から見えてくる清少納言と紫式部でした。

清少納言はいつも元気で活発、枕草子からは彼女がゲラゲラと笑っている声が読む者の耳に聞こえてきます。

一方の紫式部。彼女はどこか影があり、その和歌にもどこか哀愁が漂います。

『和歌』という観点から見ると、僕は紫式部の方が好みです。

和歌とは、詠む者の心、そして詠まれた時の情景。

31文字には現れていない魅力が、その裏側に隠れています。

そう言った意味で紫式部の和歌は、彼女の心や詠んだ時の情景が瞼の裏に浮かんできます。

是非あなたも和歌に触れる時は、そっと目を閉じ、その裏にある詠み手の心を覗いてみてください。

きっと、詠み手の喜怒哀楽があなたの胸にも響いてくるはずです。

スポンサーリンク

藤原定家の『小倉百人一首』

以前、こんな記事を書きました。

清少納言と紫式部!性格の違いを徹底比較!恋人にするならどっち?
清少納言と紫式部。枕草子と源氏物語を後世に伝えた平安時代の女流文学者です。よくライバル扱いされる彼女たちですが、その生い立ちや経歴は非常に似ています。しかし、その性格はと言うと全くの正反対。今回は枕草子と紫式部日記から読み取れる二人の性格に迫ってみたいと思います。あなたはどっちが好みですか?

この記事では、清少納言は『陽』、紫式部は『陰』という結論に至ったのですが、今回の記事でも同じような結果になりました。

百人一首の和歌を選んだのは『藤原定家(ふじわらのていか)』ですが、よくぞこれほどまでに彼女たちの性格を現した和歌を選んだものだと感心するばかりです。

そんな藤原定家が選んだ百首の和歌・・・それぞれに詠み手の想いや性格が詰まっています。

百人一首に触れる時は、単なるカルタ遊びとしてではなく、ぜひ和歌の内容にも目を向けてみてください!

きっと百名の歌人たちも喜ぶと思いますよ!

他にも、いろんな角度から二人を比べてみました。

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子の清少納言。 源氏物語の紫式部。 現代も読み継がれ...

清少納言と紫式部、それぞれの記事はコチラ

清少納言が枕草子を書いた理由とは?春はあけぼの誕生秘話
枕草子の作者である清少納言。この枕草子1000年前のブログと言われています。このブログは何をきっかけに書き始められ、どのように広まっていったのでしょうか?現代にも通じる枕草子誕生の物語です。
源氏物語の作者 紫式部は暗い性格!紫式部日記に見る引きこもりの対処法
源氏物語の作者『紫式部』は中宮彰子に仕える女房として宮廷出仕していました。しかし当初は気が進まず嫌々出仕していたようです。その結果、彼女は出社拒否し、引きこもり生活に突入します。彼女が引きこもってしまった理由とは?そして社会復帰するため彼女がとった行動とは?源氏物語だけじゃない、紫式部の意外な一面に迫ってみましょう。

歴史ブログや動画で有名な『ねずさん』が百人一首の全和歌を解説した素晴らしい一冊です。

では、今回はこの辺で!ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。