枕草子入門!作者は誰?書かれた時代はいつ?書いた理由や場所は?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

今からおよそ千年前に完成した世界最古のエッセイ『枕草子』。

この枕草子の基本情報をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

枕草子の基本情報

枕草子を書いた人は誰?

枕草子の作者は『清少納言』という女性です。

読み方は『せい しょうなごん』です。

語呂的に『せいしょう』と『なごん』で区切るような感じがしますが、正しくは『せい』『しょうなごん』です。

この『清少納言』という名前は、彼女の本名ではなく同時のあだ名のようなものです。

(正確には女房名と言います)

本名はハッキリ分かっていませんが、一説には『清原諾子』と言われています。

読み方は『きよはらのなぎこ』です。

清少納言の『清』は、この『清原』から来ています。

『少納言』は、彼女の親戚筋で少納言という役職に就いていた人から取られたと思われますが、ハッキリしていない部分もあります。

清少納言の本名に関しては、コチラの記事で詳しく書いてみましたので、興味ある方はご覧になってみてください。

紫式部と清少納言の本名は何だったのか?女房名の由来と解説
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋をして紫式部と友達になりたい』拓麻呂です。 平安時代を生きた二人の女...

枕草子が書かれた時代はいつ頃?

清少納言が枕草子を書いたのは、平安時代の真ん中あたりです。

西暦で言うと、ちょうど1000年前後になります。

正確な執筆時期はハッキリしていないのですが、枕草子の内容から察するに、西暦995年頃に書き始め、1001年頃には完成していたのではないかと思われます。

なお、同時期に書かれた作品として有名なのが『源氏物語』です。

(厳密には、源氏物語の方が少し後に書かれています)

枕草子を書いた理由は?

清少納言が枕草子を書いた動機は、当時とても貴重だった紙を手に入れたからだと言われています。

清少納言は宮廷に出仕しており、天皇の妻である『定子(ていし)』という女性にお仕えしていました。

その定子から紙を貰い受け、その紙に日々感じたことなど綴っていくことになります。

この時の、清少納言と定子のやり取り、枕草子が有名になっていく経緯などの詳細はコチラをご覧ください。

清少納言が枕草子を書いた理由とは?春はあけぼの誕生秘話
枕草子の作者である清少納言。この枕草子1000年前のブログと言われています。このブログは何をきっかけに書き始められ、どのように広まっていったのでしょうか?現代にも通じる枕草子誕生の物語です。

枕草子を書いた場所は?

枕草子を書いていた場所は、大きく分けて2つあります。

一つは、清少納言の勤め先であった宮廷。

清少納言はいわゆる宮仕えをしていたのですが、基本的には泊まり込みで働いています。

泊まり込みで働く、と言うとちょっと過酷な感じがしてしまうのですが、普通に宮廷内で暮らしているようなイメージです。

なので、宮廷内は生活の場でもあるので、そこで書いていたことは想像できます。

そして、もう一つは、清少納言の実家です。

コチラは枕草子にハッキリと書いてあります。

清少納言は、とある事件がキッカケで、宮仕えを辞して実家に帰ってしまった時期があります。

この時に『暇だったから書いた』というようなことを、枕草子の後書きで明言しています。

実はこの時の『とある事件』には、清少納言が枕草子に秘めた本当の執筆理由が隠されています。

そこには清少納言が直面した現実への悲しい想いが秘められています。

コチラの記事に詳しく書いてありますので、ぜひご覧になってみてください。

枕草子に隠された秘密・・清少納言が定子に捧げた悲しみのエッセイ
清少納言が残した『枕草子』。世界最古の女流エッセイと言われる枕草子が書かれた意図は何だったのでしょうか?そして清少納言はどのような想いで日々の日常を綴っていたのでしょうか?その背景には、権力闘争に巻き込まれた二人の女性の姿。底抜けに明るい枕草子の裏に秘められた悲しい現実。そんな枕草子の本質に迫ってみましょう。

まとめ

以上、枕草子の基礎知識でした。

簡単にまとめますと・・・

  • 枕草子を書いた人→→→清少納言
  • 枕草子が書かれた時代→→→平安時代の中頃、西暦1000年くらい
  • 枕草子を書いた理由→→→主の定子より、当時貴重だった紙を賜ったから
  • 枕草子を書いていた場所→→→清少納言の実家、宮廷内

ということになります。

枕草子関連の記事をコチラにまとめましたので、さらに深堀したい方はぜひご覧になってみてください。

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 このページは、枕草子WEB辞典です。内...

枕草子入門にピッタリの一冊。

枕草子の内容をマンガにしたものです。

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。