好きだったけど憎き男!藤原道長と清少納言の意外な関係とは?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも 無しと思へば

摂関政治で有名な、御堂関白『藤原道長』が詠んだ有名な和歌です。

『自分の権力は盤石で、満月のように欠けた部分が無い』というような意味です。

そんな道長が権力を手にしていた平安時代の中期、同じ時代を生きていた一人の女性がいます。

枕草子の作者『清少納言』

彼女は宮廷出仕していたこともあり、道長の姿を非常に近くで見ていました。

そんな清少納言は、時の権力者である藤原道長と、どのような距離感でどのような関係だったのでしょうか?

この記事では、清少納言が、藤原道長とどのような関係で、彼のことをどう思っていたのかをお伝えします。

スポンサーリンク

藤原道長への清少納言の感情

清少納言と藤原道長

まず前提として、清少納言が宮廷出仕していた時期は、道長が権力を手にする少し前になります。

とは言え、道長の兄である『藤原道隆』が実権を握っていたため、弟である道長もそれなりの地位にはいます。

清少納言から見れば、彼女自身は『企業に勤めるOL』で、道長は『社長の弟で会社の重役』といったイメージです。

そんな清少納言が、道長をどう思っていたかを明確に記す史料は残っていませんが、枕草子のから、なんとなく察することができます。

枕草子に道長が登場するエピソードが少しだけあるのですが、その中にこんな逸話があります。

その一部を現代風にしてお伝えします。

兄の道隆様が姿を現したとき、家族の皆はその威光の前にひれ伏すのが普通ですが、道長様に限ってはそんなことはしないでしょうと、私(清少納言)は思いました。

ところが、道長様も他の一族と同様に、道隆様の前にひれ伏しました。

清少納言はこの話を、道隆の凄さを伝えたくて周囲に言いふらしていたようですが、清少納言の主で道隆の娘である『定子』から、以下ように からかわれてしまいます。

道長様は、あなたのお気に入りの人ですからね!

そして、このエピソードは、以下のようにして締めくくられています。

もし(定子様がご存命で)この時の光景をご覧になっていたら、道隆様のご威光が凄まじいものだったと実感なさることでしょう

繰り返しになりますが、このエピソードの段階では道長は最高権力者ではありません。

この時の実権は、道長の兄である『藤原道隆』が握っています。

少しややこしいのですが、このエピソード自体は道長が権力を握る前の出来事ですが、清少納言が枕草子に書いた時期は、道長が権力を握っていた時期になります。

これが清少納言の道長評を探る上で重要になります。

かつては好意を持っていたが・・・

つまり清少納言は、道長が権力を握る前は、それなりに好意を持って見ていたようです。

しかしその見方は、道長が権力を握ってから一変します。

道長は、兄の道隆逝去に伴い権力掌握のために動き始めます。

亡くなった道隆の娘は、藤原定子(天皇の奥様)。

清少納言が仕えた女性です。

簡単に言うと、道長は実権掌握のため、自身の娘(彰子)を天皇の奥様にねじ込んできます。

その結果、定子の立場が危うくなってきて、宮廷での居場所が無くなってきます。

この辺の経緯は、コチラの記事で詳細をお伝えしています。

枕草子に定子の出産が書かれていない理由!権力に抗えなかった清少納言
定子サロンの栄華を現代に伝えてくれる枕草子。作者である清少納言は、気高く美しい中宮定子を常に羨望の眼差しで見つめ、枕草子に定子の華やかな出来事を色々綴っていますが、なぜか定子の出産に関する記述が見当たりません。これには当時の権力者 藤原道長の影響が見え隠れしています。清少納言が定子の出産を書けなかった理由に迫ってみましょう。

道長の権力欲によって定子は居場所を失いますが、その定子に最も気に入られ側近くで仕えていた女性が清少納言です。

清少納言と定子は主従関係を超えた、お互いを認め合うとても親しい存在でした。

そんな定子が、道長の策謀により立場を失っていく姿を目の当たりにした清少納言。

さらに追い打ちをかけるように、かつて道長に好意を抱いていてことが原因となり、道長支持者と勘違いされ、宮廷内で妙な噂まで立つことになります。

この後、定子は失意の内に若くして亡くなってしまいます。

これを契機として、清少納言は宮廷出仕を辞めてしまったと言われています。

当時の権力者である道隆、そしてその娘である定子が最も輝いていた瞬間に宮廷で活躍していた清少納言にとって、道長の策謀により道隆と定子の威光が失われていく様は、見るに堪えない非情な現実であったことは間違いありません。

もう一度、枕草子に記された一文を確認してみましょう。

もし(定子様がご存命で)この時の光景をご覧になっていたら、道隆様のご威光が凄まじいものだったと実感なさることでしょう

この一文に込められたものこそ、清少納言の藤原道長に対する皮肉たっぷりの感情です。

枕草子では詳しく語っていませんが、清少納言の感情を代弁するなら以下のようになるのではないでしょうか。

今でこそ、権力を握っている道長様ですが、かつては道隆様の前では跪くような存在だったのですよ!

道長様より、道隆様の方がずっと素晴らしい方だったんですよ!

道隆様のお嬢様である定子様だって、この時の光景を見ていたのなら、きっとお父様の凄さを実感なされたことでしょうね!

枕草子とは

清少納言が残した枕草子とは、このような定子が没落していく中で書かれた作品です。

現代では『随筆』という括りで表現されることが多いですが、その裏には清少納言の定子に対するとても深い感情が込められています。

当然、定子の父である道隆にも、たくさんの賛美を贈っています。

枕草子には清少納言の自慢話のようなエピソードも多いため、敬遠する方もいらっしゃいますが、その中に込めた清少納言の想いを知ることで、とても悲しくて切ない日記であることが分かってきますよ。

枕草子に隠された秘密・・清少納言が定子に捧げた悲しみのエッセイ
清少納言が残した『枕草子』。世界最古の女流エッセイと言われる枕草子が書かれた意図は何だったのでしょうか?そして清少納言はどのような想いで日々の日常を綴っていたのでしょうか?その背景には、権力闘争に巻き込まれた二人の女性の姿。底抜けに明るい枕草子の裏に秘められた悲しい現実。そんな枕草子の本質に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

結果的に憎き男『藤原道長』

以上、清少納言と藤原道長の関係でした。

清少納言が宮廷に仕えていた頃に、藤原道長とどのようなやりとりがあったかを語る史料は残されていません。

しかしながら、枕草子を見ることで、道長に対する感情を見ることができます。

かつては好意を持って接していた道長だけど、自身の権力欲で定子様を窮地に追いやった道長は、とても憎い存在。

これが、清少納言の藤原道長評なのではないでしょうか。

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする