もしかして百合?清少納言と定子の本当の関係とは?年齢差は?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

枕草子を読んでいると『中宮定子』という女性がたくさん出てきます。

そして、清少納言は定子のことを褒めちぎっています。

また、定子も清少納言の存在をとても大切に想っていたようです。

このような関係から、清少納言と定子は同性愛者ではなかったのかという妄想も存在しています。

この記事では、清少納言と定子の関係性についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

清少納言と中宮定子

清少納言と定子の基本情報と年齢差

清少納言を語る上で、絶対に避けて通れないのが『藤原定子(ふじわらのていし)』に関して簡単に解説しておきます。

当時の天皇である『一条天皇』に嫁いだので、中宮定子(ちゅうぐうていし)と呼ばれます。

(後に『皇后』となる)

そして、定子に女房として仕えていたのが清少納言です。

つまり定子と清少納言は主従関係なわけです。

ちなみに、清少納言が定子に仕えるため宮廷出仕を始めたのが正暦4年(993年)頃と言われています。

諸説ありますが、清少納言は康保3年(966年)頃の生まれとされています。

つまり、清少納言が宮廷出仕を始めたのは20代後半です。

では、この時の定子の年齢はというと、17歳くらいです。

定子の生まれた年は貞元2年(977年)なので、清少納言が康保3年(966年)の生まれだとすれば、二人の年齢差は10歳ちょっと。

現代の感覚ですと20代後半はお姉さんですが、当時の感覚ではおばさんに差し掛かった年齢というか・・、現代の感覚では40代くらいかと思われます。

枕草子の中で清少納言が自身のことを『年増』と言っているので、当時の20代後半~30代前半が如何に妙齢だったかが分かります。

そして、定子の17歳は、当時の感覚だと美しさ盛りの年齢で、現代だと20代前半から半ばくらいかと思います。

つまり、清少納言は10歳近く年下の麗しいお姫様に仕えていたことになります。

定子の境遇

枕草子と言うと、宮廷の煌びやかな様子が描かれていることを連想するかと思います。

たしかにそれは間違っていません。

ですが、ひとつ注意したいことがあります。

それは、枕草子は『定子が没落していく中で書かれた作品である』ということです。

簡単に言うと、定子と清少納言は、藤原道長の権力欲によって引き起こされた政争の犠牲者であるということです。

定子は藤原道長の権力欲によって、宮廷での居場所を失っていきました。

さらに、清少納言は道長への内通を疑われ、周囲から白い目で見られるようになっていました。

ここに枕草子に秘められた清少納言の本当の想いがあります。

なお、この辺りの詳細はコチラの記事をご覧ください。

枕草子に隠された秘密・・清少納言が定子に捧げた悲しみのエッセイ
清少納言が残した『枕草子』。世界最古の女流エッセイと言われる枕草子が書かれた意図は何だったのでしょうか?そして清少納言はどのような想いで日々の日常を綴っていたのでしょうか?その背景には、権力闘争に巻き込まれた二人の女性の姿。底抜けに明るい枕草子の裏に秘められた悲しい現実。そんな枕草子の本質に迫ってみましょう。

清少納言が定子を心から慕っていたことや、定子が清少納言のことを信頼していたことも枕草子から伝わってきます。

そして、定子が一条天皇の中宮として華やかな後宮を築いていたことも事実です。

実は、枕草子に描かれた定子周辺の煌びやかな様子は、清少納言の回想録なのです。

さらに意外なことに、枕草子の中には定子が没落していく真っただ中の出来事も書かれています。

というか、この時期の出来事が結構な量を締めています。

しかし・・・

枕草子には、没落していく定子のことは一切書かれていないのです。

笑いに包まれる枕草子

政争に巻き込まれ没落していく定子。

一見、悲しみに暮れているかと思いきや、枕草子に描かれる姿は全くの真逆。

むしろ、笑顔を絶やさず、時として清少納言たちの主として凛とした態度を示す気高さを失っていませんでした。

定子の後宮は、もともと煌びやかな明るい雰囲気であったことは枕草子が記す通りですが、定子自身が隅に追いやられた後も、その輝きは失っていませんでした。

その雰囲気を伝える一つの章段が枕草子に記されています。

それが『五月の御精進のほど』です。

現代語版 枕草子 九九段『五月の御精進のほど』①清少納言のプチ旅行
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 そんな『清少納言』が千年前に書いた作品...
現代語版 枕草子 九九段『五月の御精進のほど』②和歌に縁の無い一日
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 清少納言が書き残した枕草子 九九段『五...
現代語版 枕草子 九九段『五月の御精進のほど』③和歌と父への誇り
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 清少納言が書き残した枕草子 九九段『五...

この章段では、前半は清少納言のおてんばぶりが披露され、中盤では和歌を巡って定子が不機嫌になり、最終的には定子の優しさが書かれています。

心情的には辛いじきだったのは間違いありませんが、定子はそんな素振りを全く見せず、女房たちと接していました。

そこには、自分に仕える女房たちを動揺させまいとする、主としての振る舞いが見て取れるような気がしてなりません。

また、定子は、清少納言が始めて出仕してきた時にも、格別の優しさで迎えいれています。

枕草子 一八四段『宮にはじめてまゐりたるころ』①【現代語訳と原文】
枕草子の作者『清少納言』。彼女は離婚をキッカケに宮仕えの道を志します。ところが、いざ宮仕えを始めたものの、ガチガチに緊張しまくる清少納言。枕草子 一七九段『宮にはじめてまゐりたるころ』には、そんな彼女の意外な姿が記されています。それでは、宮仕え当初の清少納言がどれほど緊張していたのか見ていくことにしましょう。

また、有名な『香炉峰の雪』の逸話では、定子の意図を汲み取った清少納言の機転により、定子がたいそう満足している様子が描かれています。

枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』簡単解説!香炉峰の雪に秘めた清少納言の想い
枕草子 二九九段『雪のいと高う降りたるを』。『香炉峰の雪』として知られる枕草子を代表するエピソードです。しかし、このエピソード、一見すると清少納言が自慢したいが為に書かれた内容に見えますが、その真実は全く違うのです。今回は『香炉峰の雪』の裏に隠された清少納言の想いに迫っていくことにしましょう。

清少納言は、定子の後宮を最も代表する女房です。

そんな凛とした定子の姿を最も近くで見ていた清少納言は、自然と定子を信頼するようになっていったでしょうし、定子も清少納言の真っ直ぐな忠誠心を受け止めていたと思われます。

これは想像ですが、二人の間には、恋愛感情にも勝る信頼関係があったのではと想っています。

とくに、清少納言の定子の慕いっぷりは尋常ではありません。

清少納言が自身の行いで定子の機嫌を損ね叱られた時ですら、定子を褒めちぎっています。

また、くしゃみを巡る騒動でも、定子を慕う心情を吐露しています。

この二人の信頼関係は、辛い立場にあっても崩れることなく、絶望を笑顔に変えて枕草子に綴られています。

きっと、そこには没落していく中で、若くして亡くなってしまった定子への想いが込められているのは間違いないと思っています。

枕草子が後世に伝えたもの

清少納言と定子は歴史的に見れば敗者です。

勝者は藤原道長であり、その娘の彰子であり、彰子に仕えた紫式部です。

歴史とは勝者がつくるものだと言われます。

もし、枕草子が無かったら、清少納言はもちろんのこと、定子とその一族は日の目を見なかったかもしれません。

下手をすれば、悪者になっていたかもしれません。

もしかしたら、清少納言は定子が築いた煌びやかな歴史を、後世に伝えようとしていたのかもしれません。

自分が心から慕っていた定子を、歴史の闇に葬らせまいとして、明るい定子後宮を伝えようとしていたのかもしれません。

定子が築き上げた煌びやかな宮廷文化の事実が、誤って伝わらないようにしていたのかもしれません。

これは拡大解釈なのかもしれません。

しかし、清少納言が枕草子を残したことで、定子の華やかな文化サロンが後世に伝わっているのは事実です。

歴史的には敗者であった清少納言と定子が、最後の最後で藤原道長に一矢報いることに成功した作品。

それが『枕草子』といえるのではないでしょうか。

そんな枕草子が書かれた背景にこそ、定子と清少納言の主従を越えた信頼関係があり、二人が後世に伝えた平安時代の煌びやかな宮廷文化があったのです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、清少納言と定子の関係でした。

恋愛感情であったかは不明ですが、二人の間には主従の関係を超えた何かがあったことは間違いありません。

そして、その信頼関係が作り上げた作品こそ『枕草子』であると僕は思っています。

枕草子が伝える定子の煌びやかな文化サロン。

それが後世にキチっと伝わったことを、清少納言と定子は天国で喜んでいるのでいるのでは・・・?

僕はそんな風に想っています。

清少納言と定子、そして枕草子のまとめはコチラです。

春はあけぼの!枕草子WEB辞典【清少納言と中宮定子の世界】
ご来訪ありがとうございます。 『清少納言に恋した男』拓麻呂でございます。 このページは、枕草子WEB辞典です。内...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする