加藤清正が関ヶ原に参加しなかった理由とは?九州で何をしていたのか

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

賤ケ岳七本槍の一人で、戦国時代後期を代表する武将『加藤清正』。

武断派の武将としても知られ、関ヶ原の戦いが起こる前段階では、石田三成憎しの急先鋒だった清正ですが、実は関ヶ原の本戦には参戦していません。

関ヶ原の戦いが起こった時、加藤清正はどこで何をしていたのでしょうか?

また、関ヶ原の本戦に参加出来なかっ理由とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

加藤清正と関ヶ原の戦い

九州にいた加藤清正

1600年の9月15日に起こった関ヶ原の戦い。

この時、清正は九州の肥後国(ひご、現在の熊本県)にいました。

肥後は清正が治めていた領地です。

清正の居城だった熊本城は、現在でも人気の観光地です。

とは言え、自領でのんびりと過ごしていたわけでは無く、東軍の一因としてきちんと働いています。

肥後の半分は、西軍に味方していた『小西行長』という武将の領地でした。

そして、小西行長の城に攻め込んで陥落させています。

(なお、行長は関ヶ原の本戦に参陣しています)

また、『立花宗茂』の柳川城に攻め込んだり、『島津義弘』の領地に攻め込もうとしていたりと、九州に領地を持つ西軍諸将の領地に対して軍事行動を起こしています。

このように、九州を舞台に東軍の一人として戦っていたわけです。

では、なぜ関ヶ原の本戦に参加しなかったでしょうか?

関ヶ原の本戦に参加しなかった理由

加藤清正と言えば、反石田三成の急先鋒ですから、関ヶ原の本戦に参加していても良さそうなものですが、なぜか参陣していません。

実は、これにも理由があります。

関ヶ原の直前に九州の島津家で内紛が起こります。(庄内の乱)

この内紛を簡単に言うと、島津氏と家臣の伊集院氏が揉めた事件です。

この時に、清正が伊集院氏を焚きつけていたことが発覚し、責任を取らされ謹慎を食らっています。

これが原因で、清正は関ヶ原の本戦に参加出来なかったのです。

そして、関ヶ原の戦いの後、豊臣家は大幅に領地を減らされ一大名へと転落しました。

そんな中でも清正の忠義は変わりませんでした。

清正は秀頼と家康を和解させるため尽力します。

和解を斡旋するため、秀頼と家康が二条城で会見する際にも随行していました。

しかし、秀頼と家康との謁見が終わった帰途の船中で体調不良になり、間もなく亡くなりました。

あまりにも突然の死であったこと、また、タイミング的にも謁見直後の発病であることなどから、豊臣家に忠誠を誓い続ける清正を、家康が疎ましく思い、毒殺したのではないかとも言われています。

関ヶ原の本戦に参戦できなかったもうひとつの理由

このように、清正が関ヶ原本戦に参加できなかった理由は、歴史的事実を元にハッキリしています。

ですが、僕はもうひとつの理由があったような気がしてなりません。

以下、僕の妄想です。

加藤清正は、石田三成への憎悪によって徳川家康(東軍)に与してはいたものの、基本的には豊臣家の家臣です。

清正は幼いころから秀吉に仕えていた秀吉子飼いの武将でした。

これは福島正則なども同様です。

つまり、清正は豊臣家に敵対しようとしていたわけではないのです。

清正は、特に豊臣家に忠義を持っている武将でした。

関ヶ原の戦いが起こった時、秀吉の後継者である『豊臣秀頼』を抱えていたのは西軍です。

秀頼が軍勢を率いて戦場に現れたら、清正は秀頼と敵対することになってしまいます。

もし、清正が関ヶ原の本戦に参戦して、豊臣秀頼が戦場に現れたらどうなるか?

おそらく、秀頼に弓を引くことは出来ないとなって、家康から離れる可能性があります。

これを危惧していた徳川家康は、清正の参陣を見送ったのではないだろうか?

こういった理由もあったのではないかと考えています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、加藤清正が関ヶ原の本戦に参加しなかった理由でした。

個人的な妄想もありましたが、こういった人間の感情面から歴史を紐解いてみるのも面白いと思います。

昔の人とは言え、僕たちと同じ人間です。

そこには、何かしらの感情が必ず秘められているはずです。

実証主義的な歴史の見方だけでは、歴史は堅苦しいものになってしまいます。

歴史の教科書がつまらない理由の一つが、そこにあると思っています。

歴史上の人物を、一人の人間として見てみるのも、一つの歴史の楽しみ方なのではないかなと思います。

他の戦国武将の家臣団に関して知りたい方は、コチラをご覧ください。

戦国大名の家臣団一覧!戦国時代の主要武将の簡単な列伝付き
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代の主要な大名家の家臣団を一覧にしました。 各大名の記事で紹介し...

戦国武将個人を記事にしたまとめはコチラ。

戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 約2000年を超える日本史の中でも、特に人気の戦国時代。 中央...

戦国武将を様々な角度でランキングにしてみた記事はコチラ。

戦国武将なんでもランキング!戦国時代のいろんなベスト3
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 日本の歴史の中でも人気の戦国時代。 この時代は、地方政権が乱立...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。