戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典

ご来訪ありがとうございます!

『歴史好きになったキッカケは信長の野望』な拓麻呂です。

2000年を超える日本史の中でも、特に人気の戦国時代。

中央政府が機能しなくなり、それぞれの地方で力を持った男たちが独自の支配体制を築き上げて行った時代です。

それは正しく『地方の時代』

全国各地で立ち上がった、かっこいい男たちのエピソード集。

きっと、あなた好みの戦国武将が見つかるはずです!

※各武将を地方ことに分けていますが、転封などにより、別の地方で活躍していた時期もあります。予めご了承ください。

スポンサーリンク

目次

戦国武将エピソード集!

東北地方

伊達政宗(1567~1636)【陸奥】

絶大な人気を誇る戦国武将の真骨頂とはなんなのか?そして、その開けた左目が見据えていたものとは?独眼竜『伊達政宗』の英雄たる由縁に迫ります。

伊達政宗 ~独眼竜の大いなる野望!!海外を見据えていたその左目~
ご来訪ありがとうございます! 『政宗が戦国BASARAで英語を喋って腰を抜かした』拓麻呂です。 という訳で、今回...

関東地方

長野業正(1491?~1561)【上野】

戦国時代は地方の時代。それを証明する一人の頑固爺さん。信長の野望において、有名武将に引けをとらない強さの理由とは?『上州の黄班』長野業正の伝説に迫ります。

長野業正 ~信長の野望だと強武将!!群馬県民も知らない頑固爺さん伝説~
群馬県の戦国武将『長野業正』。群馬県民ですらその名を知らないマイナー武将ですが、『信長の野望』という戦国時代を舞台にしたシミュレーションゲームではいつも強い武将として扱われています。誰も知らないマイナー武将が強い理由を探しに、業正の頑固伝説に迫ってみることにしましょう。

上泉信綱(1508?~1573)【上野】

宮本武蔵、柳生石舟斎、戦国時代に名を馳せた数々の剣豪たち。そんな剣豪たちの原点にはこの男の存在があった!剣の道を志した『剣聖』上泉信綱の武勇に迫ります。

最強の剣豪 上泉信綱!信長の野望に登場する剣聖とは何者か
ご来訪ありがとうございます. 『信長の野望を始めると辞め時を見失う』拓麻呂です。 人気の歴史シミュレーションゲーム『信長...

北条氏康(1515~1571)【相模】

相模の獅子『北条氏康』

武田信玄や上杉謙信と互角に渡り合い、関東に広大な領土を築いた男が、歴史の表舞台に登場することになった出発点。

それが、戦国三大奇襲戦『川越夜戦』なのです。

初心者の為の戦国時代 主要合戦!北条氏康の『川越夜戦』
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代は全国各地で様々な合戦が発生した時代です。 小さい小競り合いも...

甲信越地方

上杉謙信(1530~1578)【越後】

毘沙門天の化身『上杉謙信』。

戦国最高峰の戦略家でもある謙信は、一体どんな性格だったのでしょうか?

謙信が残した名言の意味から謙信の本当の姿に迫ります。

運は天にあり!越後の龍 上杉謙信の名言の意味と義を重んじた性格
運は天にあり、鎧は胸にあり、手柄は足にあり 何時も敵を我が掌中に入れて合戦すべし。 死なんと戦えば生き、 ...

直江兼続(1560~1619)【越後】

義の武将として有名な『直江兼続』。

その兜の前立てには『愛』の一字。

兼続の『愛』に込めた本当の意味とは何だったのでしょうか?

多くの人が勘違いしている直江兼続の兜『愛』の本当の意味とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 兜にあしらった『愛』の前立てで有名な『直江兼続』。 その前立ての『愛』...

武田信玄(1521~1573)【甲斐】

戦国最強との見方もある武田軍。その強さの秘訣とは何だったのか?『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』。甲斐の虎『武田信玄』の組織づくりに迫ります。

武田信玄 ~人は城、人は石垣、人は堀、強い組織の作り方~
甲斐の虎『武田信玄』。武田二十四将に代表される屈強な家臣団は如何にして作り上げられたのでしょうか?その答えは武田信玄の家臣を慈しむ心。『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』。甲陽軍鑑に記されたこの有名な言葉に秘められた信玄の組織作りを見ていく事にしましょう。
武田信玄VS上杉謙信!川中島の戦いの勝者はどっちかを簡単解説
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 1561年に甲斐の武田信玄と、越後の上杉謙信が激突した『第四次川中島の戦い』...

山本勘助(1493~1561)【甲斐】

勘助は実在したのか?あるいは架空の人物だったのか?今なおその存在を疑われている片目の天才軍師『山本勘助』の真実に迫ります。

山本勘助が実在しない理由は無い!架空の人物ではない武田信玄の軍師
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 2007年に大河ドラマ『風林火山』の主役にも選ばれた山本勘助。 武田信...

山県昌景(1529~1575)【甲斐】

戦場を駆け抜ける真紅の騎馬隊。それを率いた小さな猛将。武田家を戦国屈指の大大名に押し上げた『赤備え』山県昌景の勇猛さと、壮絶な最後に迫ります。

山県昌景 ~赤備えの騎馬軍団!!武田信玄を支えた男心を刺激する真紅の部隊~
戦場を駆け抜ける真紅の騎馬軍団!もうそれだけでカッコいい!!そんなカッコいい部隊を率いた男『山県昌景』。武田信玄が誇るその屈強な部隊は、真紅の甲冑を身に着け戦国時代を駆け抜けました。男子ならば、このカッコよさが分かるはず!今回は、赤備え 山県昌景のカッコいい武勇伝を見ていくことにしましょう。

高坂昌信(1527~1578)【甲斐】

武田信玄と男色関係にあったとされる『高坂昌信』。浮気した信玄が昌信に宛てた弁明の手紙とは?『逃げ弾正』高坂昌信と武田信玄の恋愛事情、そして昌信の人物像に迫ります。

愛しき高坂昌信への手紙!武田信玄の恋文が語る逃げ弾正への愛
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 武田四天王(四名臣)の一人。 高坂昌信 武田信玄との恋物...

真田幸村(1567~1615)【信濃】

大阪夏の陣、徳川家康を追い詰めるもあと一歩及ばなかった幸村。彼の活躍とは歴史にどのような意味をもたらしているのでしょうか?『日本一の兵』真田幸村の歴史的役割に迫ります。

真田幸村とは何をしたのか?現代に与える大坂の陣以上の活躍
ご来訪ありがとうございます。 『幸村の兄 真田信之に一目置いている』拓麻呂でございます。 抜群の知名度と人気を誇...

東海・近畿地方

今川氏真(1538~1615)【駿河】

父 義元が桶狭間に散った後、広大な今川領を受け継いだバカ殿 氏真。彼に対する後世の評価は今川家を滅ぼしたバカ殿として非常に低いものとなっています。そんな彼の真の評価とは?氏真の真実に迫ります。

今川氏真はバカ殿だったのか?価値観の違いに見る氏真の本当の評価
ご来訪ありがとうございます! 『今川家は再評価されるべき』拓麻呂です。 今川氏真(いまがわ うじざね)という戦国...

徳川家康(1543~1616)【三河】

鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス

この句に表現されるように家康の性格とは我慢の性格。そんな家康は、本当に我慢の連続な人生でした。

家康の我慢の性格と人生、そして家康から学べることとは何なのでしょうか?

徳川家康のホトトギスが鳴くまで待った性格について簡単解説
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代を終焉に導き、260年続く天下泰平の世を築き上げた戦国武将。 ...

井伊直政(1561~1602)【遠江】

真っ赤な甲冑に身を包み家康の覇業を支えた井伊の赤鬼。彼の活躍には沢山の想いが込められていました。井伊家、武田家、徳川家。徳川四天王『井伊直政』の生涯に迫ります。

徳川四天王 井伊直政!大河ドラマ『おんな城主直虎』虎松のその後
ご来訪ありがとうございます! 『本多忠勝よりも井伊直政派』拓麻呂です。 徳川四天王『井伊直政(いいなおまさ)』 ...

織田信長(1534~1582)【尾張】

天下布武を掲げ天下統一を志した革命家。そんな彼は先進性と残虐性を併せ持つ人間でした。第六天魔王と自称した『織田信長』の性格、そして革新性とその限界に迫ります。

織田信長はなぜ明智光秀に裏切られたのか?信長の性格と本能寺の変
ご来訪ありがとうございます。 『信長は武将じゃなくて革命家』拓麻呂です。 『鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス』 ...

前田慶次(1533?~1605?)【尾張】

戦国時代のかぶき者『前田慶次』こと前田利益。『かぶき者』の異名が示す通り、彼には多くのとんでもエピソードが残っています。

『かぶき者』前田慶次のとんでも逸話集やおもしろエピソード
ご来訪ありがとうござます。 拓麻呂です。 愛馬『松風』とともに、戦場を駆けた武将『前田慶次』 ジャンプで連...

明智光秀(1528?~1582)【美濃】

1582年本能寺の変。歴史をひっくり返したこの大事件の裏には人間 明智光秀の悲しき感情が隠されています。そんな光秀の心に迫ります。

明智光秀が本能寺の変を決断した理由と真実!織田信長の四国攻めに見る悲しき想い
ご来訪ありがとうございます! 『本能寺の変は光秀の単独犯』だと思っている拓麻呂です。 1582年 本能寺...

旧勢力の権威を重んじた実直な男というイメージが強い『明智光秀』。ところが本当の光秀の人物像は全然違ったものでした。

明智光秀の真の人物像!通説とは違う本当の性格とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 本能寺の変で、主君 織田信長を自刃に追い込んだ『明智光秀』 光...

明智光秀を陰で支えた『妻木煕子』。光秀の妻として彼を支えた心温まる夫婦仲、そして現在の光秀のイメージにも大きな影響をあたえつづける煕子の存在。そんな光秀と煕子のエピソードをお伝えします。

理想の夫婦仲!明智光秀の妻『妻木煕子』の人物像とエピソード集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 本能寺の変を起こし、織田信長を倒した明智光秀。 謀反人としての側面が取...

斎藤利三(1534~1582)【美濃】

明智光秀の家臣『斎藤利三』。あまり知られていない武将ですが、彼の人間関係は戦国時代の有名が沢山います。そんな利三と周囲を彩る人物の関係を見ていきましょう。

マイナーだけど明智光秀の盟友 斎藤利三!春日局や長宗我部との関係
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 本能寺の変を実行した明智光秀の家臣。 斎藤利三(さいとう とし...

石田三成(1560~1600)【近江】

1600年関ヶ原の戦い。『大一大万大吉』の旗印を掲げた石田三成の性格とは?歴史の一側面からは決して見えてこない三成の真実に迫ります。

屈辱の関ヶ原・・石田三成の誤解された性格と家紋の意味とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 1600年9月15日 関ヶ原の戦い 『大一大万大吉』の旗印を掲げ、西軍...

足利義輝(1536~1565)【山城】

室町幕府13代将軍『足利義輝』。剣豪将軍とも呼ばれた義輝の最後は、その異名に相応しい壮絶なものでした。剣豪将軍 足利義輝の最後と、彼が戦国時代に与えた影響に迫ります。

最強の将軍 足利義輝!凶刃に散った剣豪将軍の壮絶な最期とは?
ご来訪ありがとうございまし。 拓麻呂です。 戦国時代の真っただ中、剣の道を極めた1人の将軍がいました。 室...

中国・四国地方

毛利元就(1497~1571)【安芸】

『謀多きは勝ち、少なきは負ける』。戦国時代最恐の謀略で4倍の兵を蹴散らした厳島の戦い。中国地方の覇者に上り詰めた謀神『毛利元就』の謀略に迫ります。

毛利元就の名言が示す恐ろしき謀略戦!厳島の戦いに見る事前準備の大切さ
中国地方の覇者『毛利元就』。安芸の小さな勢力からスタートした元就は、厳島の戦いに勝利し戦国時代を代表する巨大勢力へと飛躍します。軍記物には厳島の戦いに勝利する為に、元就が張り巡らした謀略の数々が記されています。今回は戦国随一の謀略家が見せた恐るべき一面に迫ってみたいと思います。
厳島の戦いに参戦した村上水軍!毛利元就の決意に味方した海の男たち
毛利元就が歴史の表舞台へ躍り出るキッカケとなった重要な合戦『厳島の戦い』。この戦いに元就が勝利した要因のひとつに『水軍』の存在があります。その水軍とは瀬戸内海を牛耳る『村上水軍』。村上水軍は圧倒的不利な毛利軍に何故、味方したのか?軍記物に記された村上水軍の動向に迫ってみましょう。
決戦!厳島の戦い!明治維新へと導く毛利元就の歴史的第一歩!
厳島の戦い。この戦いは毛利元就を代表する戦いで、戦国三大奇襲戦の一つと言われています。元就はこの戦いに勝利し、戦国大名としての一歩を踏み出します。しかし、この一歩は、後の明治維新へと繋がる非常に重要な一歩でもあるのです。この記事では、日本史における重要な一歩となった厳島の戦いに迫ってみたいと思います。
毛利元就の性格と子供たちに説いた三本の矢の逸話の真実
ご来訪ありがとうございます! 『一本の矢も折れる自信がない』拓麻呂です! 中国地方の覇者『毛利元就』 彼の有名なエ...

毛利隆元(1523~1563)【安芸】

優秀な父と弟たち。そんな中、長男である彼はいつもネガティブ思考。しかし、その裏には人に好かれる人間性がありました。毛利家嫡男『毛利隆元』のキャラクターに迫ります

マイナス思考の毛利隆元!ネガティブな毛利家長男は人に愛された名将
ご来訪ありがとうございます! 『毛利家大好き』拓麻呂です。 中国地方の大大名 毛利元就。 今回は、...

吉川元春(1530~1586)【安芸】

毛利家随一の猛将でありながら、後世に『吉川太平記』を残した彼の意外な二面性。文武両道とは彼の為にある言葉。不敗の猛将『吉川元春』の二面性に迫ります。

不敗の猛将 吉川元春!毛利元就次男の意外な二面性『吉川太平記』
毛利元就の次男『吉川元春』。毛利家随一の戦上手としてその名を轟かせた戦国武将です。勇猛な元春は生涯負けなしと言う素晴らしい肩書をもちながらも、その一方で、太平記全四十巻を写本するという偉業を成し遂げています。そんな文武両道『吉川元春』の二面性に迫ってみたいと思います。

小早川隆景(1533~1597)【安芸】

決断とはいかなるものなのか?そして何を思って決断するのか?豊臣秀吉や黒田官兵衛にも恐れられた五大老『小早川隆景』の決断に迫ります。

知将 小早川隆景!毛利元就の三男!三本の矢の一角が見せた仁愛の決断
戦国武将 小早川隆景。彼は重要な決断をくだす時に重視したこと。それは『仁愛』。自身の利益ではなく、他者の為に決断する。隆景の仁愛による決断は毛利家を、そして日本をも救った英断と言えるでしょう。
名将言行録に見る小早川隆景の名言!『急ぎの案件である!ゆっくり書け』
名将言行録に記された小早川隆景のエピソード。その中から見えてくるものは、現代人が忘れがちなとても大切なこと。『急ぎの案件である!ゆっくり書け』・・・この言葉に隠された、本当の意味とは?目的を意識する事とは?隆景が説く人生に役立つエピソードをご紹介します。

長宗我部元親(1539~1599)【土佐】

四国制覇を成し遂げた戦国大名『長宗我部元親』

幼き時は、姫若子と揶揄されていましたが、やがて土佐の出来人と呼ばれ、周囲にも一目置かれる存在へと成長した元親の人生に迫ります。

姫若子の挑戦!長宗我部元親の名言と四国統一への道
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代、四国を舞台に活躍した武将『長宗我部元親』 幼いころは...

九州地方

立花道雪(1515~1585)【豊後】

歩行不能ながらも、輿に乗って九州の戦場を駆け回った『立花道雪』。

そんな猛将の逸話と、彼の刀『雷切』誕生の瞬間に迫ります。

信長の野望で超強武将な立花道雪!名刀雷切誕生の逸話と武勇伝
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代の北九州。 歩行不能となりながらも、輿に乗って幾多の戦場を縦横...

鍋島直茂(1538~1618)【肥前】

龍造寺家の重臣で肥前佐賀藩の礎を築いた『鍋島直茂』。そんな彼が語る長所と短所の活かし方に迫ります。

信長の野望にも登場する鍋島直茂が説く長所と短所の活かし方
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 鍋島直茂(なべしま なおしげ)という戦国武将をご存知でしょうか? ...

島津義久(1533~1611)【薩摩】

島津四兄弟の長兄『島津義久』。義弘を始めとした弟の活躍ばかりが注目される戦国島津家ですが、その屋台骨を支えていたのは、真の大将 島津義久だったのです。

意外と知らない!島津義久は関ヶ原で何してた?義弘の兄が守った薩摩
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 現在の鹿児島県に、戦国時代を代表する猛将がいました。 島津義弘です。 ...

島津義弘(1535~1619)【薩摩】

1600年関ケ原の戦い。この戦いで彼が見せた前人未踏の前進退却。後世まで語り継がれる鬼島津『島津義弘』の敵中突破に迫ります。

島津義弘が見せた壮絶なる前進退却!!関ヶ原の敵中突破!島津の退き口!
1600年関ケ原の合戦。この戦いで見せた島津義弘の退却戦は『島津の退き口』と言われ後世まで語り継がれています。この撤退戦から感じること、それは『男の覚悟』ではないでしょうか。

戦国武将なんでもランキング

日本の歴史の中でも人気の戦国時代。

この時代は、地方政権が乱立し、全国各地でたくさんの英雄たちが登場した時代でもあります。

個性的で魅力あふれる武将たちが、綺羅星のごとく登場した戦国時代。

そんな武将たちを様々な角度からランキング形式にしてみました。

戦国武将なんでもランキング!戦国時代のいろんなベスト3
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 日本の歴史の中でも人気の戦国時代。 この時代は、地方政権が乱立...

有力大名の家臣団一覧

武田信玄の主要家臣団

甲斐の虎の異名を持つ武田信玄。

風林火山の旗印を掲げ戦場を駆け、戦国最強とも言われる武田軍の一覧です。

【甲斐の虎】武田信玄 主要家臣団一覧!武田は二十四将だけじゃない
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 甲斐の虎『武田信玄』 現在の山梨県と長野県を支配下に治め、戦国...

上杉謙信の主要家臣団

越後の龍 上杉謙信。

毘沙門天の化身と言われた猛将を陰で支えた家臣団一覧です。

【越後の龍】上杉謙信 主要家臣団一覧!義に生きた武将たち
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 越後の龍と飛ばれる軍事の天才『上杉謙信』 武田信玄や北条氏康のライバル...

毛利元就の主要家臣団

中国地方の覇者 毛利元就の覇業を支えた家臣団。

中国地方のほぼ全域に版図を広げた元就と共に活躍した男たちの一覧です

【中国地方の覇者】毛利元就 主要家臣一覧!元就の野望列伝
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代を代表する超大物『毛利元就』 元就がわすが一代で、中国...

真田十勇士

真田幸村と共に戦場を駆け、大坂夏の陣で大活躍した『真田十勇士』

彼らは物語に登場する架空の人物ですが、そのメンバーと最後はどのようなものだったのでしょうか?

真田幸村と共に玉砕!真田十勇士メンバーの最後と人物一覧
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 真田幸村に仕えたとされる『真田十勇士』。 基本的には後世の講談によって...



戦国時代の裏話

戦国時代は地方の時代

長い日本の歴史の中でも特に人気の戦国時代。人気の秘密はこの時代が地方の時代だったからに他なりません。下剋上から見えてくる戦国時代が人気な理由に迫ります。

下剋上?上剋下?戦国時代の真実!人気の理由は地方の時代に有り
ご来訪ありがとうございます! 『戦国時代は1590年まで』だと思っている拓麻呂です。 戦国時代・・・長い日本の歴史の中で...

戦国時代はいつからいつまで?

日本史の中でも、特に人気の戦国時代。

ですが、歴史の授業で習う時代区分に、戦国時代は登場しません。

戦国時代とは、一体いつ始まっている終わったのでしょうか?

日本史の戦国時代はいつからいつまで?始まりと終わりはいつ頃か?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 日本には戦国時代と呼ばれる時代があります。 武田信玄や織田信長が活躍す...

天下統一の真実

全国の大名たちが天下統一を目指し凌ぎを削った時代。戦国時代の時代背景をこのように勘違いしていませんか?当時の武将たちが何故戦争に明け暮れたのか?本当の天下統一とは?戦国時代に現れた織田信長は何が凄かったのか?戦国時代の真実に迫ります。

戦国時代の真実と織田信長の先進性!天下統一なんて誰も目指していなかった
ご来訪ありがとうございます! 『戦国時代は男のロマン』拓麻呂でございます。 戦国時代・・・日本の歴史の中でも幕末...

戦国武将の食生活

戦国武将たちの普段の食事は、どんな時間に何を食べていたかご存知ですか?

現代人の基本的な食生活と言えば、朝昼夕の3食で主食は白米、おかずは肉や魚、煮物に揚げ物などバラエティに富んでいますが、戦国時代の食生活は今と全く違いました。

戦国時代の武将たちは、一体どんな食生活だったのでしょうか?

戦国時代の意外な食生活!武将たちの食事をした時間は?主食は?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国武将たちの普段の食事は、どんな時間に何を食べていたかご存知ですか? ...

大河ドラマのこと

井伊直虎と心震えた小野政次の最後!大河ドラマと視聴率は関係ない!
ご来訪ありがとうございます。 『大河ドラマの面白さは視聴率で計れない』と思う拓麻呂です。 おんな城主直虎、見てますか? ...
大河ドラマの女性主人公ならこの人を!視聴率を取れる女戦国大名『寿桂尼』
ご来訪ありがとうございます。 『好きな大河は風林火山』拓麻呂でございます。 2017年大河ドラマ『おんな城主直虎...

戦国時代初心者にオススメな1冊!

僕が戦国時代に興味を持った際、初めて手にした1冊です。

僕はこの本で戦国時代の全体像を学びました。

今でも時折、読み返して原点回帰することがあります。

コメントの入力は終了しました。