光秀の重臣 明智秀満!馬に乗って琵琶湖を渡る伝説の湖水渡りとは

戦国時代と戦国武将

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

 

本能寺の変の首謀者 明智光秀の重臣『明智秀満(あけち ひでみつ)』

光秀に名前が似ていてややこしいですが、この記事でご紹介するのは『秀満』です。

またの名を『明智左馬助(左馬之助)』、こっちの名前の方が有名かもしれません。

 

この秀満には、ひとつの伝説があります。

それは『明智左馬助の湖水渡り』です。

 

スポンサーリンク

明智左馬助の湖水渡り

馬で琵琶湖を渡った男 秀満

伝説の湖水渡りは、本能寺の変後に起こります。

 

秀満は明智軍の先鋒として、本能寺の変でも活躍。

織田信長を自刃に追い込むことには成功しましたが、その後、羽柴秀吉と戦い惨敗。

光秀は敗走中に、落ち武者狩りに襲われ亡くなります。

 

一方、秀満は織田家の居城であった安土城に入って守備を担当。

その最中で、光秀敗北の報を知り、秀満は軍勢を率いて光秀の居城 坂本城に移動しました。

秀吉の軍勢に備える為です。

 

この時に、安土城を出た秀満が、馬に乗ったまま琵琶湖を渡り、坂本城に辿り着いたという伝説があります。

これが『明智左馬助の湖水渡り』という伝説です。

 

坂本城に入城した秀満は、攻め寄せる秀吉軍を相手に防戦に努めました。

しかし、多勢に無勢で敗北を悟り、城内の宝物を敵に送ったのち、妻子とともに自刃しました。

 

明智光秀との関係

このような伝説を持つ秀満。

彼は『明智』を名乗っていますが、光秀とはどのような関係だったのでしょうか?

 

実は、秀満と光秀は、直接的な血の繋がりはありません。

 

元々は三宅氏の人間であった秀満は、光秀の娘を娶りました。

それがキッカケで光秀に仕えることになり、明智を名乗るようになります。

秀満の妻の名前は伝わっていません。

 

ちなみに、秀光の妻は、最初 荒木村重の息子『村安』に嫁いでいましたが、村重が信長を裏切ったため離縁し、秀満に再嫁しています。

 

秀満の息子『重利』は、父 秀満が自刃した後も生き延び、三宅氏に復帰。

秀満の血を存続させたのでした。

 

明智秀満と斎藤利三

明智光秀の家臣と言うと『斎藤利三』が有名です。

後の江戸幕府3代将軍 家光の乳母『春日局(かすがのつぼね)』は、利三の娘です。

マイナーだけど明智光秀の盟友 斎藤利三!春日局や長宗我部との関係
...

 

秀満も利光も『明智五宿老』の一人に数えられる重臣。

本能寺を襲い、信長を討つという企みも、光秀から誰より先に告げられています。

明智光秀の主要な家臣団一覧!本能寺の変を起こした首謀者たち
...

 

また、秀満は本能寺の変で先鋒を任された武将です。

光秀からの信頼も厚かったのでしょう。

 

明智光秀の忠臣だった『明智秀満』

だからこそ、光秀の居城 坂本城を守るために、琵琶湖を渡るという伝説が生まれたのではないでしょうか。

 

まとめ

以上、明智秀満の伝説『湖水渡り』でした。

 

湖水渡りが事実であるかどうかは別として、秀満と光秀の主従関係を表す面白いエピソードと言えるのではないでしょうか。

 

他の戦国武将を記事にしたまとめはコチラです。

戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典
...

 

戦国武将の家臣団に関して知りたい方は、コチラをご覧ください。

戦国大名の家臣団一覧!戦国時代の主要武将の簡単な列伝付き
...

 

戦国武将を様々な角度でランキングにしてみた記事はコチラ。

戦国武将なんでもランキング!戦国時代のいろんなベスト3
...

 

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

 

清少納言vs紫式部!千年前のライバルを徹底比較
有名な人物からマニアックな人物まで!平安時代の才女特集
清少納言の枕草子特集
有名戦国大名の家臣団を一覧でご紹介
スポンサーリンク
戦国時代と戦国武将
スポンサーリンク
拓麻呂をフォローする
日本の白歴史