影が薄い武田の副将 内藤昌豊の逸話!信長の野望で能力が高い理由

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

武田信玄に仕えた四天王(武田四名臣)の一人『内藤昌豊』

『内藤修理亮(しゅりのすけ)』の名でも知られています。

この昌豊と同列に扱われる四天王のメンバーは、強烈な印象を与える人物ばかりです。

真紅の甲冑に身を包んだ赤備えの部隊を率いた、武田随一の猛将『山県昌景』

合戦で傷を負ったことがなく、不死身の鬼美濃と呼ばれた『馬場信春』

信玄の寵愛を受けた美男子で、逃げ弾正の異名をとる『高坂昌信』(春日虎綱)

その中で昌豊だけは強烈な個性が無く、イマイチ人気、知名度共に低い印象があります。

そんな昌豊ですが、実はとても大切な役割を持った名将だったんです。

信長の野望でも主だった欠点が無く、平均的に高水準な能力を持つ内藤昌豊の逸話や有能っぷりを見て行きたいと思います。

なお、近年は『昌豊』ではなく『昌秀』が正しいと言われていますが、この記事では従来から知られている『昌豊』の表記で統一しています。

スポンサーリンク

武田の副将『内藤昌豊』

武田信玄とのエピソード

武田信玄には『信繁』という弟がおり、彼が副将格として活躍していました。

しかし、上杉謙信と争った第四次川中島の戦いで信繁が討たれてしまい、以降は昌豊が武田の副将格と見なされることになります。

また、上野国(こうずけのくに、現在の群馬県)にある箕輪城(みのわじょう)を任されており、関東の豪族たちに対する外交窓口を担っていたとも言われています。

箕輪城は、上杉謙信に対する抑えの意味も持つ重要な拠点です。

このように重要な役割を担っているので、それだけの実力があったわけです。

昌豊の実力を示すエピソードが残っているので、ご紹介します。

昌豊は多くの合戦で活躍してきましたが、信玄から一度も感状を賜ったことがありませんでした。

感状とは、戦で功績のあった者に、主君が御礼の意味を持って与える書状のことです。

現代で言う所の表彰状みたいなものです。

なぜ昌豊は感状を貰えなかったのか?

信玄はこのように言っています。

『昌豊ほどの人物であれば人並み外れた活躍をして当然である』

これに対して昌豊は

『合戦は総大将の采配で勝敗が決まるもの。個人の名誉にこだわるなど器の小さい人間だ』

なんか、信玄の意地が悪さを感じるエピソードと言うか・・・

これって現代の会社で例えるなら、売り上げに会社に貢献しているのに、上司から認めてもらえず、もっと高望みされている状況です。

普通だったら腐りそうなもんですが・・・。

ちょっと出来過ぎたエピソードですが、昌豊が有能であったからこそ、このような逸話生まれたのではないかと思います。

小荷駄隊を率いていた実力者

昌豊以外の四天王は、みんな戦巧者として名を残しています。

山県昌景は、敵も逃げ出すほど恐れられた赤備えの猛将。

馬場信春は、生涯に渡り戦で傷を負ったことのない豪傑。

高坂昌信は、撤退戦で指揮能力の高さを見せた勇将。

この中で、昌豊だけが合戦での強い個性が無いように感じます。

ですが、昌豊は合戦では絶対に欠かせない重要な任務を任されています。

それは『小荷駄隊の指揮』です。

小荷駄(こにだ)とは、食料や武具などの輸送部隊のことを言います。

輸送隊なので、合戦での戦力としては当てになりません。

ですが、物資が無ければ合戦は継続出来ません。

合戦と言うと、戦場で華々しく戦っている場面が目立ってしまいますが、その背後には合戦を支える小荷駄隊の存在があるのです。

小荷駄隊が居なければ合戦は出来ないのです。

継戦能力を断つため、小荷駄隊を襲撃するというのは、戦の常套手段です。

戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る

という言葉が示す通り、物資輸送は戦において超重要なことなのです。

重要な兵站を任されていた昌豊は、地味ながらも戦で大活躍していた名将だったのです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、内藤昌豊の能力についてでした。

戦国武将と言うと、どうしても戦場で華々しく活躍した武将がクローズアップされがちです。

ですが、その裏には昌豊のような名将の活躍があったことにも注目して見ると、より戦国時代を深く楽しめるのではないかと思います。

他の戦国武将を記事にしたまとめはコチラ。

戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典
ご来訪ありがとうございます! 拓麻呂です。 約2000年を超える日本史の中でも、特に人気の戦国時代。 中央...

戦国武将の家臣団に関して知りたい方は、コチラをご覧ください。

武田家臣団にも触れています。

戦国大名の家臣団一覧!戦国時代の主要武将の簡単な列伝付き
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国時代の主要な大名家の家臣団を一覧にしました。 各大名の記事で紹介し...

戦国武将を様々な角度でランキングにしてみた記事はコチラ。

戦国武将なんでもランキング!戦国時代のいろんなベスト3
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 日本の歴史の中でも人気の戦国時代。 この時代は、地方政権が乱立...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。

コメントの入力は終了しました。