荒木村重が謀反を起こした衝撃の理由とは?最期はどうなった?

戦国時代と戦国武将

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

 

戦国時代に織田信長を裏切った武将として、真っ先に名前は挙がる人物と言えば、やはり明智光秀でしょう。

しかし、信長に謀反を起こしたのは、必ずしも光秀の専売特許ではありません。

 

信長を裏切った人物として名高い、もう一人の人物『荒木村重』

 

光秀に先立つこと約4年前に謀反を起こした村重。

その動機とは、いったい何だったのでしょうか?

また、謀反の後の村重は、どのような人生を送り、最期はどうなったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

有岡城主『荒木村重』

謀反の原因

村重の謀反の理由は、諸説あります。

 

天正6年(1578年)荒木村重は、織田信長を裏切りました。

村重44歳の時です。

 

ただ、村重の謀反は事前に察知されていた節があります。

『村重に謀反の疑いあり』という情報を掴んだ信長は、村重の居城 有岡城に使者を派遣し、真意を問いただています。

 

この時の村重は、事実無根を主張しました。

そして、弁明のために信長の居城 安土城へ赴こうとしていました。

 

しかし、配下の武将から「信長に一度疑われたら絶対に許されない、行くべきではない!」といった反対があり、信長を裏切る決意をしたとも言われています。

また、村重と親戚関係となっていた明智光秀(村重の息子『村安』と、光秀の娘が夫婦)からも牽制され、弁明を諦めたと言う説もあります。

 

これらの説の裏側には・・・

  • 村重の家臣が信長の戦に駆り出されるのを嫌がって、反逆するよう仕向けた
  • 村重を失脚させるために、明智光秀に謀られた

という理由があったとされています。

 

これらの説を採用するならば、村重自身に謀反の意図があったというよりは、周囲にハメられた、といった側面が強くなります。

 

一方で、独裁的な信長に対し、村重が疑心暗鬼になったため謀反に及んだと言う説もあります。

 

このように、村重の裏切りの理由については、諸説が入り乱れている状況です。

本能寺の変もそうですが、明智光秀が謀反におよんだ動機も、今なお定説がありません。

こういった部分は、人間の心に関わることで、明確な形があるものではないので、なかなか正解が分からないものですね。

 

村重は本当に妻子を見捨てたのか?

信長を裏切った人物と言えば、明智光秀が真っ先に思い浮かびますが、謀反という意味では村重も同じです。

 

結果的に、光秀は本能寺で信長を討ちますが、村重は1年近くの籠城の末、反乱を鎮圧され逃亡しています。

この時の村重は、妻子を見捨て一人で逃亡し、残された妻や子など荒木家の一族は捕縛され、全員処刑されたと一般的には言われています。

 

これは事実ならば、家族を見捨てて逃げ出した村重の行為は、外道の極みと言えるでしょう。

ただし、これには異説も存在します。

 

村重は家族を見捨てたわけではなく、同盟していた毛利家に救援を乞うために城を抜け出しいた、という説も存在するのです。

しかも、この時は城を織田軍に囲まれていて、もし敵に見つかれば一巻の終わりという状況。

それでも、わずかな可能性に望みをかけ、村重はこのような言葉を残しています。

敵に見つかったら最後まで戦い、一人でも多く討ち取って自刃する

 

この説が正しいとするならば、村重は家族を見捨てるどころか、守るために城を抜け出しているのです。

 

しかし、村重が城を出た後に、城内で家臣の裏切りが発生し落城。

村重の妻子は捕縛され、処刑されてしまったといいます。

 

村重の晩年と最期

ともかくも、結果的には謀反は失敗に終わりました。

その後しばらくは、毛利家に身を寄せていたようです。

 

そして、天正10年(1582年)に本能寺の変が発生。

織田信長が亡くなり、変の首謀者である明智光秀が山崎の戦いで羽柴秀吉に敗北。

ほどなくして光秀も亡くなります。

 

村重は本能寺の変の後、光秀を倒した秀吉に茶人として仕えました。

ちなみに、毛利家に庇護されていた辺りから自虐の意味を込めて『道糞(どうふん)』と名乗っていたようですが、秀吉に近侍する際に『道薫(どうくん)』と名乗りを変えています。

 

この事実を考えると、村重は妻子を見捨てたわけではなかったのかなと思います。

というか、そう思いたいです。

 

かつての主君である信長を裏切り、しまいには家族を見捨てて逃亡したとなれば、はたして秀吉に近侍することが出来たでしょうか?

なにより、妻子が処刑された後も、村重は抵抗を続けています。

本当に逃げ出したのは、妻子が処刑された後なのです。

 

現在の村重は、謀反を起こした挙句、妻子を見捨てて逃げ出した卑怯者のように思われていますが、実際は違った可能性もあるのです。

 

どちらが正しいかは、今となっては確認する術もありません。

しかしながら『本能寺の変後に秀吉に仕えていること』『妻子が処刑された後も信長に抵抗していること』などから察するに、決して一人で逃げ出したわけではないと考えています。

 

そして、本能寺の変から約4年後の天正14年(1586年)、村重は52歳でこの世を去りました。

 

まとめ

以上、荒木村重の謀反の理由と、その後の村重でした。

 

謀反の理由は、諸説あり、

  • 信長に疑われたので、対決せざるをえなくなった
  • 独裁気質の信長に対し、疑心暗鬼になった

 

そして、妻子を見捨てて逃亡したわけではなく、あくまで毛利家に救援を乞うために城を脱出した。

そして、本能寺の変後は、秀吉に茶人として仕え、それから約4年後に52歳で亡くなったのでした。

 

 

2020年大河ドラマ 麒麟がくる放送記念

【明智光秀&妻木煕子 大特集】はコチラ

2020年大河ドラマ麒麟がくる放送記念!明智光秀 丸わかり特集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は『明智光秀』。 本能寺の変だけではない明智光秀の魅力や、歴史的な出来事のまとめ記事です。 麒麟がくるを...

 

戦国武将のエピソード集はコチラ。

戦国武将エピソード集!名言!武勇伝!かっこいい男たちの逸話辞典
約2000年を超える日本史の中でも、特に人気の戦国時代。中央政府が機能しなくなり、それぞれの地方で力を持った男たちが独自の支配体制を築き上げて行った時代です。 全国各地で立ち上がった、かっこいい男たちのエピソード集。きっと、あ...

 

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。