家系図付!明智光秀と叔父 明智光安の関係!明智城の戦いに散る

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

明智光秀のおじさんに当たる武将『明智光安(あけち みつやす)』

知名度はほとんどありませんが、光秀のターニングポイントとなる『明智城の戦い』で、重要な役割を担った人物です。

明智光安と光秀の関係、明智城の戦いでの活躍などを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

明智光安と明智城の戦い

明智光秀との関係

明智光安は、光秀の叔父にあたります。

上記の家系図の通り、明智光秀の父が明智光綱で、その弟が光安です。

つまり、光秀と光安は甥と叔父の関係になります。

ここで注目したいのが『小見の方』という女性。

光綱、光安の兄妹です。

小見の方は、斎藤道三に嫁いでおり、その娘が『濃姫』です。

濃姫と言えば、織田信長の正妻として有名です。

つまり、光秀と濃姫はいとこにあたります。

明智光秀と濃姫(帰蝶)の真の関係とは?本当に恋仲だったの?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国武将『明智光秀』と、織田信長の正妻『濃姫』。 ドラマなどで...

また、一説によると、光秀の重臣『明智秀満』は、光安の子とも言われています。

光秀の重臣 明智秀満!馬に乗って琵琶湖を渡る伝説の湖水渡りとは
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 本能寺の変の首謀者 明智光秀の重臣『明智秀満(あけち ひでみつ)』。 ...

光秀の父 光綱は明智家の当主で明智城の城主でしたが、30代で亡くなりました。

そのまま行けば、長男の光秀が明智家の当主となるはずでしたが、光秀はまだまだ若輩者。

そこで、叔父の光安が後見役として、明智城主代理を務めることになります。

これが、明智城の戦いでの悲劇へと繋がるのです。

悲運!明智城の戦い

光秀と光安が仕えていたのは『斎藤道三』

道三は、美濃一国を治めていた大名です。

そんな道三が、息子の『斎藤義龍』と不仲になり、長良川の戦いという合戦に発展しました。

なお、道三と義龍の不仲の理由は、コチラをご覧ください。

斎藤義龍は斎藤道三の子供なのか?怪しい親子関係の真実とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 身長が約2メートルあったと伝わる巨漢の戦国武将『斎藤義龍』。 美濃のマ...

結果は、道三が討ち取られ敗北。

道三に味方していた明智勢は、窮地に立たされます。

光安と光秀は、居城の明智城に籠りますが、義龍の軍勢に城を攻められました。

明智勢は奮戦しますが、抗しきれず敗北。

明智家の希望である光秀を城から逃がし、城主代理を務めていた光安は責任を取って自害して果てました。

身代わりとなった光安

明智城の戦いで自刃した光安。

彼は、光秀が幼いことを理由に、自らが明智家当主代理となり、明智城の城主も務めていました。

本来であれば、明智家の当主であり、明智城の城主は光秀が担うはずでした。

しかし、光秀が幼く、その勤めが果たせませんでした。

そう考えると、幼い光秀の身代わりとなり、散っていった武将。

それが明智光安という武将なのかもしれません。

明智家の行く末を光秀に託し、光安は散ったのでした。

まとめ

以上、明智光安についてでした。

ほとんど知られていない武将ですが、彼の死はその後の光秀の活躍に、多大な影響を与えていたのかもしれませんね。

そんな光安が散った『明智城の戦い』に関する記事はコチラです。

若き日の明智光秀vs斎藤義龍!光秀の運命を変えた明智城の戦とは
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 明智光秀と言えば、本能寺の変とか、丹波攻略戦が有名ですが、他にもまだまだ見ど...

他にも、明智光秀の性格や人物像、本能寺の変についてなどの記事を扱っています。

ここを見れば『明智光秀』と、その妻『妻木煕子』のすべてが分かる!

2020年大河ドラマ 麒麟がくる放送記念

【明智光秀&妻木煕子 大特集】

2020年大河ドラマ麒麟がくる放送記念!明智光秀 丸わかり特集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は『明智光秀』。 ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓歴史の本屋さん↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする