明智光秀と濃姫(帰蝶)の真の関係とは?本当に恋仲だったの?

戦国時代と戦国武将

戦国武将『明智光秀』と、織田信長の正妻『濃姫』。ドラマなどでは、恋仲として描かれることも多い二人ですが、実際はどうだったのでしょうか?

 

明智光秀と濃姫の、本当の関係性をお伝えします。

事実を紐解いていくと、恋仲だったかどうかは極めて怪しいことが分かってきますよ。

 

スポンサーリンク

明智光秀と濃姫の立場

明智光秀と濃姫が恋仲であったかどうかと言う前に、二人は知り合いだったのか?という点から触れていきたいと思います。

 

濃姫と言えば、父親は斎藤道三です。

斎藤道三

斎藤道三/Wikipediaより

 

濃姫は、斎藤家と織田家の同盟のため、織田信長に嫁ぎました。つまり、織田信長と濃姫は政略結婚で結ばれた夫婦ということですね。

 

そして、本能寺の変で織田信長を討った明智光秀は、信長の家臣です。しかも、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)や、柴田勝家らと並ぶ重臣中の重臣でした。

つまり、明智光秀は織田家の中枢に関わる人物でもあります。

 

濃姫は織田信長の正妻、明智光秀は織田家の重臣。

このように、織田家の中枢にいた2人ですから、織田家中ではお互いのことを見知ってはいたでしょう。

 

明智光秀と濃姫の出身地

明智光秀

明智光秀/Wikipediaより

明智光秀と濃姫の出身地は、ともに美濃国みののくに(現在の岐阜県南部)だったたされています。

 

濃姫は斎藤道三の娘。斎藤道三と言えば「美濃の蝮」の異名が示す通り、美濃を支配した大名です。

そして、道三の娘である濃姫も、もちろん美濃の出身です。

実は、『濃姫』という名前も『美濃の姫様』という意味から来ています。濃姫の本名は諸説ありますが『帰蝶(きちょう)』とされることが多い)

 

一方、明智光秀の出自は明確になっていませんが、美濃に勢力を誇った『土岐氏』の出自であると言われています。美濃にある明智城で生まれたと言われているので、明智光秀も美濃出身。

 

このように、明智光秀と濃姫はともに美濃出身です。さらに明智光秀は父親とともに斎藤道三の家臣でもありました。

 

一説には、濃姫の母である『小見の方』、そして明智光秀の父親『明智光綱』が兄妹だったとも言われています。この説を信じるならば、光秀と濃姫は いとこの関係にあたるわけですね。

明智光秀と濃姫(帰蝶)の関係はいとこ?家系図付きで分かりやすく
...

 

明智光秀と濃姫は恋仲だったのか?

明智光秀と濃姫の共通点は以上です。実際のところ、これ以上の情報はハッキリしていません。

現状でわかっている範囲で回答するならば「恋仲ではなかった」と言わざるをえないのです。

 

明智光秀と濃姫ともに、斎藤家と織田家と関りが深いので、顔見知りであったことは事実だと思います。

ただ、二人が恋仲であったという記録はなく、残念ながら後世の創作の可能性が高いです。実際に、二人が恋仲であったとするエピソードなども残っていません。

 

とは言え、織田家中での立場上、お互いを知らぬ間柄ではなかったと思いますので、記録が残っていないだけで、もしかしたら恋仲だった可能性はあるのかもしれません。

光秀の出自がハッキリしないので確かなことは分かりませんが、濃姫の方が10歳前後年下だったと思われるので、年齢差は結構あります。ですが、恋仲になる可能性はゼロではないでしょう。

 

史実としては、明智光秀と濃姫との間に色恋沙汰は見出せません。ですが、想像の範囲内では恋仲だった可能性もあるかもしれない・・・というのが二人の関係性なのかなと思います。

 

こういった妄想をしてみるのも、歴史の面白さなのかもしれませんね

 

↓織田信長と帰蝶(濃姫)の結婚に恋愛感情はあったのか?を考察してみた記事はコチラ

濃姫(帰蝶)と織田信長の結婚関係には恋愛感情はあったのか?
...

 

↓このほかにも濃姫関連の記事を多数執筆しています。濃姫特集はコチラ

濃姫(帰蝶)超まとめ【どんな人だった?エピソードや有名武将との関係など大特集】
戦国時代を代表する武将 織田信長の妻であるにも関わらず、その素性は謎に包まれています。ここでは、そんな濃姫に関する様々な情報をわかりやすく解説している濃姫大特集です。

 

【濃姫入門おすすめ書籍】

created by Rinker
¥693(2023/1/29 9:50:23時点 Amazon調べ-詳細)