明智光秀と濃姫(帰蝶)の真の関係とは?本当に恋仲だったの?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

戦国武将『明智光秀』と、織田信長の正妻『濃姫』。

ドラマなどでは、恋仲として描かれることも多い二人ですが、実際はどうだったのでしょうか?

明智光秀と濃姫の、本当の関係性をお伝えします。

スポンサーリンク

明智光秀と濃姫の関係

織田家での立場

濃姫と言えば、父親が斎藤道三。

斎藤家と織田家の同盟のため、信長に嫁ぎました。

つまり、政略結婚で結ばれた、織田家当主の信長の正妻です。

そして、本能寺の変で織田信長を討ったことでも有名な光秀は、当然ながら信長の家臣です。

しかも、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)や、柴田勝家らと並ぶ重臣中の重臣です。

つまり、織田家の中枢に関わる人物でもあります。

濃姫は信長の正妻、光秀は織田家の重臣。

このような織田家の中枢にいた2人ですから、織田家中ではお互いのことは知っていたでしょう。

光秀と濃姫の出身地

光秀と濃姫は、出身地が同じとされています。

濃姫は斎藤道三の娘、斎藤道三と言えば美濃国(現在の岐阜県)の大名です。

道三の娘である濃姫も、もちろん美濃の出身です。

『濃姫』という名前も『美濃の姫様』という意味の通称です。

(本名は諸説ありますが『帰蝶(きちょう)』とされることが多い)

一方、光秀の出自は明確になっていませんが、美濃に勢力を誇った『土岐氏』の出自であると言われています。

そんな光秀は、美濃の明智城で生まれたと言われています。

このように、光秀と濃姫はともに美濃出身です。

一説には、濃姫の母である『小見の方』、そして光秀の父親『光綱』が兄妹だったとも言われています。

この説を信じるならば、光秀と濃姫は いとこの関係にあたるのですが、真偽のほどは分かっていません。

光秀と濃姫の共通点

光秀と濃姫の共通点は以上です。

実際のところ、これ以上の情報はハッキリしていません。

二人が恋仲であったという史実はなく、残念ながら後世の創作の可能性が高いです。

と言うか、恋仲以前に二人の関りを示すエピソードなども残っていません。

一方、織田家中での立場上、お互いを知らぬ間柄ではなかったと思いますので、記録が残っていないだけで、もしかしたら恋仲だった可能性はあるのかもしれません。

光秀の出自がハッキリしないので確かなことは分かりませんが、濃姫の方が20歳くらい年下だったと思われるので、年齢差は結構あります。

ですが、恋仲になる可能性はゼロではありませんし・・・。

史実としては、両者の濃い関係性は見出せません。

ですが、想像の範囲内では恋仲だった可能性もあるかもしれない・・・というのが二人の関係性なのかなと思います。

そんな濃姫は、果たして美人だったのかを検証した記事はコチラです。

織田信長の妻『濃姫(帰蝶)』は美人?最後はどうなったの?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 織田信長の正室とされている『濃姫』。 濃姫って、戦国時代を代表する信長...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。