織田信長の妻は濃姫?帰蝶?名前の違いの意味とは?読み方は?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

織田信長の正室は、一般的に『濃姫』と呼ばれています。

ですが、彼女には様々な呼称があります。

『濃姫』『帰蝶』『於濃』『安土殿』などなど。

その中でも代表的な呼び方が『濃姫』と『帰蝶』です。

彼女にはなぜ呼称が2つあるのか?

呼び分ける必要はあるのか?

などなど、彼女の名前に関する情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

濃姫と帰蝶

『濃姫』とは

まずは、一般的に使用されている『濃姫』という呼称について。

『濃姫』は『のうひめ』と読みます。

これは、彼女の本名ではありません。

彼女は美濃国(みののくに、現在の岐阜県南部)の出身です。

なので、織田信長の元に『美濃から嫁いできたお姫様』という意味で『濃姫』と呼ばれています。

つまり一種の通称と言うか、あだ名みたいなものです。

その通称が一般的に知られるようになり、『濃姫』と呼ばれているのです。

『帰蝶』とは

一方、『帰蝶』という呼称。

『帰蝶』は『きちょう』と読みます。

帰蝶という名前は『美濃国諸旧記』という軍記物に登場します。

一方、『武功夜話』という史料では『胡蝶(こちょう)』という名前になっています。

『帰蝶』と『胡蝶』。

なんとなく響きも似ている名前ですが、『帰蝶』は『胡蝶』の誤記ではないかとも指摘されています。

ただ、『帰蝶』にしろ『胡蝶』にしろ、これらの名前が本名なのか、あるいは通称なのかはよく分かっていません。

使い分ける必要はあるのか?

このように、『濃姫』『帰蝶』ともに、彼女の正確な名前とは言い切れないのですが、これを使い分ける必要はあるのでしょうか?

現状では確実な正解はないので、好みの名称を選んで良いと思います。

ただ、一般的に使われているのは『濃姫』です。

ドラマやゲームでも、ほとんどこの名前で登場します。

あるいは『お濃』と呼ばれていたりですね。

どちらかというと『帰蝶』の方がマイナーで、戦国時代に詳しい人しか知らない印象です。

帰蝶や胡蝶の方が、なんとなく優美な感じがして、僕は好きですけどね。

まとめ

以上、濃姫と帰蝶という名前についてでした。

『濃姫』は、『美濃から嫁いできたお姫様』という意味で、本名ではない。

『帰蝶』は、美濃国諸旧記という軍記物に出てくる名前ですが、『胡蝶』の誤記の可能性もあり、本名であるか不明。

昔の女性は、本名が伝わっていない人が多く、彼女も例外ではないということですね。

明智光秀と帰蝶(濃姫)に恋愛感情はあったのか?を考察してみた記事はコチラ↓

明智光秀と濃姫(帰蝶)の真の関係とは?本当に恋仲だったの?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国武将『明智光秀』と、織田信長の正妻『濃姫』。 ドラマなどで...

濃姫の顔を3Dソフトで復元!?濃姫特集は記事はコチラ↓

麒麟がくるがさらに楽しめる!濃姫(帰蝶)のエピソード、逸話まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』。 放送前から濃姫のキャスト交...

麒麟がくる各話の感想、今後の展開予想、ドラマがさらに面白くなる歴史雑学などのまとめはコチラです。

麒麟がくる全話感想まとめ!ドラマをさらに楽む予想や視聴率一覧
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 令和2年(2020年)のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は明智...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓濃姫(帰蝶)特集!↓
あなたの歴史知識を発信しませんか?

↓あなたの歴史知識を発信しませんか?↓

↓歴史の本屋さん↓

↓あの人の顔を3D復元!↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。