麒麟がくる!斎藤道三の妻で帰蝶の母『小見の方』の最期や人物像とは

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

令和2年(2020年)のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に登場する『小見の方』

これまで、あまり触れられてこなかった人物なので、どんな女性なのかをご存じない場合も多いのではないでしょうか?

この記事では、小見の方の人物像やプロフィール、最期の状況などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

小見の方とは?

小見の方のプロフィール

まずは、小見の方のプロフィールをお伝えします。

【名前】小見の方

『こみのかた』、又は『おみのかた』と読みます。

【生年】永正10年(1513年)

【没年】天文20年(1551年)※諸説あり

【配偶者】斎藤道三

小見の方は道三の正妻、天文元年(1532年)に輿入れ

【子供】帰蝶(濃姫)

後に、織田信長の正妻となる『濃姫』は、斎藤道三の娘で、小見の方が生んだ子。

本名は『帰蝶(きちょう)』とされています。

なお、道三の子供としては『斎藤義龍』が有名ですが、彼は道三の側室『深芳野(みよしの)』が生んだ子であり、さらに父親は道三ではないとも言われています。

斎藤義龍は斎藤道三の子供なのか?怪しい親子関係の真実とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 身長が約2メートルあったと伝わる巨漢の戦国武将『斎藤義龍』。 美濃のマ...

【父】明智光継

小見の方は、明智光継という人物の娘です。

もともとは土岐氏の守護国であった美濃(みの、現在の岐阜県南部)に勢力を拡大しつつあった斎藤道三に、光継は従属。

その際に、道三へ人質として送られたのが、幼き頃の小見の方とされています。

なお、光継の子には『光綱』がおり、満綱は『明智光秀』の父親にあたります。

つまり、明智光継は、光秀の祖父にあたる人物です。

ちょっとややこしいので要約すると、明智光秀の父(明智光綱)と、帰蝶(濃姫)の母(小見の方)は兄妹であり、光秀と帰蝶は いとこの関係になります。

なので、光秀から見て、小見の方は叔母になります。

詳しくは、下記系図をご参照ください。

また2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で、西村まさ彦さんが演じる『明智光安』も光継の息子です。

家系図付!明智光秀と叔父 明智光安の関係!明智城の戦いに散る
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 明智光秀のおじさんに当たる武将『明智光安(あけち みつやす)』。 知名...

小見の方の最期

このように、斎藤道三の妻というだけでなく、明智光秀とも血縁関係にあった小見の方。

その最期はどのようなものだったのでしょうか?

没年に関しては諸説あるのですが、一般的には天文20年(1551年)に肺の病気で亡くなったとされています。

この没年に従うならば、40歳の手前くらいで亡くなっています。

戦国時代の平均寿命が50歳手前くらいなので、当時としてもやや短命だったことになります。

斎藤道三にとっての小見の方

前述の通り、小見の方は子供の時に斎藤家に人質として送られ、後に道三の正室になっています。

斎藤道三と言えば、戦国時代の三大梟雄にも数えられる人物。

まさに下剋上でのし上がった戦国武将です。

とはいえ、成り上がり者であることには変わりはなく、名門の家柄の武将などからは軽んじられ、苦渋を舐めたこともあったかもしれません。

そういった道三の苦労を側近くで見守り、支えていた女性が小見の方だったのかなと思います。

そういった意味では、道三にとっての彼女の存在は、とても大きいものだったのではないでしょうか。

まとめ

以上、小見の方についてでした。

あまり注目されることのない女性ですが、斎藤道三や濃姫、明智光秀らと深い関わりを持つ女性なのでした。

道三の側室『深芳野』に関する記事はコチラ。

斎藤道三の側室『深芳野(みよしの)』と斎藤義龍めぐる謎とは?
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 戦国武将 斎藤道三の側室に『深芳野(みよしの)』という女性がいます。 ...

2020年大河ドラマ 麒麟がくる放送記念

【明智光秀&妻木煕子 大特集】はコチラ

2020年大河ドラマ麒麟がくる放送記念!明智光秀 丸わかり特集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は『明智光秀』。 ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓濃姫(帰蝶)特集!↓
あなたの歴史知識を発信しませんか?

↓あなたの歴史知識を発信しませんか?↓

↓歴史の本屋さん↓

↓あの人の顔を3D復元!↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。