妻木煕子(明智煕子)のプロフィール!明智光秀の妻の性格とは?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

本能寺の変を起こしたことで有名な戦国武将 明智光秀。

その妻『煕子』

NHKの2020年大河ドラマ『麒麟がくる』で登場することもあり、注目が集まっている女性です。

とても良好な夫婦仲だったことで知られる二人。

光秀を支えた煕子とは、一体どのような人物で、どんな性格だったのでしょうか?

意外と知られていない煕子のプロフィールをお伝えします。

スポンサーリンク

妻木煕子という女性

煕子のプロフィール

まずは、煕子のプロフィールをお伝えします。

【本名】明智煕子(あけち ひろこ)

【旧姓】妻木煕子(つまき ひろこ)

【身体的特徴】左の頬に痘痕がある。黒髪

【出身地】美濃国土岐郡 ※現在の岐阜県

【生年】不詳 ※享禄3年(1530年)頃とされている

【没年】天正4年(1576年) ※諸説あり

【享年】40~50歳くらいと思われる

【死因】病死

【墓所】滋賀県大津市 西教寺

【父親】妻木範煕(つまき のりひろ) ※妻木広忠という説もある

【母親】不詳

【配偶者】明智光秀

【子供】三男四女 ※六男七女という説もあり

長男:明智光慶

次男:明智光泰

三男:乙寿丸

長女:名前は不明 ※明智光春の妻

次女:名前は不明 ※明智光忠の妻

三女:明智玉子(細川ガラシャ) ※細川忠興の妻

四女:名前は不明 ※津田信澄の妻

妻木煕子の性格

光秀と煕子との間には、様々な美談が残されています。

要約すると、以下のようなエピソードがあります。

  • 煕子の顔に大きな痘痕が出来てしまった時の光秀の対応
  • 戦に敗れ城を追われてしまい、逃避する中でのお互いの絆
  • 貧乏でお金に困っていた光秀を助けた煕子の機転

↓詳細はコチラ↓

理想の夫婦仲!明智光秀の妻『妻木煕子』の人物像とエピソード集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 本能寺の変を起こし、織田信長を倒した明智光秀。 謀反人としての側面が取...

これらのエピソードを元に、煕子の性格を考察してみたいと思います。

光秀に嫁ぐ直前に、煕子は天然痘にかかり、自身の顔に痘痕が残ってしまいました。

この時、煕子は光秀に嫁ぐことを諦めようとしており、代わりに妹を嫁がせることろまで話が進んでいたようです。

これは、父親の意向もあったようですが、容姿が醜くなった自分が嫁ぐことで、光秀に恥をかかせてはいけないという煕子の気遣いでした。

結果的には、光秀が「容姿など気にしません」ということで、煕子が嫁ぐことになります。

また、貧乏でお金に困っていた夫の光秀のために、自身の長い黒髪を売って光秀を支えるという献身的な一面も見せています。

このようなエピソードから察するに、煕子は自分の幸せよりも、誰かの幸せを優先する素晴らしい性格であったように想います。

自身の容姿を気にして光秀を気遣い、さらには自分の髪の毛を売り光秀を助けた煕子。

夫の光秀に対して、これらの献身的な振る舞いが出来たことは、もちろん彼を愛していたというのもあるでしょう。

しかしながら、彼女の性格自体が心優しいものだったからこそ、光秀は生涯側室を持つことが無く、戦国時代きってのオシドリ夫婦として現在に伝わっているのではないでしょうか。

『自分よりも他の誰かを優先する』

それは素晴らしいことだと誰しもが感じ、自分もそうありたいと思いつつも、現実的にはそう出来ることではありません。

煕子は現代人でも羨むような、優しい心を持った素敵な女性だったのかなと感じています。

まとめ

以上、妻木煕子のプロフィールと性格でした。

他にも、明智光秀の性格や人物像、本能寺の変についてなどの記事を扱っています。

ここを見れば『明智光秀』と、その妻『妻木煕子』のすべてが分かる!

2020年大河ドラマ 麒麟がくる放送記念

【明智光秀&妻木煕子 大特集】

2020年大河ドラマ麒麟がくる放送記念!明智光秀 丸わかり特集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は『明智光秀』。 ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓歴史の本屋さん↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする