紫式部vs清少納言!人気あるのはどっち?永遠のライバルを徹底比較

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

平安時代の二人の才女。

清少納言紫式部

なにかとライバル扱いされる二人ですが、現在の人気はどっちの方が上なのでしょか?

様々な角度から二人の人気を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

清少納言vs紫式部

Googleの検索結果で比較

まずは、単純に両者の名前をGoogleで検索してみました。

ヒット数の結果は、下記のようになりました。

清少納言 約5,170,000 件

紫式部  約5,040,000 件

桁が大きすぎるのですが、かなり僅差という結果になりました。

清少納言が登場するサイトの方が、約十三万件ほど多いという結果になりました。

正直、紫式部の方が多いと予想していたので、この結果は意外でした。

まずは

清少納言 1-0 紫式部

です。

Yahoo!知恵袋の回答で比較

Yahoo!知恵袋でも、どちらが好きか?という質問を見つけました。

その回答を集計してみた結果が、下記になります。

清少納言 10票

紫式部  6票

清少納言人気の方が多いと言う結果になりました。

しかし、お互いにそれぞれ良い部分があるという意見も多かったです。

僕もそう思います。

これは、枕草子を読む限り、清少納言の方が朗らかで明るい性格をしている印象が強いことから、友達になるなら清少納言!という感じになっていました。

これで

清少納言 2-0 紫式部

となりました。

amazonの商品数で比較

次に、二人の代表作『枕草子』と『源氏物語』を比較してみたいと思います。

そこで、Amazonでの商品数を調べてみました。

結果は以下の通りです。

清少納言の枕草子 790件

紫式部の源氏物語 7,000件以上

紫式部の圧勝となりました。

世間の認知度などを考えると、妥当な結果なのかなと感じます。

実際に、近所の書店での扱いを見てみても、源氏物語は本棚のスペースをかなり占拠していますが、枕草子は10冊も置いてあれば良い方です。

これで

清少納言 2-1 紫式部

となりました。

世界的な評価で比較

最後に、枕草子と源氏物語の世界的な評価を比べてみたいと思います。

まず源氏物語ですが、20カ国の言語に翻訳されていて、世界各国で親しまれています。

一方、枕草子ですが、外国語に翻訳されている事実はあるのですが、源氏物語ほど世界的な作品にはなっていません。

ハッキリした数は、調査したけど分かりませんでした・・・。

多分、そこまで世界に普及してはいない表れではないかと思われます。

ということで、

清少納言の枕草子 不明(多分そこまで世界的には有名じゃない)

紫式部の源氏物語 20カ国の言語に翻訳されている

という結果で落ち着かせたいと思います。

これで

清少納言 2-2 紫式部

と言う結果に終わりました。

スポンサーリンク

結果発表

ということで、2勝2敗の引き分けという結果になりました。

僕自身、どちらにも違った魅力があって、甲乙つけ難いと思っています。

文学作品と言う部分で言えば、源氏物語の方が圧倒的に認知度が高いと思います。

しかし、源氏物語は長編小説、枕草子はエッセイ集と言う異なった性質のものですので、一概にどっちが素晴らしいとも言えないかと思います。

正確の面でも、清少納言は明るく朗らかな印象が魅力的ですし、紫式部はちょっと内気で落ち着いた印象が大きな魅力です。

正確や容姿、他にも様々な角度から、清少納言と紫式部を比較した記事を書いています。

あなたは清少納言派?

それとも紫式部派?

どちらがお好みですか?

清少納言と紫式部の違いは何?どんな性格?美人?本名?比較まとめ
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子の清少納言。 源氏物語の紫式部。 現代も読み継がれ...

枕草子の記述を元に、清少納言の顔を3Dで復元してみた記事はコチラ。

清少納言は美人なのか?顔、髪型を枕草子を元に3Dソフトで復元
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 枕草子を書いた清少納言って美人だったと思いますか? 何しろ千年...

源氏物語の記述を元に、紫式部の顔を3Dで復元してみた記事はコチラ。

紫式部は美人か?源氏物語を元に顔を3Dソフトで写真風に復元
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 源氏物語の作者で、日本史における有名女性の筆頭でもある『紫式部』。 ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。