世界最大?!世界一大きい墓は日本の古墳だって知っていますか?

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

世界には、いくつか大きなお墓と言われる建造物があります。

例えば、エジプトのピラミッド、中国の秦の始皇帝陵。

そして、日本にも前方後円墳という、大きなお墓があります。

鍵穴のような形をした古墳を、教科書で見た記憶がある方も多いのではないかと思います。

その前方後円墳が、日本にはたくさんあるのですが、その中に『世界最大のお墓』があることをご存知ですか?

この記事では、世界最大のお墓『大仙陵古墳』について、お伝えします。

スポンサーリンク

世界で一番大きなお墓『大仙陵古墳』

大仙陵古墳の概要

日本にある前方後円墳の大きさは大小様々ですが、最も大きいものが大阪府にある『大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)』です。

被葬者は諸説ありますが、一般的には第16代 仁徳天皇のお墓だと言われています。

なので『仁徳天皇陵』と呼ぶ場合もあります。

  • 日本の『大仙陵古墳』
  • エジプトの『クフ王のピラミッド』
  • 中国の『秦の始皇帝陵』

この3つを総称して『世界三大墳墓』と言います。

大仙陵古墳の周辺には、他にも大きな古墳が点在しており、これらの古墳群を『百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)』と呼びます。

大仙陵古墳の大きさ

大仙陵古墳は、一辺の長さが525メートルにも及びます

約0.5キロメートルです。

少し前までは約480メートルと言われていましたが、調査した結果、実際は525メートルだったということです。

高さは35.8メートルです。

そして、大仙陵古墳に並ぶ大きさを誇るのが、同じく大阪にある『誉田御廟山古墳(こんだごびょうやまこふん)』です。

こちらの被葬者は、第15代 応神天皇と言われています。

『誉田御廟山古墳』の周辺にも古墳が密集しており、『古市古墳群(ふるいちこふんぐん)』と呼ばれています。

『大仙陵古墳』、『誉田御廟山古墳』はともに、高さこそピラミッドや秦の始皇帝陵に劣りますが、敷地面積や表面積では他の2つを圧倒しています。

つまり、世界最大の墳墓なのです。

ピラミッドは一辺の長さが最大で約230メートル、秦の始皇帝陵は約76メートル、大仙陵古墳は約525メートル、誉田御廟山古墳は約425メートルです。

いかに両古墳が大きいかが分かるかと思います。

まとめ

以上、世界最大のお墓『大仙陵古墳』と『誉田御廟山古墳』でした。

日本人って『大きなお墓』っていうとピラミッドを思い浮かべる方が多いと思います。

自分が暮らしている国に、世界最大のお墓があることを、ほとんどの日本人は知りません。

とても寂しいことだと思います。

世界最大の墳墓が、この日本にあることを、一人でも多くの日本人が知り、少しでも嬉しく感じたり、誇りに思えたりしたら幸いです。

日本は『現存する世界最古の国』だという事実はご存知ですか?

『日本』は現存する世界最古の国!二千年の歴史を持つ日本の真実!
日本の歴史を扱う上でまず語らなければいけない事、それは日本の始まりでしょう。日本はいつ頃誕生した国なのか見ていく事にしましょう。

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

↓真実の歴史をお伝えします↓ >
お勧めの記事(一部広告含む)

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。