明智光秀プロフィール!光秀の生涯が詳細な年表で簡単に丸わかり

ご来訪ありがとうございます。

拓麻呂です。

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公『明智光秀』のプロフィールとその生涯を年表にしてみました。

麒麟がくるの予習・復習などにぜひご活用ください。

スポンサーリンク

明智光秀の生涯

明智光秀のプロフィール

本名:明智光秀

幼名:彦太郎

通称:十兵衛、惟任日向守

生年:大永6年(1526年)という説がある

没年:天正10年(1582年)6月14日

没年齢:大永6年の生まれとするならば57歳

正妻:妻木煕子

側室:なし

子:男子3人、女子4人(三女は細川ガラシャ)

明智光秀の生涯年表

【大永6年(1526年)】

光秀1歳:斎藤道三の家臣『明智光綱』の子として生まれる。

【天文7年(1538年)】

光秀13歳:父の逝去により家督相続。

【天文22年(1553年)】

光秀28歳:妻木煕子と結婚。

【弘治2年(1556年)】

光秀31歳:明智城の戦いで斎藤義龍に敗北し浪人となる。

【永禄8年(1565年)】

光秀40歳:越前の戦国大名『朝倉義景』に仕える。

【永禄11年(1568年)】

光秀43歳:室町幕府15代将軍 足利義昭と織田信長の謁見に尽力。この時の働きにより織田信長の家臣となる。

【永禄12年(1569年)】

光秀44歳:織田家臣として本圀寺の戦いに参戦。

【元亀元年(1570年)】

光秀45歳:織田家臣として金ヶ崎の戦いに参戦。

【元亀2年(1571年)】

光秀46歳:比叡山延暦寺の焼き討ちに参加。この時の活躍により坂本城主となる。

【天正元年(1573年)】

光秀48歳:槇島城の戦いに勝利し足利義昭を京都から追放。室町幕府が滅びる。

【天正3年(1575年)】

光秀50歳:丹波攻略開始。

【天正8年(1580年)】

光秀55歳:丹波平定の功により丹波一国を賜る。本拠を亀山城へ移動。

【天正10年(1582年)】

光秀57歳:本能寺の変で織田信長を討つも、山崎の戦いで羽柴秀吉に敗北。敗走中に小栗栖で落ち武者狩りに襲われ負傷し自刃。

遅咲きの武将 明智光秀

明智光秀というと、本能寺の変を起こした人物と言うこともあり、織田信長の家臣という印象が強いです。

しかしながら、光秀が信長に仕え始めたのは40代の前半から半ばに差し掛かったあたり。

信長に仕えていたのは、実質十数年たらずです。

光秀は出自や前半生がよく分かっていませんが、どちらにしても信長に召し抱えられたことで、初めてその才能を発揮できる環境を得たと言えるかもしれません。

40代半ばで輝きを放ち始めた明智光秀に人生。

年を取れば取るほど、雇用が厳しくなる現代社会。

しかし、光秀の勝敗を見てみると、人を年齢だけで判断しない方が良いのかもしれないな、と感じたりもしますね。

まとめ

以上、明智光秀の生涯でした。

他にも、明智光秀の性格や人物像、本能寺の変についてなどの記事を扱っています。

ここを見れば『明智光秀』と、その妻『妻木煕子』のすべてが分かる!

2020年大河ドラマ 麒麟がくる放送記念

【明智光秀&妻木煕子 大特集】

2020年大河ドラマ麒麟がくる放送記念!明智光秀 丸わかり特集
ご来訪ありがとうございます。 拓麻呂です。 2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は『明智光秀』。 ...

では、今回はこの辺で!

ありがとうございました。


↓麒麟がくる放送記念!↓

↓知識ゼロでも大丈夫!社会人のための歴史の授業↓

お勧めの記事(一部広告含む)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。